「大森産ブドウのワイン」が5 月23 日(火)より秋田県限定・数量限定で発売!!


メルシャン株式会社は、秋田県横手市大森町で栽培されたドイツ系ブドウ品種で造る大森ワインを「大森産ブドウのワイン」としてリニューアルし、2017年5 月23 日(火)より秋田県限定・数量限定で販売します。

大森産ブドウのワイン

メルシャン「大森産ブドウのワイン」シリーズは、1982 年より契約栽培を開始した秋田県横手市大森町で栽培されたドイツ系ブドウ品種で造られています。

1986 年に秋田県限定で発売した同シリーズは、31年にわたり地元秋田県の人々に飲まれています。2016年まで「大森ワイン」の名称でしたが、2017年5月23日(火)より「大森産ブドウのワイン」としてリニューアルされます。

青リンゴのようなフルーティな風味と、キレのあるさわやかな酸味、柔らかいおいしさのバランスが良い味わいで、フレッシュな辛口とほのかな甘口に仕上がっています。収穫地を分かりやすくラベルに記載し、識別性の高いパッケージとなっています。

「大森産ブドウのワイン」(甘口・辛口)

タイプ:白

アルコール:10.5%

容量:750ml

カテゴリー分類:果実酒

発売日:5 月23 日(火)

発売地域:秋田県

生産予定本数:限定 約16,800 本(甘口・辛口 各8,400 本)

価格:オープン価格

編集部のコメント
秋田県限定というブランド的な魅力も素敵ですね。ぜひ秋田に訪れて、大森産ブドウのワインを手に入れてみてはいかがですか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.