フランス・ボルドー名門ドゥルト社の「ドゥルト bボルドー 750ml」をリニューアル

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、フランス・ボルドーの名門ドゥルト社の伝統的なフランスワインを気軽に楽しめる「ドゥルト bボルドー 750ml」のパッケージが刷新され、より気軽に楽しめるハーフボトル(375ml)と共に、4月4日(火)より、全国で発売中!

フランス・ボルドー名門ドゥルト社

1840年創業で、ボルドーの70以上ものシャトーと独占契約し、技術支援を行うフランスのトップネゴシアン。自ら9つのシャトーを保有し、「ヌメロ・アン」をはじめとするブランドワインの生産者としても知られており、自社畑・契約畑に関わらず、ブドウ栽培の段階からワインの品質向上に努めています。

「bボルドー」

「bボルドー」は、ドゥルト社がボルドーワインならではのベストバランスを追求し、ボルドーの代表品種を使用し、果実味を重視して造り上げました。

樽熟成により、意図的に重厚感を高めたボルドーワインが多い中、名門ネゴシアンの知見を生かして造りました。ブドウ本来の個性ある味わいを忠実に表現するため、ステンレスタンクで醸造・熟成を行っており、フレッシュな果実感とボルドーらしい洗練された味わいが楽しめます。

刷新されたラベルデザイン

ラベルに描かれた「b」のデザインを見直すことにより、視認性を高め、bボルドーの「b」に込められた3つの意味をより伝わりやすくしました。

さらにフランス、ボルドーワインの中ではめずらしいスクリューキャップ。開けやすく保存も簡単で、しかも安定した品質をお届けできます。

「bボルドー」の「b」に込められた3つの意味

 (1)Bordeaux「王道、まさしくボルドーを代表する“b”」

 (2)Best Balance「味わいのベストバランスを追求する“b”」

 (3)Benchmark「ボルドーワインの品質のベンチマーク(指標)たる“b”」

2002年に発売した「ドゥルト bボルドー 750ml」は今年で発売15年目!

「ドゥルト bボルドー」シリーズに込められた意味をより伝わりやすいデザインにリニューアルし、更にハーフボトルをご提供することで、より一層のお客さまとの接点を拡大し、ワイン市場のさらなる活性化を図ります。

編集部のコメント

名門ワイナリーの本格的なボルドーワインがハーフボトルで楽しめるのはうれしいですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.