東京・丸の内で期間限定オープン!LOVE THE NOW「EMOETICON LOUNGE」

1743年の創業以来、祝福と称賛のシンボルとして世界中の人々を魅了し続けてきたモエ・エ・シャンドンは、201741日(土)~16日(日)、東京・丸の内の「Sarabeth’s Tokyo(サラベス 東京店)」にて、新しい春の訪れを鮮やかに彩るロゼ アンペリアルのポップアップラウンジ、「LOVE THE NOW “EMOETICON LOUNGE(エモエティコン ラウンジ)」を期間限定でオープンします。

LOVE THE NOW EMOETICON LOUNGE

サラベス東京店ルーフトップテラスに 特別オープンする「EMOETICON LOUNGE」は、「LOVE THE NOW」をテーマに、ロゼ アンぺリアルとの極上マリアージュを楽しめる、2段重ねのアミューズプレート「EMOETICON TOWER」やロゼ色をイメージした海老と蟹のスパゲッティーニ スパイシーピンクソースなどのオリジナルメニューをロゼ アンペリアルと共に暖かな春の風を感じながらご堪能できます。

八重洲さくら通りを目前にしたルーフトップテラスでは、ロゼ アンペリアルを味わいながら優美な桜や、ディナータイムにはライトアップされた幻想的な夜桜を楽しめます。1F広場には、先着300名様にエモエティコンステッカー付きレターセット「LOVE THE NOW EMOETICONS CARD(ラブザナウ エモエティコンカード)」をプレゼントするフォトブースが設置されます。

EMOETICON LOUNGEのために、パリの老舗カフェ「カフェ・ド・フロール」のギャルソンとして世界を魅了する山下哲也氏が来日し、期間限定チーフギャルソンとして、41日(土)~5日(水)までの5日間に本場ならではの華麗なサービスが提供されます。

モエ・エ・シャンドン公式LINEアカウントでは、抽選で510名様を“EMOETICON LOUNGE”へご招待し、「ロゼ アンペリアル(750ml)」1本と「EMOETICON TOWER2名様分)」をプレゼントするデジタルキャンペーンが開催されます。

201739日(木)1700320日(月)2359まで。
公式LINEアカウント: https://moet.jp/line/

EMOETICON(エモエティコン)」とは

世界共通言語として使われている「EMOJI(絵文字)」は、別名で「EMOTICON (EmotionIconとを掛け合わせた造語)」とも呼ばれ、海外で親しまれています。

EMOJI」は日本で誕生し、モバイルデバイスの普及と共にソーシャルメディアやメールで活用され、コミュニケーションの新しい手法として若い世代を中心に圧倒的な人気があります。その「EMOJI」と「EMOTICON」をモエ・エ・シャンドン風に文字遊びをし、「EMOETICON(エモエティコン)」として、“MOET”が隠された遊び心ある造語にしています。

Sarabeth’s

NY出身の女性サラベス・レヴィーンにより、1981NYのアッパーウェストサイドに創業。フルーツスプレッドをはじめ、フレンチトースト、パンケーキ、エッグベネディクトなど伝統的なアメリカの朝食メニューのヘルシー&リッチな味わいで人気です。レストラン格付けガイド「Zagat」ではニューヨークNo.1デザートレストランに選ばれ、「New York Magazine」はNYの朝食の女王と賞賛。現在はNYをはじめ、日本国内には4店舗展開されています。

「カフェ・ド・フロール」ギャルソン 山下哲也 TETSUYA YAMASHITA

1973年生まれ、2002年渡仏しパリの象徴とも謳われる名門「カフェ・ド・フロール」の名物ギャルソンに。

2003年より唯一無二の外国人として、フランスのみならず世界中のお客様から愛され、2007Newsweek誌(日本版)で「世界が尊敬する日本人100」に選出。NHK BS特番「ファースト・ジャパニーズ」、FRANCE 3DES RACINES ET DES AILES」などのドキュメンタリー番組で特集される。フランス共和国オランド大統領よりエリゼ宮公式晩餐会に招待されるなど、フランス文化の後継者・伝道師として、パリを愛しパリに愛される男です。
URL: https://moet.jp/lifestyle/lovers/4/

