赤ワイン、白ワインが美味しく飲める温度を知っていますか?

どんなに美味しいワインでも、飲む温度を間違えると美味しさを損なってしまうことをご存知でしたか?今回は、ワインが美味しく飲める温度についてご紹介します。

白ワインは低め、赤ワインは高め

ワインを味わう際の温度や香りに関して、以下のような意見が一般的です。

・ワインの温度が低いと酸味、渋味が強く感じられ、温度が高いと甘味を強く感じる
・低温では閉じていた香りも、温度が上がるにつれて開き、香るようになる

この原則から、タンニンの含有が少ない白ワインは温度を低め、タンニンを多く含む赤ワインは高めの温度で飲むことが基本とされています。

ポテンシャルの高いワインほど高い温度で飲んだほうがニュアンスのバリエーションを楽しめ、まろやかさも豊かに感じることができます。

白ワインは極甘口が2℃~6℃、甘口が6℃~8℃、辛口が6℃~12℃、コクがあり上級なワインは10℃~14℃が美味しく飲める目安の温度となっています。一方で赤ワインは軽い飲み心地のライトボディが10℃~12℃、ミディアムボディが13℃~16℃、重いフルボディは16℃~18℃で飲むことでワインを楽しむことができます。

ちなみに、ロゼワインについては7℃~14℃が美味しく飲める温度となり、甘いものほど低温で飲むとすっきり美味しくいただけますよ。

スパークリングワインの飲みごろ温度は?

スパークリングワインは白ワインの温度に近く、スタンダードなものは6℃~8℃、高級品であるプレステージの場合は8℃~12℃で飲むと美味しいとされています。しかし、温度が低すぎるとまろやかさが感じられなかったり、苦味が出てしまうものもあります。

実は先日、ルイ・ロデレールのシャンパン「ブリュット・プルミエ (スタンダードシャンパン) 」を飲んだところ、10℃の時点ではまだまだ本来の美味しさを発揮しているとは思えませんでした。ゆっくりと温度を上げていき、ようやく14℃を超えたところで、このシャンパンが持つ本来の香り高さを感じ、まろやかな美味しさを楽しむことができました。

このようにプレステージではないものでも、高い温度で飲んだほうが美味しく感じられるものもあるため、もし飲んでみて「今イチかな?」と思った場合は少しずつ温度を上げてみることをオススメします。

飲みたい温度にする方法

冬から春にかけては、キッチンの寒い場所やクロゼットに保管しているという人が多いと思いますが、飲みたい温度にするためには冷蔵庫や氷水などで冷やす時間に気をつければ狙った温度にすることができます。

例えば、18℃の白ワインを氷水で冷やした場合、11分で約8℃、15分で約6℃、20分で約4℃に達します。また、逆に冷蔵庫などで冷やしすぎた場合は、12℃の赤ワインの場合、23℃の室内に放置したら50分でだいたい16℃に達します。

飲みたい温度にした後は、アイスクーラーなどの中にキューブ状の氷を入れナプキンやボトルソーサーを敷き、その上にワインを置くようにすると温度を保つことができます。

少し面倒に思えるかもしれませんが、適切な温度で飲んだワインとそうでないワインの味の違いはびっくりするほど明確です。時間を測りつつ、飲みたい温度を狙ってみてください。

<参考>

・WINESUKI.JP「ワインの美味しい温度」
https://winesuki.jp/article/basic_knowledge/wine_fun/333/

・『ソムリエ 153号』(一般社団法人日本ソムリエ協会)P5

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.