ボルドー名門ドゥルト社の「ドゥルト bボルドー 750ml」がリニューアルし、4月4日(火)より発売

 

メルシャン株式会社は、フランス・ボルドーの名門ドゥルト社の伝統的なフランスワインを気軽に楽しめる「ドゥルト bボルドー 750ml」のパッケージを刷新し、より気軽に楽しめるハーフボトル(375ml)と共に2017年4月4日(火)より全国で発売開始します。

 2002年に発売した「ドゥルト bボルドー 750ml」は発売15年目を迎えます。「ドゥルト bボルドー」シリーズに込められた意味をより伝わりやすいデザインにリニューアルし、ハーフボトルも提供することで、お客さまとの接点を拡大し、新たな飲用シーンの提案とともに、ワイン市場の活性化を図っています。

ドゥルト社について

ドゥルト社は1840年創業、ボルドーの70以上ものシャトーと独占契約し、技術支援を行うフランスのトップネゴシアンの一つです。自らも9つのシャトーを保有し、「ヌメロ・アン」をはじめとするブランドワインの生産者としても知られており、自社畑・契約畑に関わらずブドウ栽培の段階からワインの品質向上に努めています

bボルドーについて

bボルドーは、ボルドーを知り尽くし、伝統と品質にこだわるフランスのドゥルト社がベストバランスを追求し続けて生まれたブランドです。シンボリックな「b」と、洗練されたパッケージが特長のボルドーワインです。

味わい

bボルドーは、ドゥルト社がボルドーワインならではのベストバランスを追求し、ボルドーの代表品種を使用、果実味を重視して造り上げています。

樽熟成によって、意図的に重厚感を高めたボルドーワインが多い中、名門ネゴシアンの知見を生かし、ブドウ本来の個性ある味わいを忠実に表現するため、ステンレスタンクで醸造・熟成でフレッシュな果実感とボルドーらしい洗練された味わいを楽しめます。

パッケージデザイン

フランス、ボルドーワインの中ではめずらしい、開けやすく保存も簡単で、しかも安定した品質をお届けできるスクリューキャップが採用されています。

ラベルに描かれた「b」の視認性を高め、bボルドーの「b」に込められた3つの意味をより伝わりやすくするためにデザインが見直されました。

bボルドーの「b」に込められた3つの意味
1. Bordeaux「王道、まさしくボルドーを代表する“b”」
2. Best Balance「味わいのベストバランスを追求する“b”」
3. Benchmark「ボルドーワインの品質のベンチマーク(指標)たる“b”」

ドゥルト bボルドー ルージュ(赤・13%)、ドゥルト bボルドー ブラン(白・12%)

容量:750ml・375ml

容器:びん

カテゴリー分類:果実酒

発売日:2017年4月4日(火)

発売地域:全国

価格:オープン価格

編集部のコメント
ドメーヌやシャトーからブドウを買い取ってブレンド・熟成させるネゴシアンでもあり、自社畑も持つ生産者でもあるドゥルト社だから理解して作れるワインが完成しているでしょうね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.