応募で必ずワインを1本もらえる期間限定「メルシャン 春色ワインフェア」開催!

メルシャン株式会社は、2017年3月1日(水)~4月30日(日)の期間限定で、春にピッタリのワインによるバイ・ザ・グラス フェア「メルシャン 春色ワインフェア」を全国主要都市飲食店で開催します。

「メルシャン 春色ワインフェア」


参加飲食店でグラスワインを楽しんでいただきながら、各飲食店の「春色ワインフェア」専用メニューの指定箇所をスマートフォンで撮影してスタンプを集めてWebで応募します。スタンプ3枚でご応募いただいたお客さま全員に、ワインを1本プレゼントさせていただくほか、抽選でも景品を用意します。

実施地域:首都圏および全国主要都市

フェア実施期間:3月1日(水)~4月30日(日)

プレゼント:

・3枚コース:全員もれなく ワイン1本(赤・白いずれか)

【Wチャンス】

・6枚コース:抽選で5名 ショットツヴィーゼルワイングラス6個セット

・9枚コース:抽選で1名 メルシャンお薦めのワイン50本セット

対象ブランド:

「シャトー・メルシャン」

「アルベール・ビショー」

「ドメーヌ・カズ」

「コドーニュ」

「ロバート・モンダヴィ」

「カッシェロ・デル・ディアブロ」 

※本キャンペーンは各飲食店の「春色ワインフェア」専用メニューに記載されている商品のみを対象とさせていただきます。

応募方法

フェア実施店舗、3店舗以上、または同じ店舗に別日で3回以上ご来店ください。

「春色ワインフェア」メニューの中からお好きなワインをご注文の上、メニュー内の店舗コードが掲載された指定の箇所を撮影し、撮影した画像を応募ページの「画像を送る」からアップロードしてください。

「春色ワインフェア」事務局にて、画像を承認すると「スタンプ」が貯まります。またご登録のメールアドレスに承認のご案内をお送りします(スタンプの発行には3日間程度かかります)。

スタンプが3枚貯まると「ワインを申し込む」のページに「申し込みフォーム」のボタンが表示されます。期間中に必要事項をご入力の上ワインをお申し込みください。 

「Wチャンス」は、該当数のスタンプが貯まると自動的に抽選対象となります。別途お申し込みの必要はございません。

画像受付期間:3月1日(水)~4月30日(日)

景品(ワイン)応募受付期限:5月14日(日)23:59

応募URL:こちらから行ってください

応募に関するお問い合わせ先(春色ワインフェア事務局):springwine2017@winesuki.jp

※指定受信の方は、@winesuki.jp を設定ください。

※メーラーが起動しない場合は、「ワインすき!」お問合わせフォームをご利用ください。

編集部のコメント
飲食店でワインを楽しみながらポイントを貯めるというのがおもしろいですね。素敵なお店探しにもつながりそうです!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.