第11回 フェミナリーズ世界ワイン・コンクール「FÉMINALISE」が4月6日フランスで開催!!


第11回 フェミナリーズ世界ワイン・コンクール「FÉMINALISE」が2017年4月6日にフランスで開催されます。ワイン業界のプロまたは上級ワイン愛好家の女性のみが審査を行います。
 

同コンクールは、25年にわたるワインコンクールの主催歴を持つディディエ・マルタンが主催しています。彼は、世界のワイン市場で女性が与える経済的影響力を目の当たりにし、今までになかった個性的なワインコンクール、フェミナリーズを2007年に創設しまし、2015年の世界コンクールへと発展しました。

メディアに広く紹介される特別なテイスティング・イベントを目指し、ブルゴーニュ地方のワインの首都ボーヌに毎年、各国から600人以上の女性が集結します。

審査について

同席の審査員は、それぞれ異なるワインを試飲するため、審査員間での話し合いやコメントを交換することはなく、他者の影響を受けません。

女性審査員は、テイスティングの基礎的知識を備えたワイン業界で活躍する人達から選ばれます。有資格者によって理想的な温度で用意されたワインがグラスに注がれ、ブラインドで審査されます。それぞれのワインは、離れたテーブルに着席している3人の女性によって審査されます。

評価について

ワインの評価は、39箇所の点をチェックされる審査用紙に記入され、ワインに不備がある場合、適温で準備された予備用ボトルからワインがサーブされます。

最良の結果を保証するため、審査するワインの順序は特別に配慮されています。評価された最高のワインにフェミナリーズの金、銀、銅のメダルが与えられます。

案内資料はこちら
コンクール規約の詳細はこちら

編集者のコメント

ワイン出展者は平等に扱われ、費用等もリーズナブルで世界中から挑戦できる環境が整えられているコンクールです。日本でもSAKURA AWARDが開催されていますが、世界中で女性のワインへの影響力は拡大していますね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.