国産ぶどう100%使った日本ワイン「サントリー塩尻ワイナリー」シリーズが新発売!!

サントリーワインインターナショナル株式会社は、国産ぶどう100%の日本ワインの新シリーズとして「サントリー塩尻ワイナリー」シリーズを2017年9月5日(火)から全国で5種類新発売します。

「世界を感動させる日本ワイン」を目指して

「世界を感動させる日本ワイン」を目指し、ぶどうの名産地・山梨県のサントリー登美の丘ワイナリーでは、その広大な自家ぶどう畑を活かし、ワインづくりのさらなる品質向上に取り組んでいます。
 
長野県、青森県、山形県といった日本を代表するぶどうの産地で、その土地の気候・土壌(テロワール)に適した高品質なぶどうを育む生産者と協力しながらワインづくりにも取り組みます。
 

2010年には国産ぶどう100%ワインを日本ワインと位置づけ、「登美の丘ワイナリー」「ジャパンプレミアム」の2つのシリーズを発売。徹底した品質管理によって生まれるその味わいには高い評価をいただいており、国内外のコンクールで多数の賞を受賞しています。

サントリー塩尻ワイナリー

長野県の生産者がつくる高品質なぶどうを使用しサントリー塩尻ワイナリーで醸造した日本ワインを、「塩尻ワイナリー」シリーズとして新発売※します。ラベルには「塩尻」の文字を大きく配し、ぶどう収穫地・醸造地をわかりやすく表現しました。

長野県にワイナリーをもつ企業として、同県の熱心なぶどう生産者とともに、近年国内外で注目を集める塩尻産ぶどうがもつ魅力をいっそう訴求します。

※これまでは「ジャパンプレミアム産地シリーズ〈塩尻〉」として販売。

商品詳細

サントリー塩尻ワイナリーは、長野県の中でも、特にワイン用ぶどうの栽培に適している塩尻市に位置しています。
 
サントリー登美の丘ワイナリーで培った歴史ある技術・知見を最大限活かしつつ、長野県の熱心なぶどう生産者とともに、同県ならではの冷涼で乾燥した気候・土壌で育った優れたぶどうの持ち味を引き出したワインづくりに力を注いでいます。


塩尻市(岩垂原)のぶどうを使用した日本ワイン「ジャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2010」が、フランスの権威あるコンクール「レ シタデル デュ ヴァン2015」にて「日本ワイン特別賞」と「金賞」を同時受賞するなど、国内外で評価を受けています。

商品:

・サントリー塩尻ワイナリー 塩尻メルロ 2014

・同 塩尻メルロ ロゼ 2016

・同 塩尻マスカット・ベーリーA 2015

・同 塩尻マスカット・ベーリーAミズナラ樽熟成 2014

・同 岩垂原メルロ 2014

希望小売価格:オープン価格

容量:750ml×12本

発売日:2017年9月5日(火)

発売地域:全国(数量限定)

編集部のコメント
サントリー登美の丘ワイナリーで得た技術が生かされてさらにパワーアップした「サントリー塩尻ワイナリー」シリーズも楽しみですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.