食材に合わせるワインとして「リブ・シャック・レッド」、「フレンチ・ルーツ」が全国発売!

 

 
2017年3月28日(火)に、食との相性を訴求するワインをとして2アイテムがアサヒビール株式会社より全国販売されます。肉料理には「リブ・シャック・レッド(南アフリカ/ダグラス・グリーン・ベリンガム社)」、鶏料理には「フレンチ・ルーツ(フランス/ジネステ社)」が選ばれました。

リブ・シャック・レッド


リブ・シャック・レッドは肉料理によく合う、果実味が豊かで重厚な味わいの赤ワインです。南アフリカのダグラス・グリーン・ベリンガム社が製造しています。

南アフリカ特有のぶどう品種であるピノタージュを60%とシラーズ40%をブレンドしており、プラムやベリーのような果実の香りと樽熟成による味わい深さ、時にスパイシーな風味が特長のワインです。

この名前はスペアリブの「リブ」と、凝縮感のあるしっかりとした赤ワインであることを強調するため「レッド」という言葉が使用されています。ラベルは、アメリカで販売されているバーベキューソースをイメージしたデザインになっています。

スペアリブやステーキ、ラム、焼肉などグリルした肉料理とワインを合わせた際に、それぞれの味わいが最も引き立つように造られています。

フレンチ・ルーツ


フレンチ・ルーツはフルーティーでバランスのよいワインで、鶏料理に合わせることをおススメします。フランス・ボルドー地区の名門ネゴシアンのジネステ社が製造しており、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ソーヴィニヨン・ブランの3アイテムが販売されます。

 名前に入っているルーツは「起源」という意味で、フランスの象徴である「ルースター(雄鶏)」が由来です。ラベルとスクリューキャップにはフランス国旗のトリコロールカラーを配しています。

メルローはタレ味の焼鳥や唐揚げ、カベルネ・ソーヴィニヨンはしょうゆ味の焼鳥、鶏の煮物など、ソーヴィニヨン・ブランは塩味の焼鳥や水炊きなどの鶏料理とのマリアージュを楽しむことで料理とワインそれぞれの味わいが最も引き立ちます。

飲食店では肉料理店や鶏料理店をターゲットとして拡販、量販店では季節や催事に合わせてそれぞれ食材に合うワインとして店頭で宣伝されるそうです。

編集部のコメント
南アフリカ特有のぶどう品種であるピノタージュがブレンドされた重厚な赤ワインと、肉料理がどのようなマリアージュをみせるのか、ぜひ飲んでみたいですよね。

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.