海外ではお得に売られているナチュラルチーズはなぜ日本で高いのか?

国産のプロセスチーズが比較的安価なのに対して、海外のナチュラルチーズは高価だと感じる方も多いと思います。チーズ専門店で価格を見ると、100gで500円以上するものが多いので、ナチュラルチーズを奮発して買った時は、料理に使うよりそのまま少しずつ味わって食べた方が良いのでは、と思ってしまうほどです。

では、フランスやイタリアで毎日の食卓に欠かせないチーズが、日本ではなぜこんなに高価になってしまうのでしょうか?今日はその理由をご紹介したいと思います。

チーズには高い関税と輸送費が掛かる

外国からチーズを輸入する場合は、国内産業の保護などを目的として輸入関税が課せられます。一般的なチーズの関税率は、取引価格と輸送料、そして保険料を合算した価格に対して29.8%です。

つまり、チーズ本体の価格だけでなく、輸送費や保険料が上がれば、チーズの価格も上がってしまうのです。

ソフトタイプのナチュラルチーズは空輸で

1964年の東京オリンピックを機に、フランスからカマンベールのようなソフトタイプのナチュラルチーズの空輸が始まりました。その前から日本にも海外のナチュラルチーズはあったのですが、それは船便で輸入された長期保存のできるハードタイプのチーズだけでした。

ヨーロッパから約1ヶ月かけて日本へやってくる船便では、賞味期限の短いナチュラルチーズを運ぶことができないので、空輸するしかありません。当然、船便より空輸の方が費用は高くつくので、ソフトタイプのナチュラルチーズはその分価格も上乗せされてしまうのです。

おもしろい例として、パルミジャーノ・レッジアーノはイタリアでは最も高価なチーズの一つですが、日本へは船便で運ばれることが多いので、日本の市場では、他のイタリア産のチーズより安価になるという現象がおこっています。

日本で造られるナチュラルチーズの価格は?

北海道から沖縄まで、日本のチーズ生産者は現在約240軒ありますが、大手の乳製品メーカーを除けば、そのほとんどが家族経営の小規模な生産者です。

近年、日本のナチュラルチーズは品質も高く、評価もうなぎ上りですが、それは小規模なチーズ生産者が手間暇かけて大事に牛等の家畜を育て、手作業で丁寧にチーズを造っているからなのです。よって、小規模生産者の造るナチュラルチーズは大量生産できない等の理由から、海外のナチュラルチーズとは別の理由で高価なものが多いのが現状です。

まとめ

理想的な栄養食品とうたわれるチーズですが、特にナチュラルチーズは我々日本人にとってはまだまだ嗜好品なのかもしれません。ナチュラルチーズが特別な日のワインのお供としてだけではなく、もっと手軽に日本人の食生活に取り入れられるようになることを願ってやみません。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.