たしかに大人味!ワイン好きの本能をくすぐる『大人の贅沢カール』

「それにつけてもおやつはカール♪」というCMソングでお馴染み、明治のロングセラースナックをご紹介します。子供の頃から慣れ親しんだ、サクッと軽い食感。カールはこの軽やかさがいいのだと思っていました。しかしそれは、あくまでもおやつの話です。カールをワインのおともにしようとなんて、今までは思い付きもしませんでした。

そこへ彗星のように登場したのが「堅焼き仕立て”大人の贅沢カール”濃厚炙りチーズ味」です。黒ベースにゴールドというシンプルなデザイン。カールおじさんが姿を消したパッケージには、お馴染みの書体で「カール」と書かれているものの、あのカールだと認識するのにしばし時間がかかりました。

気になるお味は?

 

さて、最も気になるお味のほうは、重ねがけしたチーズの「濃厚な味わい」と香ばしさ、一般的なコーンスナックとは一線を画す、ザクっと「堅めの噛みごたえ」が大人の贅沢カールの特徴です。

いつものカールより、ひとまわり小さめサイズながら、チーズのインパクトが強いです。チーズのコクが期待以上にしっかりしており、それでいて食べ疲れのない後味となっています。ワイン1本にちょうど良いサイズ感と量という点も魅力的ですね。家飲み用のストックはもちろん、お花見や旅先に持って行くのにもピッタリです。

チーズとワインの相性は言わずもがなですよね。チーズを食べるとワインを飲みたくなる、という人も少なくはないでしょう。そして、ワインを飲むと恋しくなるのが軽い歯ごたえのある食べ物です。チーズをクラッカーにのせるカナッペは、2つの欲求を満たしてくれる定番おつまみなのです。

大人の贅沢カールも、濃厚なチーズ味とザクザク食感という特徴があり、どちらもワイン好きの本能をくすぐるポイントでもあるわけです。これはワインと一緒に楽しまない手はないですよね。

合わせるワインは、高い物よりデイリーワインがおすすめです。マリアージュの観点もありますが、それ以前に、カジュアルに楽しめるワインのほうが心地よい関係を築けると思います。コンビニでも見かけるようになった”缶ワイン”を一緒に持って、お花見に出かけるのも良いですね。

ワイン業界では、酸がイキイキとした快活なワインを「クリスプ」と表現することがあります。日本でクリスプと言えば、まさに大人の贅沢カールの食感のような印象ですよね。クリスプなおつまみにクリスプなワインを合わせるという、遊び心あふれるマリアージュが楽しめます。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.