スペイン王室御用達ワイナリー「コドーニュ」より「BARCELONA(バルセロナ)1872」日本限定発売

 

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、カバ(スペイン産スパークリングワイン)の本場スペインNo.1ブランドであり、スペイン王室御用達ワイナリーである「コドーニュ」から「BARCELONA(バルセロナ)1872」を、6月27日(火)より全国で発売します。

年々増えるスパークリングワインの需要

日本におけるスパークリングワインの需要は年々増えています。(※2)。この背景には幸せな時間を誰かと共に楽しみたいお客さまの心理が後押ししていました。そこで当社とコドーニュ社は、「スパークリングワインのある幸せな時間」を楽しんでいただくことを目的に、両社にとって初の試みとなるコンセプト立案からの共同商品開発を行いました。

 ※2 インテージSRI スパークリングワイン市場 推計販売規模(金額・容量) 2012年1月-2016年12月/全国/業態(SM計)

コンセプトは「親しい人たちと手の届く幸せな時間の扉を開けるスパークリングワイン」

「BARCELONA(バルセロナ)1872」は、

・スパークリングワインを飲むシーン

・スパークリングワインを飲む時に感じる期待・価値などの心理

それらに対応出来るスパークリングワインとして具現化した新商品です。コドーニュ社の本拠地バルセロナの明るくオープンな雰囲気をイメージしたパッケージとスペイン王室御用達ワイナリーによる果実味あふれる確かな味わいが開発コンセプトを表現しています。

コドーニュ社について

 1551年に創業された、バルセロナ近郊、ペネデスのサン・サドゥルニ・デ・ノヤに本拠を構えるワイナリーです。コドーニュ社は、1872年にスペインで初めてシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法によるスパークリングワインを製造。これが『カバ(CAVA)』の誕生となりました。

1897年にカバで初めてのスペイン王室御用達ワイナリーに指定され、今日に至るまで王室にカバを供給し続けています。メルシャン社はコドーニュ社と販売代理店契約開始から今年で40周年を迎えます。

味わいについて

スペインの太陽の下で育まれたブドウを使用。「コドーニュ」らしいはつらつとした果実味とシャルドネ由来のシャープさのバランスに優れた味わいです。瓶内二次発酵による細やかな泡立ちが楽しめる辛口スパークリングワインです。

編集部のコメント

確かにスパークリングワインを飲もうって思うときって、なにかテンションがあがることがあったりしますよね。「BARCELONA(バルセロナ) 1872」を通じて、ぜひ、スパークリングワインと触れ合ってみてくださいね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.