注目生産者5人と乾杯!『フィラディス 泡フェス!』が2017年4月4日(火)開催!

ワインインポーターのフィラディスによるワイン祭り『フィラディス ワインフェス』の第2弾イベントが2017年4月4日(火)に開催されます。

今回は、シャルトーニュ・タイエ、ピエール・パイヤール、ランスロ・ピエンヌ、サヴァール、ジャン・ルイ・ヴェルニョンという、今最も注目の生産者5人が来日します。日本のシャンパン・ラヴァーの方々に5人を紹介する特別プロモーションのため、100名限定となっています。

シャンパーニュを飲みながら生産者と直接話すことで、その人柄や哲学に触れられます。シャンパンは飲み放題です。

生産者詳細

シャルトーニュ・タイエ

チャレンジングな姿勢で造るシャンパンが絶賛され、世界中で入手が困難になりました。明るくチャーミングで、盛り上げ上手な様子が印象的です。自然農法の提唱者である福岡正信氏の著書をバイブルとして持ち歩いています(詳細はこちら)。

ジャン・ルイ・ヴェルニョン

シャンパン評論家の権威リチャード・ジューリン4つ星生産者です。目覚ましい発展を遂げさせた職人といえます(詳細はこちら)。

サヴァール

ブルゴーニュを愛し、ブルゴーニュのようなエレガントさをシャンパンに表現したいと考えています。テロワールの表現において頭一つ抜きん出た存在です(詳細はこちら)。

ピエール・パイヤール

ブジー村のテロワール表現を追い求める注目の若手です!エネルギッシュかつ深みのある味わいが特徴です(詳細はこちら)。

ランスロ・ピエンヌ

クリーミーと表現されるクラマン村独自の味わいを、ピュアに表現しています。120年の歴史を持つ家族経営のワイナリーを受け継ぎつつ更に進化させる職人肌の生産者です(詳細はこちら)。

日時:2017年4月4日(火)18:30~20:30 (18:15受付開始)

場所:THE LANDMARK SQUARE TOKYO 30階「ロータス」(品川グース内、最上階)

住所:東京都港区高輪3-13-3 30F 

TEL:03-5447-1245

参加費:前売り5,000円(当日6,000円)

※100名様限定です。予定数完売となった場合は、当日券の販売は行いません。

※シャンパンの試飲イベントです。軽食もあります。

<前売チケットのご購入はこちら

・お支払いはクレジットカードのみとなります。

・決済完了をもってお申込み完了となります。

・チケット等の郵送はございません。

・当日受付にてお名前をお伝えください。

編集部のコメント

彼らが精魂込めて造る生産量が少ないレアなシャンパンや、高価なアイテムもたくさん用意されるそうです。ワイン関係者の知人も参加する人が多いので、気になっている人は前売り券をお早めに入手したほうが良いかもしれません。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.