「シャトー・メルシャン 花を愛でる春のロゼ3本セット」が数量限定発売スタート!

日本ワインを季節とともに楽しむ企画「マンスリー シャトー・メルシャン」では、3月に「シャトー・メルシャン 花を愛でる春のロゼ3本セット」を、32日(木)14時よりキリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」にて300セット限定で発売します。

マンスリー シャトー・メルシャン

日本ワインのシャトー・メルシャンより「ワインを愉しむ12ヶ月」として、毎月季節に合わせたテーマでワインを提案する企画が1周年を迎えます。2017年は、日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年ということで、日本ワインの魅力にさらに迫ります。

花を愛でる春のロゼ3本セット

3月は、日本の春の風物詩であるお花見にちなんで「花を愛でる日本ワイン」と題し、桜の季節を思い切り愉しむための華やかなロゼワインをご紹介します。桜の季節にぴったりの美しい春色のロゼワイン3本セットです。日本ワインならではの愉しみ方として、世界でも人気の「寿司」とのマリアージュもご提案しています。今回のテーマに合わせたテイスティング&マリアージュセミナーが、326日(日)に「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」(東京都港区六本木)にて開催されます。

 

商品詳細

シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ 2014(ロゼ・辛口・750ml、アルコール度数12%)

キメ細やかでなめらかなタンニンとしっかりしたボディのメルローを主体に、なめらかなテクスチャーと華やかな香りのマスカット・ベーリーAなどをバランスよくブレンドした辛口ロゼワインです。2016年に開催された「G7伊勢志摩サミット」では、2013年ヴィンテージが供されました!

長野のあわ 2014(ロゼ・辛口・720ml、アルコール度数12%)

長野県で収穫されたブドウを使用し、程よい飲みごたえとすがすがしい香りがバランスよく、繊細で心地よい口当たりのロゼスパークリングワイン「あわ」に仕上げました。「あわ」は、日本のブドウによる、しっかりとしてきめ細やかな心地よい泡立ちのワインを意味する言葉です。

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ロゼ 2014(ロゼ・辛口・750ml、アルコール度数12.5%)【限定品】

長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーなどを使用しています。華やかな香り、心地よい酸味と豊かな果実味のバランスが良い本格的な辛口のロゼワインです。上田市・ワイナリー限定品でもあります。

3月のテイスティング&マリアージュセミナーについて

・テーマ 同じ産地、同じ品種のロゼと赤。その製法と味わいの違いを識る。

・開催日 326日(日) 11:301300

・会場 シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル

・住所 東京都港区六本木1-4-5

・人数 1020名 ※DRINX内ワインイベントページ www.drinx.jp/event/wine/chm/ にて受付し、現在完売しました。

 編集部のコメント

日本では春になるとロゼが飲みたい気分になりますよね。日本のぶどうによる泡立ちのいいワインをひらがなで「あわ」と表記するのもおつですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.