たしかに大人味!ワイン好きの本能をくすぐる『大人の贅沢カール』

「それにつけてもおやつはカール♪」というCMソングでお馴染み、明治のロングセラースナックをご紹介します。子供の頃から慣れ親しんだ、サクッと軽い食感。カールはこの軽やかさがいいのだと思っていました。しかしそれは、あくまでもおやつの話です。カールをワインのおともにしようとなんて、今までは思い付きもしませんでした。

そこへ彗星のように登場したのが「堅焼き仕立て”大人の贅沢カール”濃厚炙りチーズ味」です。黒ベースにゴールドというシンプルなデザイン。カールおじさんが姿を消したパッケージには、お馴染みの書体で「カール」と書かれているものの、あのカールだと認識するのにしばし時間がかかりました。

気になるお味は?

 

さて、最も気になるお味のほうは、重ねがけしたチーズの「濃厚な味わい」と香ばしさ、一般的なコーンスナックとは一線を画す、ザクっと「堅めの噛みごたえ」が大人の贅沢カールの特徴です。

いつものカールより、ひとまわり小さめサイズながら、チーズのインパクトが強いです。チーズのコクが期待以上にしっかりしており、それでいて食べ疲れのない後味となっています。ワイン1本にちょうど良いサイズ感と量という点も魅力的ですね。家飲み用のストックはもちろん、お花見や旅先に持って行くのにもピッタリです。

チーズとワインの相性は言わずもがなですよね。チーズを食べるとワインを飲みたくなる、という人も少なくはないでしょう。そして、ワインを飲むと恋しくなるのが軽い歯ごたえのある食べ物です。チーズをクラッカーにのせるカナッペは、2つの欲求を満たしてくれる定番おつまみなのです。

大人の贅沢カールも、濃厚なチーズ味とザクザク食感という特徴があり、どちらもワイン好きの本能をくすぐるポイントでもあるわけです。これはワインと一緒に楽しまない手はないですよね。

合わせるワインは、高い物よりデイリーワインがおすすめです。マリアージュの観点もありますが、それ以前に、カジュアルに楽しめるワインのほうが心地よい関係を築けると思います。コンビニでも見かけるようになった”缶ワイン”を一緒に持って、お花見に出かけるのも良いですね。

ワイン業界では、酸がイキイキとした快活なワインを「クリスプ」と表現することがあります。日本でクリスプと言えば、まさに大人の贅沢カールの食感のような印象ですよね。クリスプなおつまみにクリスプなワインを合わせるという、遊び心あふれるマリアージュが楽しめます。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.