失敗しても安心!折れたコルクをビニール紐を使って簡単に取り出す方法

コルクを引き抜く際、誤って途中で折れてしまった──そんな経験がある人は少なくないのではないでしょうか?

特に年代を経ているワインの場合、コルクが劣化していて折れやすくなっています。手慣れた人であれば2枚刃式のオープナーを丁寧に差し込んで抜き取りますが、そんなプロフェッショナルなものは持っていない……という人のほうが多いようです。

コルクが折れてしまった場合、さらにワインオープナーを刺し上手く抜き取ることができれば問題ないですが、瓶口の奥に沈んでしまっていると一度瓶の中に落とし込まなければならなくなります。

しかし、コルクが落ちてしまったワインは飲みづらいですよね。今回はそんな瓶内に落とし込んだコルクを簡単に取り出す方法をご紹介したいと思います。

用意するのは梱包用のビニール紐

どこの家庭にもある梱包用のビニール紐が、一気にこの問題を解決してくれます。

以下の手順で試してみてください。

【1】ビニール紐を40cmから60cmほど切り取ります。

【2】それを輪っかにして固結びします。固結びとは逆の部分の紐を細かく裂いていきます。

【3】裂いたほうを瓶口から入れ、コルクに絡ませます。

【4】紐をゆっくり引き抜いたら取り出し完了です。

(※写真は実験用に合成コルクを2つに割り利用しています)

いかがですか?

とっても簡単に取り出すことができますよね。ビニール紐は細かく裂くと液体の中でコルクに絡まりやすくなります。瓶内に落ちてしまったコルクは、通常はワインリフターという器具を使用して取り出しますが、持ち合わせていない場合はぜひこの方法をお試しくださいね。

 

TAGS

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、知識を深め、ワインエキスパートの資格を取得。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.