商品概要

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル エモエティコン(750ml)

EMOJI(絵文字)」がモチーフになった限定デザイン。フロントラベルをはがすと遊び心溢れるステッカーが登場し、ボトルをあなたの気持ちが詰まった一本にカスタマイズすることができます。

内容量:750ml

希望小売価格:¥7,250(税込 7,830円)

取扱い:全国主要百貨店及び主要スーパーにて数量限定発売

EMOETICON LOUNGEでの販売はございません。

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル

華やかな輝きを湛えたロゼ アンペリアルは、厳選されたピノ・ノワールが持つフルーティさと野イチゴのような香りを特徴とし、軽やかさとしなやかさに満ち溢れた魅惑的なロゼ シャンパンです。力強くまろやかでありながら、新鮮でいきいきとした果実味が感じられるその表情豊かな味わいで、食前酒からボリューム感ある肉料理、デザートまで多彩な相性を持ちます。

 アサンブラージュ:シャルドネ 10-20%、ピノ・ノワール 40-50%、ムニエ 30-40%

ドザージュ:9.0g/l

セラーでの熟成期間:21ヶ月

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ミニ モエ

モエ・エ・シャンドンを代表するアイコン的シャンパン「モエ アンペリアル」のミニボトル「ミニ モエ(200ml)」。かつてモエ・エ・シャンドンをこよなく愛した皇帝ナポレオン1世の生誕100周年を記念し、1869年に誕生した「モエ アンペリアル」は、毎年100種類以上のワインをブレンドして造られ、フルーティな輝きと魅惑的な味わい、エレガントな熟成が特徴です。

飲み口にゴールドに輝くミニ フルートをつけた新しいスタイルで、シャンパンと共に過ごす極上の瞬間をあらゆるシーンでお楽しみいただけます。ミニ モエを片手に、心地よい陽射しや穏やかな風を感じる屋外で、映画鑑賞やホームパーティなど、大切な人と共に特別な#MOETMOMENTをご堪能ください。

EMOËTICON LOUNGE(エモエティコン ラウンジ)概要

開催期間 201741日(土)〜416日(日)

実施店舗 サラベス 東京店

住所 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング南館23F

TEL 03-6205-3551

開催時間※時間は変更になる可能性がございます。

平日 ランチ11:0015:00、ディナー 17:0022:00(L.O.)

 ランチ11:0016:30、ディナー 17:0022:00(L.O.)

日・祝 ランチ11:0016:30、ディナー 17:0021:00(L.O.)

※「カフェ・ド・フロール」ギャルソン 山下哲也氏は、201741日(土)~5日 (水)17:00L.Oまでの期間限定サービスとなります。

会場 サラベス 東京店3Fルーフトップテラス(東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング南館3F

提供商品

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ミニ モエ BOTTLE200ml 1,600円(税込)

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル GLASS  900円(税込)

 

提供メニュー(一部抜粋)

2段重ねのアミューズプレート“EMOETICON TOWER”とモエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル GLASS付きセット 2,000円(税込 ディナータイムのみ)

2段重ねのアミューズプレート“EMOETICON TOWER” 1,200円(税込 ディナータイムのみ)

海老と蟹のスパゲッティーニ スパイシーピンクソース 1,750円(税込)

ベリーホワイトチョコレートパンケーキ  1,450円(税込)ほか

 

モエ・エ・シャンドン公式サイト: https://moet.jp/

公式LINEアカウント: https://moet.jp/line/

ブランドムービー: https://www.youtube.com/moet/

Facebook https://www.facebook.com/moet.jp

Instagramhttps://www.instagram.com/moetchandon/

編集部のコメント

モエ・エ・シャンドンのイベントはいつも華やかで盛り上がりますね。サラベスという若い世代の方からも愛されるスポットで開催されるということで、さまざまな年齢層の人が歓迎されている雰囲気がありますね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.