春のお祭りイースター!出来立て手作り温泉卵をイタリアンにアレンジしてワインのお供に

春のイベントとして広まりつつある「イースター」は、キリスト教の復活祭です。

春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日に、イエス・キリストの復活をお祝いするのですが、具体的には卵を見つける遊びをしたり、クリスマスのように家族でご馳走を食べたりします。

イースターが近くなると、カフェなどで卵のお料理をよく見かけるようになります。黄色は春らしい色なので、卵料理はこの時期のおもてなしにもいいですね。

今回は卵料理の中でも人気が高い「温泉卵」の失敗しない作り方と、ワインのお供にピッタリなアレンジレシピを紹介します。

失敗しない温泉卵の作り方

【材料】
卵  4個

作り方

【1】厚手の鍋に1ℓの湯を沸かし、火を止める。常温の水を200ml加える。常温の卵を入れて蓋をし、12分置く。

【2】卵を取り出して10分ほど置いたら完成です。

ポイントは卵を常温に戻しておくことです。温度計を使わなくても、水の分量と時間をはかるだけで失敗なくできますよ。

温泉卵が出来上がったら、アレンジレシピを試してみましょう!

温泉卵に、グリーンオリーブや粉チーズをトッピングして仕上げます。温泉卵は出汁醤油などをかけて和風の味付けにし、日本酒に合わせることが多いですが、洋風にするとワインによく合う前菜に仕上がります。

刻みオリーブとアンチョビのイタリアン温泉卵

【材料】
グリーンオリーブ  10個
粉チーズ      大さじ1
アンチョビ     適量
オリーブ油     適量
塩、黒胡椒     適量

作り方

【1】グリーンオリーブをみじん切りにする

【2】器に温泉卵を割り入れ、グリーンオリーブ、粉チーズ、アンチョビをのせ、オリーブ油をかける。

【3】塩と黒胡椒で仕上げる。

卵の殻の上の方だけを切り取り、トッピングすると見た目もおしゃれですね。スプーンですくってバケットにのせても美味しいです。

合わせるワインは、酸味が少なく、軽やかでフルーティーな白ワインがおすすめです。

卵のまろやかさをさっぱりとさせてくれるスパークリングワインもよく合います。イースターの時期に、目先の変わった温泉卵の前菜をぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.