大人気!揚げずに簡単に作れる『ジューシー焼きチキン南蛮』

春の行楽シーズン到来!お花見、ピクニック、新生活のスタートなど、春はお弁当の機会が増える季節です。お弁当作りの極意は、「持ち運びしやすい」「時間がたってもおいしい」「取りやすく、食べやすい」の3つの条件です。人気のおかず「からあげ」は、この条件を満たすお料理。定番料理には、定番になる理由があるんですね。

今回はからあげをひと工夫した宮崎の郷土料理、チキン南蛮に挑戦してみましょう。

ジューシーなからあげに甘酸とタルタルソースをからめた、贅沢な一品。チキン南蛮はボリューミーで男性に大人気のお料理です。本来は醤油・酢・砂糖・だしをあわせる南蛮酢を使いますが、ここでは手軽に作れるようポン酢で代用しましょう。

しかし、正直なところ揚げ物を作るのは面倒ですよね。残った大量の油の処理も大変ですし…そこで今回は、フライパンで焼く「焼きチキン」をご紹介します。ポイントはフタをしながら焼くこと。水分を循環させることでパサパサになるのを防ぎ、油の中で加熱したようなジューシーな仕上がりになります。

材料:2人分

鶏肉(もも) 1枚
塩 小さじ1/2
小麦粉 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ポン酢 大さじ2~4
卵 1個
ピクルス 20g

A マヨネーズ  大さじ2
A オリーブオイル 大さじ1
A 塩コショウ少々

作り方

【1】鶏肉を一口大にカットし、塩をふって小麦粉をまぶします。ポリ袋に入れ、息をふっと入れて風船のようにふくらませ、フリフリすると均一に薄づきする上に、洗い物も減らせます。 

【2】フライパンにオリーブオイルを加えて熱し、【1】を焼きます。重ならないように並べて蓋をし、途中裏返しながら中火で7~8分。全体がパリッとし、こんがり色づいたら取り出します。 

【3】【2】にポン酢をからめます。ポン酢の分量は大さじ2~4。あっさり薄味がお好きな方は少なめに、しっかり濃いめの味付けが好きな方は多めに、お好みで調整してください。 

【4】卵は沸騰してから10分茹でて冷水にとり、殻をむいて粗みじんに。ピクルスも一緒に粗みじんに刻みます。Aと一緒に混ぜてタルタルソースの完成。タルタルソースにはオリーブオイルを加えると、風味をまとめてワインコンシャスに仕上がります。盛り付けた【3】にたっぷりかけて、出来上がり。

ワインをあわせるなら、シャルドネなどコクの深い重めの白ワイン、ロゼワインあたりがピッタリです。ポン酢の量を多めにして作ったなら、CAVAなど泡が元気なスパークリングワインを、キンと冷やして合わせるのも楽しいですよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.