ワインがすすむ!やみつきガーリックジャーマンポテト

 

ジャーマンポテトは誰もが知るドイツ風の家庭料理で、好きな方も多いと思います。レシピによって、味や食感、見た目のバリエーションも色々です。ホームパーティなどで出すときは、飲むワインに合わせてアレンジして作ると喜ばれますよ。

今回ご紹介するジャーマンポテトは、表面はカリカリ、中はしっとりとしたポテトに、ニンニクの風味と香ばしいベーコンの味わいがやみつきになる美味しさです。

材料:2人分

じゃが芋 300g程(小~中2個程)
A 白だし 大さじ1
A みりん 大さじ1
ニンニク 10g程(小2粒)
ベーコン 2枚
オリーブオイル 大さじ2
粒マスタード 小さじ1/2~
こしょう 少々
オリーブ 適量

作り方

【1】じゃが芋は良く洗い、皮つきのまま放射状に食べやすい大きさに切ります。

【2】耐熱容器にAと共に入れラップをし、電子レンジにかける。(600wで4~5分程)そのままラップをして10分程おきます。

【3】ニンニクはみじん切り、ベーコンは2cm幅に切ります。

【4】フライパンでオリーブオイルを熱し、じゃが芋を入れ中火で両面焼いて焦げめをつけ、カリカリになるまで炒めます。

【5】ニンニクとベーコンも入れ、弱火にしてじっくり炒めます。ニンニクがカリカリッとしてきたら、こしょう、オリーブも混ぜ、粒マスタードをお好みの量混ぜて仕上げます。

最初に白だし、みりんと共に電子レンジで加熱調理しているので、じゃが芋自体にしっかり味や旨みがついていて、仕上げに塩をまぶさなくても美味しくいただけます。

ニンニクはじゃが芋の表面をカリカリに焼いた後に加えて炒めます。そうすることで、みじん切りのニンニクが焦げず、じゃが芋に風味や香りがつきます。粒マスタードは味全体を引き締め、ワインの酸味に寄り添う隠し味になりますので、味をみながらお好みの量を混ぜてください。

オリーブを入れると、ワインと更に相性の良いおつまみになります。ベーコンでなく粗挽きソーセージにすると、ボリューム感のある一品になります。スパークリングから軽い赤ワインまで幅広く合いますが、合わせるワインによってレシピをアレンジすると更に美味しくいただけますよ。

刻んだパセリやクレソンの葉を仕上げに混ぜると、ソーヴィニヨンブラン系のすっきりした白ワインに。仕上げにバターを少々混ぜると、シャルドネ系のしっかりボディーの白ワインに。黒こしょうやローズマリーを混ぜると、軽い赤ワインに…。このように材料を1つ加えるだけで、その時のワインとマリアージュを楽しめます。

幅広い人に好まれるジャーマンポテトは、ホームパーティーのときにオススメです。ビールに合わせるのが定番ですが、ワインと合わせて是非楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.