スペイン王室御用達ワイナリー「コドーニュ」より「BARCELONA(バルセロナ)1872」日本限定発売

 

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、カバ(スペイン産スパークリングワイン)の本場スペインNo.1ブランドであり、スペイン王室御用達ワイナリーである「コドーニュ」から「BARCELONA(バルセロナ)1872」を、6月27日(火)より全国で発売します。

年々増えるスパークリングワインの需要

日本におけるスパークリングワインの需要は年々増えています。(※2)。この背景には幸せな時間を誰かと共に楽しみたいお客さまの心理が後押ししていました。そこで当社とコドーニュ社は、「スパークリングワインのある幸せな時間」を楽しんでいただくことを目的に、両社にとって初の試みとなるコンセプト立案からの共同商品開発を行いました。

 ※2 インテージSRI スパークリングワイン市場 推計販売規模(金額・容量) 2012年1月-2016年12月/全国/業態(SM計)

コンセプトは「親しい人たちと手の届く幸せな時間の扉を開けるスパークリングワイン」

「BARCELONA(バルセロナ)1872」は、

・スパークリングワインを飲むシーン

・スパークリングワインを飲む時に感じる期待・価値などの心理

それらに対応出来るスパークリングワインとして具現化した新商品です。コドーニュ社の本拠地バルセロナの明るくオープンな雰囲気をイメージしたパッケージとスペイン王室御用達ワイナリーによる果実味あふれる確かな味わいが開発コンセプトを表現しています。

コドーニュ社について

 1551年に創業された、バルセロナ近郊、ペネデスのサン・サドゥルニ・デ・ノヤに本拠を構えるワイナリーです。コドーニュ社は、1872年にスペインで初めてシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法によるスパークリングワインを製造。これが『カバ(CAVA)』の誕生となりました。

1897年にカバで初めてのスペイン王室御用達ワイナリーに指定され、今日に至るまで王室にカバを供給し続けています。メルシャン社はコドーニュ社と販売代理店契約開始から今年で40周年を迎えます。

味わいについて

スペインの太陽の下で育まれたブドウを使用。「コドーニュ」らしいはつらつとした果実味とシャルドネ由来のシャープさのバランスに優れた味わいです。瓶内二次発酵による細やかな泡立ちが楽しめる辛口スパークリングワインです。

編集部のコメント

確かにスパークリングワインを飲もうって思うときって、なにかテンションがあがることがあったりしますよね。「BARCELONA(バルセロナ) 1872」を通じて、ぜひ、スパークリングワインと触れ合ってみてくださいね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.