フランス・ボルドー名門ドゥルト社の「ドゥルト bボルドー 750ml」をリニューアル

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、フランス・ボルドーの名門ドゥルト社の伝統的なフランスワインを気軽に楽しめる「ドゥルト bボルドー 750ml」のパッケージが刷新され、より気軽に楽しめるハーフボトル(375ml)と共に、4月4日(火)より、全国で発売中!

フランス・ボルドー名門ドゥルト社

1840年創業で、ボルドーの70以上ものシャトーと独占契約し、技術支援を行うフランスのトップネゴシアン。自ら9つのシャトーを保有し、「ヌメロ・アン」をはじめとするブランドワインの生産者としても知られており、自社畑・契約畑に関わらず、ブドウ栽培の段階からワインの品質向上に努めています。

「bボルドー」

「bボルドー」は、ドゥルト社がボルドーワインならではのベストバランスを追求し、ボルドーの代表品種を使用し、果実味を重視して造り上げました。

樽熟成により、意図的に重厚感を高めたボルドーワインが多い中、名門ネゴシアンの知見を生かして造りました。ブドウ本来の個性ある味わいを忠実に表現するため、ステンレスタンクで醸造・熟成を行っており、フレッシュな果実感とボルドーらしい洗練された味わいが楽しめます。

刷新されたラベルデザイン

ラベルに描かれた「b」のデザインを見直すことにより、視認性を高め、bボルドーの「b」に込められた3つの意味をより伝わりやすくしました。

さらにフランス、ボルドーワインの中ではめずらしいスクリューキャップ。開けやすく保存も簡単で、しかも安定した品質をお届けできます。

「bボルドー」の「b」に込められた3つの意味

 (1)Bordeaux「王道、まさしくボルドーを代表する“b”」

 (2)Best Balance「味わいのベストバランスを追求する“b”」

 (3)Benchmark「ボルドーワインの品質のベンチマーク(指標)たる“b”」

2002年に発売した「ドゥルト bボルドー 750ml」は今年で発売15年目!

「ドゥルト bボルドー」シリーズに込められた意味をより伝わりやすいデザインにリニューアルし、更にハーフボトルをご提供することで、より一層のお客さまとの接点を拡大し、ワイン市場のさらなる活性化を図ります。

編集部のコメント

名門ワイナリーの本格的なボルドーワインがハーフボトルで楽しめるのはうれしいですね。

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.