お花見やアウトドアではプラスチック製ワイングラスで美味しく飲もう!

お花見には美味しいお料理に加えお酒が欠かせませんが、ビールや日本酒を飲んでいる人は結構見かけるもののワインを飲んでいる人はそんなに見かけませんよね。

お花見に繊細なワイングラスを持って行くと割ってしまう可能性があり、かと言って紙コップで飲んではムードもへったくれもないから嫌だという人が多いからではないでしょうか。

そこで今回は「お花見でワインを飲みたいけれど、せっかくのムードも大事にしたい!」という人にうってつけの、プラスチック製のワイングラスをご紹介したいと思います。

KINTOのワイングラス

使い心地と佇まいにこだわったキッチン・インテリア雑貨などのメーカー・KINTO(キントー)のワイングラスは、様々な形やカラーがリリースされています。素材はAS樹脂(アクリロニトリスチレン)。耐熱温度が90℃で食洗機で洗うこともできます。しっかりとした造りで手に馴染みやすく、とても軽いために持ち運びにも便利なんですよ。

早速シャンパングラスのタイプをお花見に使用してみましたが、さすがに唇に触れる部分は分厚いものの、屋外でワインを飲む雰囲気を楽しむにはうってつけでしたよ。お値段も500円台からとリーズナブル。

洗って繰り返し使えるので、お子さんがいる家庭でも重宝するのではないでしょうか。

 

使い捨てのワイングラス

一方で、使い捨てのワイングラスは各メーカーから販売されています。本体部分と台座部分がセパレートしており、使用するときは簡単に組立てることができます。使用後はゴミとして捨てることができるんですよ。

ワインを振る舞うような野外イベントではよく見るタイプで、1脚分がだいたい100円~200円程度でセット販売されています。

自宅ではガラス製のグラスしか使わないけれど野外に持ち出す勇気はないという人、身軽になって帰りたいという人にオススメです。

お花見は手軽に、ムードも大切に

ただでさえ準備が大変なお花見やアウトドア。どうしてもという場合はガラス製のワイングラスを持っていけないこともありません。しかし、持ち運ぶ間に割れてしまったり、みんなで盛り上がっている時に割ってしまっては楽しい雰囲気も台無しです。

気を張らず日常を忘れてワインを楽しみたいという人は、ぜひ一度プラスチック製のワイングラスをお試しになってみてくださいね。

ホームページ
お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、知識を深め、ワインエキスパートの資格を取得。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.