自分で作るより美味しい!グルメ缶詰「タコのアヒージョ」

「お家でバルのおいしさ」をコンセプトにした、ワインによく合うグルメ缶詰、アライドコーポレーション”家バル”シリーズ。

鶏肉とオリーブのトマト煮、ポークパテ、ムール貝のスモーク、牛肉とトマトの赤ワイン煮など、スペインバルで人気のタパス(小皿料理)をイメージした14品をラインナップ。
その中から今回は、筆者の一番のお気に入り「タコのアヒージョ」をご紹介します。

タコのアヒージョは、オリーブオイルにニンニクと唐辛子を加え、タコを加えてコトコト加熱するお料理。作り方はいたって簡単ですが、タコは加熱するとどうしても硬くなってしまうのです。

柔らかに仕上げる為には、
上質なタコを加熱前にたたく
一度冷凍して細胞を壊す
ネギと一緒に弱火で下茹でする

などいろいろありますが・・・いずれにしても、レストランでいただくあの柔らかな食感には程遠いのです。

家バル・タコのアヒージョのタコは、柔らかすぎる!とつぶやきたくなるほど柔らかで、しっかり濃厚な旨みに驚かされます。ガッツリ効かせたニンニクと唐辛子の辛み、しかしそのインパクトにタコの旨みの濃さが負けていません。

アヒージョの醍醐味を堪能するなら、やっぱりアツアツが一番。箱入り缶詰は、缶にシールなどが一切ないので、蓋をあけてそのままガス火にかけられとっても便利。旨みたっぷりの絶品オイルは、一滴でもふきこぼしたくない!缶の底から炎がはみ出さぬよう、火加減は慎重に調節しましょう。器に移したりせず、気取らずそのまま楊枝でパクパク。グルメ缶詰の醍醐味を実感できます。

ひと手間かけてアレンジするなら、温野菜やパスタに和えたり、バゲットにのせたりと、素材缶として使うのも手。私のイチオシは、茹でたジャガイモにスープごとかけ、フォークの背で潰しながらいただくガリシア風。柔らかなタコとマッシュポテトのコラボに、最後に残るピリッとした辛さが後を引きます。

シーフードには白ワインをあわせるのがセオリーですが、家バル・タコのアヒージョは辛みのインパクトが強いので、赤ワインの方が合わせやすそうです。軽すぎず、重すぎず、ミディアムボディのカベルネソーヴィニヨンなど、コンビニクラスの物からチョイス。ちょっとひねって、甘口スパークリングワインを合わせても楽しいですよ。

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.