「第6回マスターズ オブ ワイン&スピリッツ」が3月25日(土)シンガポールにて開催

世界をリードするラグジュアリー トラベル リテーラーDFSグループは、シンガポールのチャンギ空港と共同で2017年3月25日(土)、今年6年目となる「マスターズ オブ ワイン&スピリッツ」をシンガポールで開催します。

マスターズ オブ ワイン&スピリッツは、世界でも希少且つ最高級な特注ワインやスピリッツのコレクション、生産者、DFSグループのスペシャリスト達の専門知識が結集するエキシビションになります。

シンガポールの歴史あるトラス・ストリート沿いにある厳選されたショップハウスにて開催されるガライベントでは、50を超える伝説的なメーカーから60以上のコニャック、ワイン、およびウイスキーの銘柄が登場します。

希少なお酒が集結

コニャックとウイスキー

コニャックでは世界初となる6Lのクリスタル・デカンタで提供される「レミーマルタン・ルイ13世マチュザレム」、最高のオー・ド・ヴィーから造ったDFS限定ブレンドの「カミュ・ラリシム65年」が集結します。

1715年の創業以来ハウス・オブ・マーテルが初めてリリースする極めて希少である「マーテル・グランドシャンパーニュ1920」、35年から54年のモルト・ウイスキーと35年以上のグレイン・ウイスキーの原酒を慎重にブレンドした「響35年 有田焼・九谷焼」をはじめ、合計27銘柄が展示されます。

日本国外では初登場となる「響35有田焼、九谷焼 限定エディション」は、酒齢35年から54年のモルト・ウイスキーと35年以上のグレイン・ウイスキーの原酒を慎重にブレンドした特別な響です。

シングルモルトスコッチウイスキーからは、ブルックラディ最古にして最上のウイスキーである「ブルックラディ・スペシャルリリース」や、上質で希少な44年物モルトをマスターズ オブ ワイン&スピリッツのために厳選した「グレンフィディック・レア・コレクション1972」があります。

さらにグレンモーレンジィからは同蒸留所で最古のストックから希少さ、熟成期間の長さ、味わいの深さで群を抜くウイスキーを選び出した「グレンモーレンジィ・プライド1974」、シャンパーニュの熟成樽で仕上げた珍しい記念銘柄の「ダルモア50年」、DFSグループのためだけに特注キャビネットを誂えて30ヴィンテージを収めた貴重なセット「ザ・マッカラン・ファイン&レア・トレジャリー・コレクション」といった逸品が揃います。

ワイン

今年のコレクションでは、25銘柄を超えるプレミアムワインやシャンパーニュの傑作も登場し、中でも燦然と輝くのは、ワイン評論家のロバート・パーカーも100点を付けたほどのヴィンテージから4種類のボトルを詰め合わせた「ピラミッド・オブ・シャトー・マルゴー 1990年」といったボルドー地方やシャンパーニュ地方のワインです。

「シャトー・ラフィット・ロートシルト1982 ヴィンテージ アンペリアル」は、2016年にシャトーから蔵出しされたばかりの逸品。焦がしたハーブ、スモーク、シダーの香りが美しい非凡なワインで、6Lボトルでご提供されます。「シャトー・ムートン・ロートシルト 18ヴィンテージ」は、傑作ヴィンテージぞろいの1994年から2012年までを集めたコレクションです。マスターズ オブ ワイン&スピリッツ限定で3セットのみを用意し、1本ずつケースに入れてお届けします。

「ドンペリニョン・マル・P2」は、ドンペリニョンが定義する「第二のプレニチュード」の壮大な歴史が堪能できるセットで、究極のシャンパーニュから選び抜かれたコレクションです。10ヴィンテージから2本ずつをセットにしました。ご購入されたお客様を対象に、ドンペリニョンのあるフランス・シャンパーニュ地方オーヴィレールのプライベート・ツアーにご招待します。

リテーラーによる初の販売となった「マァジ 5 ヴィンテージ・オブ・アマローネ・コスタセラ」は、マァジのフラッグシップであるアマローネ・コスタセラ・クラシコから5ヴィンテージをセットにした商品です。ご購入者には、コスタセラ・ワインの熟成に使用した樹齢100年の木材で造られた美しいデザインの時計がプレゼントされます。

