海外ではお得に売られているナチュラルチーズはなぜ日本で高いのか?

国産のプロセスチーズが比較的安価なのに対して、海外のナチュラルチーズは高価だと感じる方も多いと思います。チーズ専門店で価格を見ると、100gで500円以上するものが多いので、ナチュラルチーズを奮発して買った時は、料理に使うよりそのまま少しずつ味わって食べた方が良いのでは、と思ってしまうほどです。

では、フランスやイタリアで毎日の食卓に欠かせないチーズが、日本ではなぜこんなに高価になってしまうのでしょうか?今日はその理由をご紹介したいと思います。

チーズには高い関税と輸送費が掛かる

外国からチーズを輸入する場合は、国内産業の保護などを目的として輸入関税が課せられます。一般的なチーズの関税率は、取引価格と輸送料、そして保険料を合算した価格に対して29.8%です。

つまり、チーズ本体の価格だけでなく、輸送費や保険料が上がれば、チーズの価格も上がってしまうのです。

ソフトタイプのナチュラルチーズは空輸で

1964年の東京オリンピックを機に、フランスからカマンベールのようなソフトタイプのナチュラルチーズの空輸が始まりました。その前から日本にも海外のナチュラルチーズはあったのですが、それは船便で輸入された長期保存のできるハードタイプのチーズだけでした。

ヨーロッパから約1ヶ月かけて日本へやってくる船便では、賞味期限の短いナチュラルチーズを運ぶことができないので、空輸するしかありません。当然、船便より空輸の方が費用は高くつくので、ソフトタイプのナチュラルチーズはその分価格も上乗せされてしまうのです。

おもしろい例として、パルミジャーノ・レッジアーノはイタリアでは最も高価なチーズの一つですが、日本へは船便で運ばれることが多いので、日本の市場では、他のイタリア産のチーズより安価になるという現象がおこっています。

日本で造られるナチュラルチーズの価格は?

北海道から沖縄まで、日本のチーズ生産者は現在約240軒ありますが、大手の乳製品メーカーを除けば、そのほとんどが家族経営の小規模な生産者です。

近年、日本のナチュラルチーズは品質も高く、評価もうなぎ上りですが、それは小規模なチーズ生産者が手間暇かけて大事に牛等の家畜を育て、手作業で丁寧にチーズを造っているからなのです。よって、小規模生産者の造るナチュラルチーズは大量生産できない等の理由から、海外のナチュラルチーズとは別の理由で高価なものが多いのが現状です。

まとめ

理想的な栄養食品とうたわれるチーズですが、特にナチュラルチーズは我々日本人にとってはまだまだ嗜好品なのかもしれません。ナチュラルチーズが特別な日のワインのお供としてだけではなく、もっと手軽に日本人の食生活に取り入れられるようになることを願ってやみません。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.