セルリアンタワー東急ホテルにて「ホワイトデーショコラ~桜花(さくら)~」が3月1日~3月14日限定発売

セルリアンタワー東急ホテルの40階にあるタワーズバー「ベロビスト」では、エグゼクティブ ペストリー シェフ 牧野太志とシニアソムリエ 吉田茂樹がプロデュースした「ホワイトデーショコラ~桜花~」(チョコレート1プレート=2,613円、+グラスシャンパン2杯付=7,500円)が2017年3月1日(水)~3月14日(火)期間限定販売されます。

「ベロビスト ホワイトデーショコラ~桜花(さくら)~」

エグゼクティブ ペストリー シェフである牧野太志が、まるで宝石箱を開けたような華やかさと美しさを、ワンプレートのスイーツで表現しました。バタークリームで桜の木を描き、春の訪れを表現。見た目もテイストもさまざまなスイーツは、ガナッシュ、チョコレート、プチケーキを取り揃えています。

チョコレートプレートとあわせて味わっていただくシャンパンは、サーモンピンクの華やかなロゼ「ゴッセ グラン・ロゼ・ブリュット(GOSSET GRANDE ROSÉ BRUT)」をソムリエ 吉田茂樹がセレクトいたしました。

新鮮なイチゴや濃密なジャムを彷彿とさせる香りが特徴で、口全体に広がるキレとバランスの良い味わいが魅力のシャンパンです。「ベロビスト」では、「お酒とともに楽しめる」をテーマに、2014年より毎年イートインでご提供するホワイトデー限定メニューを販売しています。40階からの景色とともに、シャンパンとスイーツのマリアージュが楽しめます。

商品詳細

・バタークリーム 桜の木をバタークリームで表現

・フランボワーズのガナッシュ ホワイトチョコレートでできたケースの中に、フランボワーズを入れたガナッシュ

・フレーズ 宝石をイメージした、イチゴのフリーズドライを閉じ込めたホワイトチョコレート

・タルトシトロン タルト生地にミルクチョコレート、レモンクリームを入れメレンゲを飾りつけたプチタルト

・飴細工 春をイメージした繊細な飴細工

牧野 太志 Futoshi MAKINO

セルリアンタワー東急ホテル エグゼクティブ ペストリー シェフ。

パリやルクセンブルクの銘店にて修行後、2003年9月ホテルのシェフパティシエに就任。各レストランやラウンジ、宴会や結婚披露宴で提供しているホテル内の全てのデザート部門を担い、2007年その技術と感性が認められ、「アンドレ・ルコント杯」にて優勝。

さまざまなお客さまが色々な目的で集まる「ホテルのパティシエ」であることにこだわり、「お菓子作りが化学を学ぶように楽しい」と語る。季節感やオリジナリティを追求した斬新なスイーツを手掛ける。

吉田 茂樹 Shigeki YOSHIDA 

タワーズバー「ベロビスト」シニアソムリエ・チーフバーテンダー 。

都内ホテル入社以降、バーを中心に、ホテルや街のバー・レストランでキャリアを積み、2001年にセルリアンタワー東急ホテル開業に伴い入社。タワーズバー「ベロビスト」配属。その後ホテル内の様々なサービス部門を経験した後、2012年に再びタワーズバー「ベロビスト」へ異動。現在に至る。

2012年に開催されたバーテンダーの祭典「WORLD CLASS世界大会・スピード&チャレンジ部門」にて優勝、シガーコンクールでも優勝の経歴を持つ。また、JSA認定シニアソムリエの資格を持ち、フランスのシャンパーニュ地方やブルゴーニュ地方、スペインのアンダルシア州、ドミニカ共和国などの各国のワイン・シガーサービスの研修にも参加する。

イベント詳細

ベロビスト ホワイトデーショコラ~桜花(さくら)

期間:2017年3月1日(水)~3月14日(火)

時間:平日 16:00~25:00(24:00 L.O.)

    土・日・祝  13:30~25:00(24:00 L.O.)
場所 :タワーズバー「ベロビスト」(40F)

料金:ベロビスト ホワイトデーショコラ~桜花(さくら)~(1プレート) 2,613円

ベロビスト ホワイトデーショコラ~桜花(さくら)~(2グラスシャンパン付)7,500円

※表示の料金には、サービス料10%および消費税8%が含まれております。

 

※19:00以降は1名さま1,306円のテーブルチャージをいただいております。

 

問い合わせ:TEL.03-3476-3398(直通)タワーズバー「ベロビスト」(40F)

URL:https://www.ceruleantower-hotel.com/restaurant/bellovisto/?id=entry2448

編集部のコメント
季節にぴったりなデザートプレートとロゼで、甘くとろける時間が堪能できます。ホワイトデーに、ロマンティックなひとときを。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.