「ペンフォールズ 2012 BIN 707 カベルネ・ソーヴィニヨン・アンペリアル」はボーイング社の創業100周年を記念してリリースされた10本限定のエディションで、ワインと航空機の愛好家には絶対に見逃せない逸品です。

(本コレクションは、3月25日(土)に開催されるマスターズ オブ ワイン&スピリッツのガライベントの後、シンガポールチャンギ空港の第2・第3ターミナル内のDFSチャンギ空港内ワイン&スピリッツ フラッグシップストアで展示販売する予定です。)

 DFSマスターズ オブ ワイン&スピリッツは、DFSグループの看板ともいえるエキシビションプログラム「DFS マスターズ・シリーズ」のひとつです。マスターピース・オブ・タイム (本年12月にマカオで開催予定) もございます。

DFSグループは、ワイン&スピリッツ、化粧品&フレグランス、ウォッチ&ジュエリー、ファッション&アクセサリー、フード&ギフトの5つをラグジュアリーの柱と考えており、中でもマスターズ・シリーズは、他店では味わえない体験をお届けするDFSのリーダーシップとイノベーションの集大成です。

DFSグループからのコメント

DFSグループの会長兼最高経営責任者フィリップ・シャウスのコメントです。

「第6回マスターズ オブ ワイン&スピリッツを3月にシンガポールで開催できること、世界でも極めて洗練された希少なワイン&スピリッツの素晴らしいコレクションをお楽しみいただく機会が提供できたことは、大変光栄です。

今年の限定エディションは、弊社のプロフェッショナルたちが世界各地から調達・厳選したもので、あらゆるコレクターに感動していただける逸品揃いです。本エキシビションで貫いているのは、希少なコレクション1本1本がもたらす、忘れられない特別な瞬間への揺るぎない情熱です」と語ります。

 DFSグループ スピリッツ・ワイン・タバコ部門 シニアバイスプレジデントのブルック・スーパーナウは「今回のコレクションは、DFSグループが厳選したブランドの伝統とクラフツマンシップの結晶であり、弊社との長きにわたる信頼関係を築いてきた証と言えるでしょう。

マスターズ オブ ワイン&スピリッツは、名だたる生産者とその深遠なる知識、そして限定エディションのアイテムに触れることができる大変貴重なエキシビションです。紹介しているアイテムの多くが、極めて貴重な逸品や、DFSでのお取り扱いが1点のみの限定品など、コニャック、ワイン、ウイスキーの究極の姿を映し出しています」と語ります。 

DFS グループ

DFSグループは世界をリードするラグジュアリー トラベル リテーラーです。1960年に香港で創業して以来、グローバルなラグジュアリー トラベル リテール業界の先駆けとして、お客様に3大陸420のメゾンから最も人気の高い700以上の一流ブランドを厳選して提供しています。

現在、DFSのネットワークは、18の主要国際空港での免税店、14都市でのギャラリアを構えるほか、提携先やリゾート地において店舗を展開しています。DFSグループは、世界最大のラグジュアリー コングロマリットである、モエヘネシー・ルイヴィトン社 (LVMH) および、DFS共同創業者であるロバート・ミラー氏を株主とし、9,000名以上のスタッフがお客様にインスピレーションをもたらすようなお買い物体験を創り出しています。

2013年には、2億6000万人以上のお客様に足を運んでいただきました。現在DFSグループは香港に本社を置き、北京、成都、ハワイ、ロサンゼルス、パリ、サンパウロ、遼寧、上海、シンガポール、および東京にオフィスを構えています。詳細はこちら

編集部のコメント
コレクションで提供される限定品やヴィンテージワインは即売り切れてしまいそうな代物ばかりですね。ぜひシンガポール旅行やシンガポールチャンギ空港の乗り換えなどタイミングを合わせて「第6回マスターズ オブ ワイン&スピリッツ」に参加してみてはいかがでしょう。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.