とろ~りカマンベール入りスパニッシュオムレツ

まだまだ肌寒い日もありますが、春らしくなってきたので、お花見を楽しみにしてる方も多いかと思います。お花見にぴったりの春らしいワインに合うおつまみには、春の食材を使いたいものです。

そこで、今回は春の食材「菜の花」を使ったスパニッシュオムレツをご紹介します。オムレツの中にはカマンベールチーズを入れて、ワインにも合わせられるようにしました。

オムレツは表面が焦げてしまったり、中まで固まらなくて失敗したという話もよく聞くので上手に仕上げるコツも合わせてご紹介します。

材料:4~6人分(1個分:直径20cm程)

菜の花        80g程
醤油         少々
カマンベールチーズ  1個
ベーコン       2枚
卵          4個
A 白だし     大さじ1
A こしょう    少々
A マヨネーズ   10g
A 片栗粉     小さじ1
オリーブオイル  大さじ1
わさびマヨソース
(マヨネーズ30g、白だし小さじ1/3、わさび5g)

作り方

【1】 材料を準備する。菜の花は食感が残るように茹で水気をきり、醤油少々を絡め飾り部分の穂先を8個程残してあとは刻む。カマンベールチーズは8等分に放射状に切り、ベーコンは1cm幅に切る。

【2】 耐熱ボウルに卵を割り、Aを混ぜる。

【3】 菜の花の刻んだもの、ベーコンも混ぜる。

【4】 ラップをして電子レンジで600w-2分加熱し混ぜる。再度ラップをして電子レンジ600w-1分加熱して混ぜる。柔らかい半熟状になる。

【5】 直径20cm程のテフロンフライパンを熱してオリーブ油を入れ全体に馴染ませる。中火にして【4】を流し込みカマンベールチーズを放射状に入れる。

【6】 弱火にし、蓋をして表面が固まってきたら、ひっくり返し少し焼いて出来上がり。

【7】 放射状に切って上に菜の花の穂先をのせる。わさびソースの材料を混ぜ添える。

ポイントは、卵生地にマヨネーズを入れる事で、コクが出てまろやかな味わいになります。

菜の花は、醤油で下味をつける事で卵生地との馴染みもよくなり、飾りの穂先にも味があるので冷めても美味しくいただけます。

最初からフライパンで焼かず、電子レンジで半熟状にしてからフライパンで焼くのは、火の通りも早くなり表面に焼き色がつきすぎず、良い状態で焼けるからです。また、半熟状になることで、中の具も下に沈まず全体にいきわたり、切った時に綺麗な切り口になります。

菜の花とわさびの相性も良いので、今回はわさびマヨソースを添えてみました。

ワインは、スパークリングワインや白ワイン、ロゼワインと合わせてみてください。また、日本ワインの甲州とも相性が良いです。

満開の桜の花の下、菜の花とカマンベールのスパニッシュオムレツとワインで楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.