自分で作るより美味しい!グルメ缶詰「タコのアヒージョ」

「お家でバルのおいしさ」をコンセプトにした、ワインによく合うグルメ缶詰、アライドコーポレーション”家バル”シリーズ。

鶏肉とオリーブのトマト煮、ポークパテ、ムール貝のスモーク、牛肉とトマトの赤ワイン煮など、スペインバルで人気のタパス(小皿料理)をイメージした14品をラインナップ。
その中から今回は、筆者の一番のお気に入り「タコのアヒージョ」をご紹介します。

タコのアヒージョは、オリーブオイルにニンニクと唐辛子を加え、タコを加えてコトコト加熱するお料理。作り方はいたって簡単ですが、タコは加熱するとどうしても硬くなってしまうのです。

柔らかに仕上げる為には、
上質なタコを加熱前にたたく
一度冷凍して細胞を壊す
ネギと一緒に弱火で下茹でする

などいろいろありますが・・・いずれにしても、レストランでいただくあの柔らかな食感には程遠いのです。

家バル・タコのアヒージョのタコは、柔らかすぎる!とつぶやきたくなるほど柔らかで、しっかり濃厚な旨みに驚かされます。ガッツリ効かせたニンニクと唐辛子の辛み、しかしそのインパクトにタコの旨みの濃さが負けていません。

アヒージョの醍醐味を堪能するなら、やっぱりアツアツが一番。箱入り缶詰は、缶にシールなどが一切ないので、蓋をあけてそのままガス火にかけられとっても便利。旨みたっぷりの絶品オイルは、一滴でもふきこぼしたくない!缶の底から炎がはみ出さぬよう、火加減は慎重に調節しましょう。器に移したりせず、気取らずそのまま楊枝でパクパク。グルメ缶詰の醍醐味を実感できます。

ひと手間かけてアレンジするなら、温野菜やパスタに和えたり、バゲットにのせたりと、素材缶として使うのも手。私のイチオシは、茹でたジャガイモにスープごとかけ、フォークの背で潰しながらいただくガリシア風。柔らかなタコとマッシュポテトのコラボに、最後に残るピリッとした辛さが後を引きます。

シーフードには白ワインをあわせるのがセオリーですが、家バル・タコのアヒージョは辛みのインパクトが強いので、赤ワインの方が合わせやすそうです。軽すぎず、重すぎず、ミディアムボディのカベルネソーヴィニヨンなど、コンビニクラスの物からチョイス。ちょっとひねって、甘口スパークリングワインを合わせても楽しいですよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.