ボルドー名門ドゥルト社の「ドゥルト bボルドー 750ml」がリニューアルし、4月4日(火)より発売

 

メルシャン株式会社は、フランス・ボルドーの名門ドゥルト社の伝統的なフランスワインを気軽に楽しめる「ドゥルト bボルドー 750ml」のパッケージを刷新し、より気軽に楽しめるハーフボトル(375ml)と共に2017年4月4日(火)より全国で発売開始します。

 2002年に発売した「ドゥルト bボルドー 750ml」は発売15年目を迎えます。「ドゥルト bボルドー」シリーズに込められた意味をより伝わりやすいデザインにリニューアルし、ハーフボトルも提供することで、お客さまとの接点を拡大し、新たな飲用シーンの提案とともに、ワイン市場の活性化を図っています。

ドゥルト社について

ドゥルト社は1840年創業、ボルドーの70以上ものシャトーと独占契約し、技術支援を行うフランスのトップネゴシアンの一つです。自らも9つのシャトーを保有し、「ヌメロ・アン」をはじめとするブランドワインの生産者としても知られており、自社畑・契約畑に関わらずブドウ栽培の段階からワインの品質向上に努めています

bボルドーについて

bボルドーは、ボルドーを知り尽くし、伝統と品質にこだわるフランスのドゥルト社がベストバランスを追求し続けて生まれたブランドです。シンボリックな「b」と、洗練されたパッケージが特長のボルドーワインです。

味わい

bボルドーは、ドゥルト社がボルドーワインならではのベストバランスを追求し、ボルドーの代表品種を使用、果実味を重視して造り上げています。

樽熟成によって、意図的に重厚感を高めたボルドーワインが多い中、名門ネゴシアンの知見を生かし、ブドウ本来の個性ある味わいを忠実に表現するため、ステンレスタンクで醸造・熟成でフレッシュな果実感とボルドーらしい洗練された味わいを楽しめます。

パッケージデザイン

フランス、ボルドーワインの中ではめずらしい、開けやすく保存も簡単で、しかも安定した品質をお届けできるスクリューキャップが採用されています。

ラベルに描かれた「b」の視認性を高め、bボルドーの「b」に込められた3つの意味をより伝わりやすくするためにデザインが見直されました。

bボルドーの「b」に込められた3つの意味
1. Bordeaux「王道、まさしくボルドーを代表する“b”」
2. Best Balance「味わいのベストバランスを追求する“b”」
3. Benchmark「ボルドーワインの品質のベンチマーク(指標)たる“b”」

ドゥルト bボルドー ルージュ(赤・13%)、ドゥルト bボルドー ブラン(白・12%)

容量:750ml・375ml

容器:びん

カテゴリー分類:果実酒

発売日:2017年4月4日(火)

発売地域:全国

価格:オープン価格

編集部のコメント
ドメーヌやシャトーからブドウを買い取ってブレンド・熟成させるネゴシアンでもあり、自社畑も持つ生産者でもあるドゥルト社だから理解して作れるワインが完成しているでしょうね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.