ワインとチーズのベストスポットに!チーズ専門店「キャトルフォイユ」に行ってみた

そごう横浜店地下2階に2月26日オープンしたばかりのチーズ専門店「キャトルフォイユ」さんにお邪魔しました!

お店の雰囲気とチーズたち

チーズが大好きで、とてもフレンドリーなスタッフの方々が丁寧に対応してくれます。実は目の前にはヴィノスやまざきさんの大きなワイン売り場があるという好立地なので、ワインに合うチーズをすぐに相談できちゃいます。この条件がそろっていれば、そごうの買い物帰りに、仕事終わりにでも間違いなく通ってしまいますね!

大きなショーケースには「グローバルチーズアワード」で金賞を受賞した「プリマドンナ」も大きなホールで飾られています!もちろん量り売りで好きな分だけ切り分けてくださいます。

以前、家ワインニュースで紹介して反響があったヨーロッパのオーガニック認証獲得のイギリス・サマセット州本場の長期熟成のチェダーも用意されていましたよ。これからやって来るホワイトデーのお返しにもハート型でピッタリですね!

ハード系のチーズ以外にも、「モッツァレラ」や「リコッタチーズ」などのフレッシュチーズも豊富な品揃えです。さらにこちらは、BIOと書いてあるのが見えますね。オーガニックチーズが揃っているところも素敵です。意外と知られていませんが、モッツァレラは冷蔵庫からだしてすぐではなく、常温に戻してから召し上がってください。チーズのミルクを楽しむベストな食べ方などもショップスタッフの方が教えてくれますよ。

今回はマネジャーの渋谷さんにオススメのチーズを選んでいただきました!こちら薄ピンクが美しい「アフィネオシャンパーニュ ロゼ」は名前の通りロゼシャンパンでウォッシュしたフランスチーズです。中はトロッとしていて、ロゼのおかげか香りも上品でウォッシュチーズが苦手な方も好きになる一品になりそうです!

開店記念セットの魅力

開店を記念した特別セットも用意されています。セットの中にはブリーチーズで有名なあのLE RUSTIQUE(ル・ルスティック)のバッグ入りです。チーズマニアならこういったアイテムも珍しくて欲しくてたまらないはずです。

開店記念セットはなんとリトアニアのクラッカーにチーズが3種も付いています。開店早々多くのお客様にお求め頂いたようで、数量限定無くなり次第終了ですのでお早めにお越しください!!

キャトルフォイユ

キャトルは「4」、フォイユは「葉っぱ」という意味のフランス語で、4つ葉のクローバーが店名になっています。チーズの力で皆さんをもっと笑顔に、そして幸せをお届けしたい。そんなチーズショップです。

絶え間なくお客さんがいらっしゃって、試食をしながらお気に入りのチーズ探しをされていました!何種類ものチーズが少しずつ入ったチーズプレートも色々味わえるのでオススメですよ。ワインとチーズのベストスポットになること間違いなしの「キャトルフォイユ」そごう横浜店にぜひお越しください。

店舗情報

「キャトルフォイユ そごう横浜店」

住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1

そごう横浜店 B2F

営業時間 10時〜20時

☎045-453-2067

http://www.q-feuilles-kamakura.com/index.html

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.