第11回 フェミナリーズ世界ワイン・コンクール「FÉMINALISE」が4月6日フランスで開催!!


第11回 フェミナリーズ世界ワイン・コンクール「FÉMINALISE」が2017年4月6日にフランスで開催されます。ワイン業界のプロまたは上級ワイン愛好家の女性のみが審査を行います。
 

同コンクールは、25年にわたるワインコンクールの主催歴を持つディディエ・マルタンが主催しています。彼は、世界のワイン市場で女性が与える経済的影響力を目の当たりにし、今までになかった個性的なワインコンクール、フェミナリーズを2007年に創設しまし、2015年の世界コンクールへと発展しました。

メディアに広く紹介される特別なテイスティング・イベントを目指し、ブルゴーニュ地方のワインの首都ボーヌに毎年、各国から600人以上の女性が集結します。

審査について

同席の審査員は、それぞれ異なるワインを試飲するため、審査員間での話し合いやコメントを交換することはなく、他者の影響を受けません。

女性審査員は、テイスティングの基礎的知識を備えたワイン業界で活躍する人達から選ばれます。有資格者によって理想的な温度で用意されたワインがグラスに注がれ、ブラインドで審査されます。それぞれのワインは、離れたテーブルに着席している3人の女性によって審査されます。

評価について

ワインの評価は、39箇所の点をチェックされる審査用紙に記入され、ワインに不備がある場合、適温で準備された予備用ボトルからワインがサーブされます。

最良の結果を保証するため、審査するワインの順序は特別に配慮されています。評価された最高のワインにフェミナリーズの金、銀、銅のメダルが与えられます。

案内資料はこちら
コンクール規約の詳細はこちら

編集者のコメント

ワイン出展者は平等に扱われ、費用等もリーズナブルで世界中から挑戦できる環境が整えられているコンクールです。日本でもSAKURA AWARDが開催されていますが、世界中で女性のワインへの影響力は拡大していますね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.