自分で作るより美味しい!グルメ缶詰「タコのアヒージョ」

「お家でバルのおいしさ」をコンセプトにした、ワインによく合うグルメ缶詰、アライドコーポレーション”家バル”シリーズ。

鶏肉とオリーブのトマト煮、ポークパテ、ムール貝のスモーク、牛肉とトマトの赤ワイン煮など、スペインバルで人気のタパス(小皿料理)をイメージした14品をラインナップ。
その中から今回は、筆者の一番のお気に入り「タコのアヒージョ」をご紹介します。

タコのアヒージョは、オリーブオイルにニンニクと唐辛子を加え、タコを加えてコトコト加熱するお料理。作り方はいたって簡単ですが、タコは加熱するとどうしても硬くなってしまうのです。

柔らかに仕上げる為には、
上質なタコを加熱前にたたく
一度冷凍して細胞を壊す
ネギと一緒に弱火で下茹でする

などいろいろありますが・・・いずれにしても、レストランでいただくあの柔らかな食感には程遠いのです。

家バル・タコのアヒージョのタコは、柔らかすぎる!とつぶやきたくなるほど柔らかで、しっかり濃厚な旨みに驚かされます。ガッツリ効かせたニンニクと唐辛子の辛み、しかしそのインパクトにタコの旨みの濃さが負けていません。

アヒージョの醍醐味を堪能するなら、やっぱりアツアツが一番。箱入り缶詰は、缶にシールなどが一切ないので、蓋をあけてそのままガス火にかけられとっても便利。旨みたっぷりの絶品オイルは、一滴でもふきこぼしたくない!缶の底から炎がはみ出さぬよう、火加減は慎重に調節しましょう。器に移したりせず、気取らずそのまま楊枝でパクパク。グルメ缶詰の醍醐味を実感できます。

ひと手間かけてアレンジするなら、温野菜やパスタに和えたり、バゲットにのせたりと、素材缶として使うのも手。私のイチオシは、茹でたジャガイモにスープごとかけ、フォークの背で潰しながらいただくガリシア風。柔らかなタコとマッシュポテトのコラボに、最後に残るピリッとした辛さが後を引きます。

シーフードには白ワインをあわせるのがセオリーですが、家バル・タコのアヒージョは辛みのインパクトが強いので、赤ワインの方が合わせやすそうです。軽すぎず、重すぎず、ミディアムボディのカベルネソーヴィニヨンなど、コンビニクラスの物からチョイス。ちょっとひねって、甘口スパークリングワインを合わせても楽しいですよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.