南アフリカワインに特化したワインショップ「アフリカー」の実店舗が東京都足立区にオープン!!

 
 

南アフリカワインを販売する「リカーショップ アフリカー(http://af-liquor.com/)」は2月12日、アフリカー実店舗をオープン致しました。

店舗概要

店内のワイン売場 (約15平米) は、約14度、湿度55%~70%程度に保たれて、まさにワイン蔵のようです。約270種類の南アフリカワインが並び、1000円前後のデイリー価格から10,000円以上の高価格帯までの幅広い南アフリカワインを揃えています。南アフリカに特化しているからこそ出来るアイテム数です。

 

同店舗内には、Barスペースも併設しているので購入したワインをその場で楽しむこともおススメです。近くに舎人公園というのんびり出来そうな公園が有ったり、モノレールに乗ったり周辺環境も楽しんでもらいたいそうです。

アフリカー立ち上げ

2015年9月5日より様々な南アフリカワインを顧客へ提供するサービスを開始しました。「小泉貴恵 & 小泉俊幸」はワイン好き、アフリカ好きの夫婦です。 世界40か国を旅した元バックパッカーでもあり、アフリカは半年間かけて縦断し、キャンプをしながらワインを飲みまくったそうです。

店長の小泉俊幸は、2013年から海外向け中古車販売会社へ就職し、南部アフリカのマーケティングを担当。2015年、同社を退職。副店長の小泉貴恵は、2005年頃ワインに目覚めてからはスクールでワインを学ぶなど根っからのワイン好きになる。そして2015年、アフリカの良さを広めるため夫婦で「アフリカー」を立ち上げました。この度、足立区で実店舗を構え、新たな形で南アフリカワインの提案をしていきます。

アフリカー

住所東京都足立区谷在家2-3-1
日暮里舎人ライナー西新井大師西駅から約徒歩3分

電話:090-2914-4588 (店長直通)
メール:info@af-liquor.com
HP:http://af-liquor.com/

編集部のコメント

ナチュラルやSO2の添加量が少ない(50ppm以下)のワインは温度管理も大切ということで、温度など丁寧にワインの管理もされていて愛情を感じますね。夜のバーTimeは、アフリバーという名前にしようか検討中だそうで、伺っていい案を出したら採用されるかもしれませんよ^^

 

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.