材料は3つだけ!簡単なのにオシャレなしゅうまいロールのホットサンド

三寒四温。まだまだ寒い日もありますが、少しずつ春の気配を感じる季節になりました。桜の開花も、もうすぐですね。桜を愛でるお花見は、お外飲食を楽しめる貴重なイベントです。

そこで、今回はお花見やピクニックなど、屋外で食べる時に大活躍してくれる、「しゅうまいロールのホットサンド」をご紹介しましょう。

シュウマイ、スライスチーズ、食パン、材料はたったの3つだけです。

シュウマイは市販の物で、チルドでも冷凍でも問題ありません。ホットサンドは通常、専用のフライパンやトースターで焼いて作りますが、今回はお手軽にアレンジしました。クルッと巻いて、フライパンで焼くだけの簡単ホットサンド。食パンのカリッと軽やかな食感、シュウマイに絡んだとろけたチーズが絶妙です。

簡単に作れるので、ぜひ作ってみて下さい。

材料:1人分

食パン(8枚切り) 1枚
シュウマイ 3個
スライスチーズ 1枚
オリーブオイル 小さじ1
練り辛子 適宜

【1】食パンは、薄くて巻きやすい8枚切りを使用。作業しやすくする為に、耳は切り落とします。切り落とした耳は、今回は使いません。一口大にカットしてバターでカリカリになるまで炒め、粉チーズをからめるとおつまみラスクになります。

【2】ふわふわした食パンはそのままでは巻きにくいので、麺棒を使って薄く伸ばします。ここでしっかり伸ばしておくと、巻き終わりがほどけにくくなり、この後の作業をしやすくなります。

【3】2にスライスチーズを重ね、シュウマイをのせ、端からクルクル巻きます。スライスチーズは、できれば溶けるタイプの物で。シュウマイへのからみがよくなるのはもちろん、パンとシュウマイを密着させる糊代わりをしてくれます。

【4】フライパンにオリーブオイルを加え、弱火で温めます。3の巻終わりが下になるようにのせ、1~2分ごとに少しずつ転がし、全体がこんがりキツネ色になるよう焼きます。

【5】粗熱をとって4等分にカットします。カット断面が上になるように竹串に刺し、お好みの練り辛子をちょんちょんとのせて出来上がり。

合わせるワイン

お花見ワインには、桜と同じ色のロゼが似合います。華やかな色合いとアロマ、イチゴのようなキュートなニュアンス。甘口ロゼはワインだけでフレッシュなアロマを楽しむ印象がありますが、辛口ロゼは幅広く料理に合う万能選手。お弁当のおかずとも相性バッチリです。

ロゼは味わいだけではなく、目でも楽しめるのが特長。やわらかな桜色、オレンジ色を帯びたサーモン、やや赤みの強いフランボワーズ・・・ロゼカラーは本当にさまざま。その日の気分で口紅やスカーフを選ぶように、ロゼワインを美しい色調でセレクトするのも楽しいですよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.