注目生産者5人と乾杯!『フィラディス 泡フェス!』が2017年4月4日(火)開催!

ワインインポーターのフィラディスによるワイン祭り『フィラディス ワインフェス』の第2弾イベントが2017年4月4日(火)に開催されます。

今回は、シャルトーニュ・タイエ、ピエール・パイヤール、ランスロ・ピエンヌ、サヴァール、ジャン・ルイ・ヴェルニョンという、今最も注目の生産者5人が来日します。日本のシャンパン・ラヴァーの方々に5人を紹介する特別プロモーションのため、100名限定となっています。

シャンパーニュを飲みながら生産者と直接話すことで、その人柄や哲学に触れられます。シャンパンは飲み放題です。

生産者詳細

シャルトーニュ・タイエ

チャレンジングな姿勢で造るシャンパンが絶賛され、世界中で入手が困難になりました。明るくチャーミングで、盛り上げ上手な様子が印象的です。自然農法の提唱者である福岡正信氏の著書をバイブルとして持ち歩いています(詳細はこちら)。

ジャン・ルイ・ヴェルニョン

シャンパン評論家の権威リチャード・ジューリン4つ星生産者です。目覚ましい発展を遂げさせた職人といえます(詳細はこちら)。

サヴァール

ブルゴーニュを愛し、ブルゴーニュのようなエレガントさをシャンパンに表現したいと考えています。テロワールの表現において頭一つ抜きん出た存在です(詳細はこちら)。

ピエール・パイヤール

ブジー村のテロワール表現を追い求める注目の若手です!エネルギッシュかつ深みのある味わいが特徴です(詳細はこちら)。

ランスロ・ピエンヌ

クリーミーと表現されるクラマン村独自の味わいを、ピュアに表現しています。120年の歴史を持つ家族経営のワイナリーを受け継ぎつつ更に進化させる職人肌の生産者です(詳細はこちら)。

日時:2017年4月4日(火)18:30~20:30 (18:15受付開始)

場所:THE LANDMARK SQUARE TOKYO 30階「ロータス」(品川グース内、最上階)

住所:東京都港区高輪3-13-3 30F 

TEL:03-5447-1245

参加費:前売り5,000円(当日6,000円)

※100名様限定です。予定数完売となった場合は、当日券の販売は行いません。

※シャンパンの試飲イベントです。軽食もあります。

<前売チケットのご購入はこちら

・お支払いはクレジットカードのみとなります。

・決済完了をもってお申込み完了となります。

・チケット等の郵送はございません。

・当日受付にてお名前をお伝えください。

編集部のコメント

彼らが精魂込めて造る生産量が少ないレアなシャンパンや、高価なアイテムもたくさん用意されるそうです。ワイン関係者の知人も参加する人が多いので、気になっている人は前売り券をお早めに入手したほうが良いかもしれません。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.