東海初!「ワインコンプレックス名古屋」が関係者向けに4月19日開催

 

東海エリアでの、初開催となる「ワインコンプレックスNAGOYA」が開催されます。 飲食店・酒販店向けに厳選した各国のワインを、その国や産地を代表する出展者が提案いたします。

 Tokyo Wine Complex

東京ワインコンプレックスは、専門性の高いワインに特化した分野におけるオンリー・ワン・インポーターをサポートします。

産地・エリアなどにフォーカスすればするほど、幅広いニーズには応えにくくなるという悩みを解消するために、インポーターによる専門家集団を組織です。各インポーターは、東京ワインコンプレックスの一員となることで、自分たちの専門性を追及しつつ、大きな市場の扉をひらくメリットを、最小のコストで得ることができます。

磨きぬかれた各自の専門性は、東京を中心に全国で年に数度開催される試飲会をはじめ、東京ワインコンプレックスが企画するさまざまなイベントにおいて披露されます。より良いワインを求める、ひとりでも多くのユーザーに、最良のワインを届けたいというインポーター共通の願いを東京ワインコンプレックスが繋ぎます。

イベント詳細

開催日時:平成29年4月19日(水)12:00-17:00 

対象酒販店・業務店他ワイン関係従事者

※一般の方の入場はできません。 

場所ヒルトン名古屋「竹の間」

住所愛知県名古屋市中区栄1-3-3 

入場料無料  

試飲会申込

下記URLの申込フォームよりお申込みください。

http://event.tokyowinecomplex.com/pro/170419.html

※ご入場には名刺を2枚お持ちください。 

 

ご来場に関する注意事項

・15:00以降は混雑が予想されます。お時間をずらしてご来場ください。

・一般の方のご入場は固くお断りいたします。

・来場時にはワイン関係従事者とわかる名刺等を2枚ご用意の上、お受付願います。

・ご自身の名刺はホルダーに入れ、出展者に見やすい位置に正しくお付け願います。

・商談を目的としないお客様のご来場はお断りする場合がございます。

・適量を 超えてのご試飲など他のお客様にご迷惑となることのないよう節度を持ってご試飲ください。

編集部のコメント

東京ワインコンプレックスが名古屋でも大きなイベントを開くということで、東海圏のワイン関係者や飲食関係者の大きなサポートになりそうですね。

・出展

※敬称略、順不同

有限会社オーケストラ

ユーロアジアトレーディング株式会社

株式会社池光エンタープライズ

ワインライフ株式会社

ESTATE WINES-TOPSOIL KK

株式会社ヴァンクロス

株式会社トレジャーフロムネイチャー

株式会社KOBEインターナショナル

有限会社三幸蓮見商店

ワイン・イン・スタイル株式会社

マルカイコーポレーション株式会社

株式会社Vino Hayashi

布袋ワインズ株式会社

株式会社フィラディス

株式会社アズマコーポレーション

株式会社Carina

重松貿易株式会社

株式会社パラジャパン

株式会社ワールドフーズ

i-WINE HAPPINESS株式会社

FRATELLI TOKUYAMA合同会社

有限会社アクアブルー

パシフィック洋行株式会社

株式会社サザンクロス

GRN株式会社

株式会社日智トレーディング

株式会社オーバーシーズ

フイルコンサービス株式会社

株式会社カーヴかない屋

株式会社アレグレス

株式会社岸本

株式会社エイ・エム・ズィー

株式会社富士インダストリーズ

株式会社マスダ

大和葡萄酒株式会社

アイコニック ワイン・ジャパン株式会社

まるき葡萄酒株式会社

株式会社ゴーディアンワインズ

アサヒビール株式会社

株式会社アンフォラ・トレーディング

株式会社kpオーチャード

Vins d'Olive

株式会社イズミック

アグリ株式会社

有限会社東京実業貿易

株式会社ベリッシモ

ウミネコ醸造株式会社

株式会社リエゾン

有限会社伏見ワインビジネスコンサルティング

株式会社ワイン・ラボ

株式会社ドウシシャ

 

・協力

 

東洋佐々木ガラス株式会社

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.