簡単ひと手間で絶品おつまみに大変身!チーズ鱈の新しい楽しみ方!!

 

おつまみの定番として有名な「チーズ鱈」ですが、ひと手間加えるだけでワインにぴったりな絶品おつまみに変身することを知っていますか?今回は、以前テレビ番組の「アメトーーク!」で紹介されインターネットでも話題になった「焼きチーズ鱈」をご紹介します。

話題になったのは電子レンジで温める方法だったのですが、「オーブントースターで焼いても絶品おつまみになるのでは?」と、美味しそうな考えが浮かんでしまったので、電子レンジとオーブントースター2種類の焼きチーズ鱈を食べ比べてみました!

用意するものは、チーズ鱈とアルミホイルとキッチンペーパーの3つだけ。

さっそく調理開始です。

オーブントースター用のアルミホイルは、一度丸めてシワをつけることをオススメします。そうすることで、接着面が減るので、剥がしやすくなります。

電子レンジ用のチーズ鱈は直接お皿ではなく、キッチンペーパーに乗せて温めることをオススメします。

オーブントースターは約〜5分。電子レンジは約2〜3分で完成します。見た目の段階では、オーブントースターの方が断然おいしそうですが、とりあえず1本ずつ食べてみます。

オーブントースターの方は、チーズの香ばしい香りがたまりません。チーズ鱈は細いので、全体がカリッと仕上がり、チーズのこげた部分を凝縮したような濃い味になりました。

電子レンジの方は、チーズの水分が全て飛び、カラッとした仕上がりになりました。まるでスナック菓子を食べているような、サクサクとした食感がクセになります。

2つを食べ比べた結果、予想はしていましたが、どちらも美味しいという結論に至りました!オーブントースターと電子レンジで、それぞれ全く違う味と食感になったことには、とても驚きました。

そして、焼いただけでも十分美味かったのですが、調味料をプラスすれば、味にバリエーションができて、さらに楽しめるのでは?と思い、更にもうひと手間加えてみました。

マヨネーズやケチャップなど、色々な調味料を試してみたのですが、中でも、七味唐辛子、ブラックペッパー、わさび醤油の3種類の相性が非常によかったです。ピリっとした辛さがチーズのうまさを引き立てて、白ワインを注ぐ手が止まらなくなりました。特に辛いものが好きな人には、七味唐辛子を試してもらいたいと思います。

ひと手間で、簡単においしくできる焼きチーズ鱈。アッという間に完食してしまうこと間違いなし!是非試してみてください。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.