星野リゾート トマムにて6月1日(木)~9月30日(土)の期間限定で「北海道チーズビュッフェ」が開催!

北海道最大級の滞在型リゾート「星野リゾート トマム」にて、2017年6月1日(木)~9月30日(土)の間限定で新メニュー「北海道チーズビュッフェ」が登場します。ホテル「ザ・タワー」の中庭で毎年開催される「焚き火ワインバー」にて実施され、北海道のチーズとはちみつやドライフルーツなどの組み合わせから、お好みのものをチョイスし、ワインと一緒に楽しめます。

ワインとチーズ、+αのマリアージュ

当ホテルのスタッフが選ぶ北海道のチーズの中から、白カビチーズを中心に毎日10種類前後用意します。ワインも50種類以上取りそろえ、そのうち20種類は北海道のワインです。チーズに合うはちみつやドライフルーツも10種類前後⽤意し、ワインと合わせると最大500通りの味のバリエーションを楽しめます。お好みの組み合わせを探すこともチーズビュッフェの楽しみの一つです

おすすめのマリアージュ

味のマリアージュ・・・奥尻ワイナリー シャルドネ×共働学舎 ラクレット+インカの⽬覚め(じゃがいも)

奥尻島で潮⾵を受けて育ったワインは天然ミネラルが豊富で、海を感じる味わいが特徴的です。そのなかでも黄金色に輝くシャルドネは、キリッとした辛口の味わいと、加熱したラクレットを合わせることで深みが出ます。北海道を代表するインカの目覚めは、凝縮された甘味が特徴で、ワインと合わせることで素材の味わいが一層楽しめます。

色のマリアージュ・・・千歳ワイナリー北ワイン ピノノワール×⽩糠酪恵舎 ロビオーラ+はちみつ

ピノノワールは色合いがやや紫がかったルビー色が美しく、そこに同じ色彩として、表皮はオレンジ色に変化するチーズ「ロビオーラ」を合わせることでワインの味わいが増します。このチーズに少量のはちみつを加えると風味が増し、さらに深みのある味わいへ変化することも楽しめます。

 香りのマリアージュ・・・富良野ワイナリー シャトーふらの×共働学舎 コバン+枝付きレーズン

シャトーふらのは、果実香のなかに品種特有の植物的な香りが特徴のワインです。熟した果実の⽢い⾹りで⾆触りなめらかな赤ワインは、コバンと良く合います。コバンは白カビチーズで、カマンベールより滑らかでミルキーな風合いです。この二つを合わせると、香りが凝縮され、風味を楽しむことができ、さらにドライフルーツを合わせると果実本来の⽢味や香りが増し、⾵味が立ちます。

トマムの夏の風物詩「焚き火ワインバー」

焚き火ワインバーは今年で4年目を迎えるホテル「ザ・タワー」の中庭で楽しめるイベントです。バイオリンやサックスなどの日替わりの生演奏も、期間中は毎日開催され、焚き火の暖かな灯りの下、豊富なワインとチーズを堪能できます。広大な大地に抱かれた夜の滞在を盛り上げます。

期間:2017年6月1日~9月30日

時間:19:00~22:00

場所:ザ・タワーウェルカムコート

予約:不要

料金:参加費無料、ワイン 700円~、チーズビュッフェ 1名 1,900円

チーズビュッフェに含まれるもの:チーズ約10種類、チーズに合わせるはちみつやドライフルーツなど 約10種類

備考:生演奏は19:00~、20:00~、各回30分

対象:宿泊者・日帰りいずれも可

星野リゾート トマム

北海道の中心に位置する滞在型リゾート。「ザ・タワー」、「リゾナーレトマム」を中心に、様々なアウトドアアクティビティが楽しめます。壮大な雲海が見られる「雲海テラス」、インドアウェイブプール「ミナミナビーチ」、最大20店舗以上の多彩なレストランを有する北海道でも最大級のリゾートホテルです。

〒079-2204
北海道勇払郡占冠村字中トマム/客室数 ザ・タワー 535室、リゾナーレトマム 200室

http://www.snowtomamu.jp/

編集部のコメント

北海道はチーズはじめ乳製品が豊富で、ワインも近年色んなものが登場していますね。ぜひこの贅沢なマリアージュを焚き火ワインバーで楽しみませんか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.