東急プラザ銀座内フードバル&ワインショップ「TOKUOKA」にて1周年記念イベント「365YEN BAR」が開催

酒類・食品類の小売・卸および輸入事業を行う徳岡が運営する、東急プラザ銀座内にあるフードバル&ワインショップ「TOKUOKA WINE&GOURMET GALLERY GINZA」は、2017年3月31日(金)でオープン1周年になります。3月31日(金)から数量限定で1周年記念イベントとなる「365YEN BAR」を実施します。

365 YEN BAR


TOKUOKAでは高級ワインを試飲できるサービス「リッチテイスティングBar」を展開し、店内のワインサーバーで10ml~75mlの少量から楽しめます。普段はなかなか飲む機会がない新しい「ワインを飲む体験」を提供してきました。

今回、リッチテイスティングBarでは、TOKUOKAオープン1周年を記念し、1年365日にかけて高級ワイン2種類30mlを1杯365円(税込)で提供する「365 YEN BAR」を3月31日(金)から4月2日(日)3日間数量限定で開催します。

期間中はバルスペースにおいても、TOKUOKAおすすめフランスワインを1周年価格グラス1杯365円(税別)で販売します。 ※お一人様各1杯限りとなります。

リッチテイスティングBarにおける365YENメニュー

・シャトー・グリュオ・ラローズ 2010 希望小売価格20,000円(税別)

ラベルには堂々と「王のワイン、ワインの王」と刻まれる、メドック格付け第2級の人気シャトー。重厚かつ優雅なスタイルで多くのファンの心を掴みます。2010年はボルドーのグレート・ヴィンテージです。

・ロッカ・ディ・モンテグロッシ ジェレミア 2011 マグナム 希望小売価格 14,000円(税別)

イタリア・トスカーナ地方の名産地、キャンティ・クラッシコの発祥となったファミリーで、名門貴族の末裔に当たるリカゾーリ家のマルコ氏が手がける秀逸なワインは、華やかな香りと凝縮した甘い果実味が特徴です。

バルスペースにおける365YENメニュー

・SOLO カベルネ・ソーヴィニヨン

「SOLO」はラテン語で「1」。TOKUOKA銀座1周年を記念して、香り豊かで豊潤な赤ワインをグラス1杯365円(税別)で提供します。

ワイン試飲サービス「リッチテイスティングBar」について

TOKUOKAは「世界のワインを、日本ならではの楽しみ方でご提供」をコンセプトとしています。日本ならではのおもてなしの心から、日本人に定着している試食試飲サービス、この日本人の試食試飲を好む習性を背景とし、高級ワインを試飲できるサービス「リッチテイスティングBar」を展開しています。

店内のワインサーバーで32種類のワインを、10ml~75mlの少量からお求めやすい価格でお楽しみいただけ、10万円以上の高級ワイン等、普段はなかなか飲む機会がない、新しい「ワインを飲む体験」を提供します。

TOKUOKA WINE&GOURMET GALLERY GINZA

営業時間:11:00~23:00

公式HP:http://ginza.tokuoka.co.jp

所在地:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座B2F

交通:[東京メトロ]銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅C2出口 徒歩1分

                         日比谷線・千代田線 日比谷駅A1出口 徒歩2分

                         有楽町線 有楽町駅A0出口 徒歩2分

   [都営]三田線 日比谷駅A1出口 徒歩2分

   [JR]山手線・京浜東北線 有楽町駅銀座口 徒歩4分

編集部のコメント
2万円のワインが1杯365円で提供されるとのことです!さまざまな種類のワインを楽しめる絶好の機会になりそうですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.