山梨ワインと肉を楽しむガーデンフェス 2017を4月30日に開催!

フジプレミアムリゾートは、2017年4月30日(日)、山梨県を中心とした国産ワインのテイスティングとワインに合うお料理をお楽しみいただくイベントを開催いたします。

日本ワインと触れ合う事の出来る「青空イベント」

「山梨ワインと肉を楽しむガーデンフェス 2017」は、日本ワインと触れ合い、理解を深めることのできる青空イベントです

イベントでは、楽しいラインナップをご用意。

フジプレミアムリゾート宿泊券など豪華賞品付きの『長谷部 賢のワインクイズ&ブラインドテイスティング大会』、バーベキューマスターウッチー内山氏の焼くグリルステーキや、ホテルニューオータニ「RANSEN はなれ」の協力による朝採れ野菜のラクレットチーズなどのお料理など。

また、会場内では全国的に有名な地元高等学校ジャズバンド部など多くのアーティストが青空ライブを繰り広げイベントを盛り上げます!

イベントへの思い

現在日本は「第7次ワインブーム」といわれ、コンビニ・スーパーでも気軽にワインが購入できる環境になってきています。

しかしながら、海外のワインに比べ日本のワインは生産量が少ないことから流通量も少なく、価格的にも海外のワインに比べ比較的高価であることから、気軽に飲める機会が少ないのが現状です。

そこでフジプレミアムリゾートは、山梨ワインをはじめとする国産ワインを全国より収集し、日本ワインと触れ合う機会を皆さまに提供し、その理解を深めるイベントを定期的に開催。さらに将来的には、海外のお客さまへの提供も含め、日本ワインを中心とした「ワインリゾート」を実現していきたいとも考えております。

今回のイベントは、その一環としてゴールデンウィークにふさわしい「青空イベント」として企画・実施させていただくものです!

■開催概要

主催:フジプレミアムリゾート

日時:2017年4月30日(日) 10:00~16:00

会場:フジプレミアムリゾート内「フォレストパーク」

 (山梨県南都留郡富士河口湖町小立7139-1)

参加費:チケット制

・前売り券:2,000円(チケット200円×12枚綴り)

+500円(グラスデポジット) ※400円分お得です。

・当日券2,000円(チケット200円×10枚綴り)

+500円(グラスデポジット)

URL:http://www.fuji-premium-resort.jp/images/index/center/wine_fes_0430_hp.pdf

出店ワイナリー

中央葡萄酒株式会社( http://grace-wine.com )

丸藤葡萄酒工業株式会社( http://www.rubaiyat.jp )

蒼龍葡萄酒株式会社( http://www.wine.or.jp/soryu )

本坊酒造株式会社( https://www.hombo.co.jp/marswine )

メルシャン株式会社( http://chateaumercian.com/brand )

豪華な監修メンバー

本イベントは、日本ソムリエ協会(JSA)認定シニアソムリエ長谷部 賢氏(第9回ワインアドバイザー全国選手権大会優勝)、日本バーベキュー協会(JBBQA)認定バーベキューマスターウッチー内山氏および東京赤坂ホテルニューオータニのワインバー「RANSEN はなれ」に監修いただきました。

■長谷部 賢/シニアソムリエ( http://www.hasebeken.jp/ )

1967年山梨県大月市生まれ。同市長谷部酒店代表。日本ソムリエ協会(JSA)認定シニアソムリエ、ボルドー公認講師(2017年現在日本人は9名)などの資格を持つ。2013年、第9回ワインアドバイザー全国選手権大会において優勝。2011年9月より甲州市勝沼町において、ワインとイタリア料理を楽しむ「勝沼食堂パパソロッテ」を開店。2016年より日本ソムリエ協会執行役員に就任。「ワイン笑講座」・ワイン会の主宰、テレビ・ラジオ出演、セミナー講座、執筆・寄稿などのほか、ワインコンクールの審査員を務めるなど、ワインの普及に情熱を注いでいる。

■ウッチー内山/バーベキューマスター( http://www.shonanbbq.jp/ )

1968年東京都生まれ。茅ヶ崎市にて日本には数少ない本格テキサスBBQレストラン「SHONAN BAR-B-Q」経営。日本バーベキュー協会(JBBQA)認定バーベキューマスター。日本バーベキュー協会湘南支部『湘南バーベキュー協会』代表。近年のアウトドア・グランピングブームとともに、テレビなどのメディア・イベントなどにも登場し、国内外問わずに活躍の場を広げている。

■「RANSEN はなれ」( http://www.ransen.jp/ )

東京都千代田区紀尾井町のホテルニューオータニ本館にある「日本料理 紀尾井町 藍泉」に併設するワインバー。フランス、カリフォルニアワインを中心として、日本料理とのマリアージュを提供している。

その他、各種のカクテル、世界中の希少性の高いモルトウィスキーなども提供している。

編集部のコメント

青空のもと、音楽を聴きながらワインが飲める楽しい時間が過ごせそうですね!直接ワイナリーの人と触れ合いながら日本のワインを楽しめるのも貴重な体験ですよね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.