スーパーで買ったお刺身にちょい足し!『シチリア風鮮魚の盛り合わせ』

料理とワインのマリアージュは「魚に白ワイン、肉に赤ワイン」と言われますが、時折、セオリーほど単純ではないと感じることもあるでしょう。例えば鮮魚。ワインと同時いただくと、不快な「生臭み」を感じることがあります。鮮魚そのものの臭みが増大してしまうケースや、一緒に口にしたときに発生する化学変化のような生臭み。まさに逆マリアージュ現象ですね。

そんな時は、オリーブオイルの助けを借りましょう。合わせる素材とワインの味を引き立たせ、生臭みをスッとマスキングしてくれます。ちょっとしたマジックみたい。味付けはいつもの醤油でも美味しくいただけますが、粗塩と粗挽きコショウにすると更にワインコンシャスな一皿になります。

オリーブオイルは香り高い「エキストラバージン」を選んでください。かける量も躊躇せず、贅沢に思いっきりかけるほうがワインとの相性も良くなります。ワインの酸味が鮮魚の味わいを引き締め、お刺身にレモンを搾るような感覚。口の中で一体になり、初めて料理が完成するイメージです。

材料:2人分

お好みのお刺身(または柵) お好きな量

ケッパー 10g

ディル 2枝

粗塩、粗挽き黒コショウ 少々

オリーブオイル お好きな量

 作り方

【1】 お好きな鮮魚を用意します。今回はブリのお刺身と、生食用マグロの柵をチョイス。サーモン、鯛、イカ、ホタテ、タコなど自由に組み合わせてください。

【2】 柵は食べやすい大きさにスライスします。

野菜類は押し切りをしますが、柔らかい物を切る時は逆。包丁を斜め45度の角度に置き、根本から刃先までをスライドさせるように。ゆっくり手前に引きながら、一気に切ります。ギコギコ押し引きしたり、力を入れて切ろうとすると、細胞が潰れて食感が悪くなってしまいます。 

【3】 ディルは堅い茎の部分をのぞき、柔らかい葉だけを摘んで使います。写真奥が通常のディル、左が茎、右が葉。ケッパーは汁気をきっておきます。刻んだオリーブを加えてもいいですね。

【4】 【1】・【2】を器に並べ、全体に粗塩・粗挽き黒コショウをふります。【3】を散らし、仕上げにオリーブオイルをたっぷりかけて出来上がり。

気軽にワインを楽しむためには、簡単な虎の巻があった方がいいですね。「お国料理にお国ワイン」は、ワイン初心者にオススメの豆知識。ワインは農産物。同じ風土の中で生まれたもの同士は、自然とピタリと合ってくれます。

シチリア風鮮魚の盛り合わせに、爽やかでスッキリしたシチリア白ワイン。写真や映像をながめながら、まるでシチリアのテーブルにいるような幸せ感を楽しむのもいいですね。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.