ワインとチーズのベストスポットに!チーズ専門店「キャトルフォイユ」に行ってみた

そごう横浜店地下2階に2月26日オープンしたばかりのチーズ専門店「キャトルフォイユ」さんにお邪魔しました!

お店の雰囲気とチーズたち

チーズが大好きで、とてもフレンドリーなスタッフの方々が丁寧に対応してくれます。実は目の前にはヴィノスやまざきさんの大きなワイン売り場があるという好立地なので、ワインに合うチーズをすぐに相談できちゃいます。この条件がそろっていれば、そごうの買い物帰りに、仕事終わりにでも間違いなく通ってしまいますね!

大きなショーケースには「グローバルチーズアワード」で金賞を受賞した「プリマドンナ」も大きなホールで飾られています!もちろん量り売りで好きな分だけ切り分けてくださいます。

以前、家ワインニュースで紹介して反響があったヨーロッパのオーガニック認証獲得のイギリス・サマセット州本場の長期熟成のチェダーも用意されていましたよ。これからやって来るホワイトデーのお返しにもハート型でピッタリですね!

ハード系のチーズ以外にも、「モッツァレラ」や「リコッタチーズ」などのフレッシュチーズも豊富な品揃えです。さらにこちらは、BIOと書いてあるのが見えますね。オーガニックチーズが揃っているところも素敵です。意外と知られていませんが、モッツァレラは冷蔵庫からだしてすぐではなく、常温に戻してから召し上がってください。チーズのミルクを楽しむベストな食べ方などもショップスタッフの方が教えてくれますよ。

今回はマネジャーの渋谷さんにオススメのチーズを選んでいただきました!こちら薄ピンクが美しい「アフィネオシャンパーニュ ロゼ」は名前の通りロゼシャンパンでウォッシュしたフランスチーズです。中はトロッとしていて、ロゼのおかげか香りも上品でウォッシュチーズが苦手な方も好きになる一品になりそうです!

開店記念セットの魅力

開店を記念した特別セットも用意されています。セットの中にはブリーチーズで有名なあのLE RUSTIQUE(ル・ルスティック)のバッグ入りです。チーズマニアならこういったアイテムも珍しくて欲しくてたまらないはずです。

開店記念セットはなんとリトアニアのクラッカーにチーズが3種も付いています。開店早々多くのお客様にお求め頂いたようで、数量限定無くなり次第終了ですのでお早めにお越しください!!

キャトルフォイユ

キャトルは「4」、フォイユは「葉っぱ」という意味のフランス語で、4つ葉のクローバーが店名になっています。チーズの力で皆さんをもっと笑顔に、そして幸せをお届けしたい。そんなチーズショップです。

絶え間なくお客さんがいらっしゃって、試食をしながらお気に入りのチーズ探しをされていました!何種類ものチーズが少しずつ入ったチーズプレートも色々味わえるのでオススメですよ。ワインとチーズのベストスポットになること間違いなしの「キャトルフォイユ」そごう横浜店にぜひお越しください。

店舗情報

「キャトルフォイユ そごう横浜店」

住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1

そごう横浜店 B2F

営業時間 10時〜20時

☎045-453-2067

http://www.q-feuilles-kamakura.com/index.html

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.