「シャトー・メルシャン 花を愛でる春のロゼ3本セット」が数量限定発売スタート!

日本ワインを季節とともに楽しむ企画「マンスリー シャトー・メルシャン」では、3月に「シャトー・メルシャン 花を愛でる春のロゼ3本セット」を、32日(木)14時よりキリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」にて300セット限定で発売します。

マンスリー シャトー・メルシャン

日本ワインのシャトー・メルシャンより「ワインを愉しむ12ヶ月」として、毎月季節に合わせたテーマでワインを提案する企画が1周年を迎えます。2017年は、日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年ということで、日本ワインの魅力にさらに迫ります。

花を愛でる春のロゼ3本セット

3月は、日本の春の風物詩であるお花見にちなんで「花を愛でる日本ワイン」と題し、桜の季節を思い切り愉しむための華やかなロゼワインをご紹介します。桜の季節にぴったりの美しい春色のロゼワイン3本セットです。日本ワインならではの愉しみ方として、世界でも人気の「寿司」とのマリアージュもご提案しています。今回のテーマに合わせたテイスティング&マリアージュセミナーが、326日(日)に「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」(東京都港区六本木)にて開催されます。

 

商品詳細

シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ 2014(ロゼ・辛口・750ml、アルコール度数12%)

キメ細やかでなめらかなタンニンとしっかりしたボディのメルローを主体に、なめらかなテクスチャーと華やかな香りのマスカット・ベーリーAなどをバランスよくブレンドした辛口ロゼワインです。2016年に開催された「G7伊勢志摩サミット」では、2013年ヴィンテージが供されました!

長野のあわ 2014(ロゼ・辛口・720ml、アルコール度数12%)

長野県で収穫されたブドウを使用し、程よい飲みごたえとすがすがしい香りがバランスよく、繊細で心地よい口当たりのロゼスパークリングワイン「あわ」に仕上げました。「あわ」は、日本のブドウによる、しっかりとしてきめ細やかな心地よい泡立ちのワインを意味する言葉です。

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ロゼ 2014(ロゼ・辛口・750ml、アルコール度数12.5%)【限定品】

長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーなどを使用しています。華やかな香り、心地よい酸味と豊かな果実味のバランスが良い本格的な辛口のロゼワインです。上田市・ワイナリー限定品でもあります。

3月のテイスティング&マリアージュセミナーについて

・テーマ 同じ産地、同じ品種のロゼと赤。その製法と味わいの違いを識る。

・開催日 326日(日) 11:301300

・会場 シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル

・住所 東京都港区六本木1-4-5

・人数 1020名 ※DRINX内ワインイベントページ www.drinx.jp/event/wine/chm/ にて受付し、現在完売しました。

 編集部のコメント

日本では春になるとロゼが飲みたい気分になりますよね。日本のぶどうによる泡立ちのいいワインをひらがなで「あわ」と表記するのもおつですね。

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.