海外ではお得に売られているナチュラルチーズはなぜ日本で高いのか?

国産のプロセスチーズが比較的安価なのに対して、海外のナチュラルチーズは高価だと感じる方も多いと思います。チーズ専門店で価格を見ると、100gで500円以上するものが多いので、ナチュラルチーズを奮発して買った時は、料理に使うよりそのまま少しずつ味わって食べた方が良いのでは…と思ってしまうほどです。

フランスやイタリアで毎日の食卓に欠かせないチーズが、日本ではなぜこんなに高価になってしまうのでしょうか?今回はその理由をご紹介したいと思います。

チーズには高い関税と輸送費が掛かる

外国からチーズを輸入する場合は、国内産業の保護などを目的として輸入関税が課せられます。一般的なチーズの関税率は、取引価格と輸送料、そして保険料を合算した価格に対して29.8%です。

つまり、チーズ本体の価格だけでなく、輸送費や保険料が上がれば、チーズの価格も上がってしまうのです。

ソフトタイプのナチュラルチーズは空輸で

1964年の東京オリンピックを期に、フランスからカマンベールのようなソフトタイプのナチュラルチーズの空輸が始まりました。その前から日本にも海外のナチュラルチーズはあったのですが、それは船便で輸入された長期保存のできるハードタイプのチーズだけでした。

ヨーロッパから約1ヶ月かけて日本へやってくる船便では、賞味期限の短いナチュラルチーズを運ぶことができないので、空輸するしかありません。当然、船便より空輸の方が費用は高くつくので、ソフトタイプのナチュラルチーズはその分価格も上乗せされてしまうのです。

おもしろい例として、パルミジャーノ・レッジアーノはイタリアでは最も高価なチーズの一つですが、日本へは船便で運ばれることが多いので、日本の市場では、他のイタリア産のチーズより安価になるという現象がおこっています。

日本で造られるナチュラルチーズの価格は?

北海道から沖縄まで、日本のチーズ生産者は現在約240軒ありますが、大手の乳製品メーカーを除けば、そのほとんどが家族経営の小規模な生産者です。

近年、日本のナチュラルチーズは品質も高く、評価もうなぎ上りですが、それは小規模なチーズ生産者が手間暇をかけて大事に牛等の家畜を育て、手作業で丁寧にチーズを造っているからなのです。よって、小規模生産者の造るナチュラルチーズは大量生産できない等の理由から、海外のナチュラルチーズとは別の理由で高価なものが多いのが現状です。

まとめ

理想的な栄養食品とうたわれるチーズですが、特にナチュラルチーズは我々日本人にとってはまだまだ嗜好品なのかもしれません。ナチュラルチーズが特別な日のワインのお供としてだけではなく、もっと手軽に日本人の食生活に取り入れられるようになることを願ってやみません。

イタリア屋タニーチャ
フランス産 白カビチーズ カマンベール・ド・ノルマンディ AOC 250g
Amazonで見る
花畑牧場
花畑牧場 60φモッツァレラ 1kg (業務用)
Amazonで見る
ルスティック
ブリールスティック(フランス ブリー)1kg
Amazonで見る

ホームページ | instagram
ワインコーディネーター/ワインライター。
フランス留学後、ワイン専門店勤務を経て、ワインコーディネーターに。
飲み頃や旬を大切にワインとチーズの魅力を伝えるサロン「Wine Salon d’Ourse」主宰。飲食店や食のイベントプロデュースの他、ライターとしてワインやチーズに関する情報も発信している。
J.S.A.ソムリエ / C.P.A.チーズプロフェッショナル

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.