春のお祭りイースター!出来立て手作り温泉卵をイタリアンにアレンジしてワインのお供に

春のイベントとして広まりつつある「イースター」は、キリスト教の復活祭です。

春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日に、イエス・キリストの復活をお祝いするのですが、具体的には卵を見つける遊びをしたり、クリスマスのように家族でご馳走を食べたりします。

イースターが近くなると、カフェなどで卵のお料理をよく見かけるようになります。黄色は春らしい色なので、卵料理はこの時期のおもてなしにもいいですね。

今回は卵料理の中でも人気が高い「温泉卵」の失敗しない作り方と、ワインのお供にピッタリなアレンジレシピを紹介します。

失敗しない温泉卵の作り方

【材料】
卵  4個

作り方

【1】厚手の鍋に1ℓの湯を沸かし、火を止める。常温の水を200ml加える。常温の卵を入れて蓋をし、12分置く。

【2】卵を取り出して10分ほど置いたら完成です。

ポイントは卵を常温に戻しておくことです。温度計を使わなくても、水の分量と時間をはかるだけで失敗なくできますよ。

温泉卵が出来上がったら、アレンジレシピを試してみましょう!

温泉卵に、グリーンオリーブや粉チーズをトッピングして仕上げます。温泉卵は出汁醤油などをかけて和風の味付けにし、日本酒に合わせることが多いですが、洋風にするとワインによく合う前菜に仕上がります。

刻みオリーブとアンチョビのイタリアン温泉卵

【材料】
グリーンオリーブ  10個
粉チーズ      大さじ1
アンチョビ     適量
オリーブ油     適量
塩、黒胡椒     適量

作り方

【1】グリーンオリーブをみじん切りにする

【2】器に温泉卵を割り入れ、グリーンオリーブ、粉チーズ、アンチョビをのせ、オリーブ油をかける。

【3】塩と黒胡椒で仕上げる。

卵の殻の上の方だけを切り取り、トッピングすると見た目もおしゃれですね。スプーンですくってバケットにのせても美味しいです。

合わせるワインは、酸味が少なく、軽やかでフルーティーな白ワインがおすすめです。

卵のまろやかさをさっぱりとさせてくれるスパークリングワインもよく合います。イースターの時期に、目先の変わった温泉卵の前菜をぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.