注目の日本固有品種『甲州』から4銘柄の2016年ヴィンテージが登場

メルシャン株式会社は、2016年に収穫された日本固有のブドウ品種「甲州」を使用した日本ワイン「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2016 」、「同 甲州グリ・ド・グリ 2016」、「同 山梨甲州 2016」の3種の新ヴィンテージと、新商品として「同 岩崎甲州 2016」を5月16日(火)より全国で発売します。

日本のワイン造りは、今年140年

シャトー・メルシャンの源流である日本初の民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」は、140年前の明治10年(1877年)に誕生しました。同社は、2人の青年(高野正誠と土屋龍憲)をフランスに派遣し、ブドウ栽培と醸造技術を学ばせ、本格的なワイン造りを開始しました。

記念すべき本年に、日本のワイン造りの基礎を作った2人の青年の生家である高野家と土屋家のブドウを使用したワインを新発売します。

甲州ブドウにとっての2016年は

2016年は暖冬で、4月の気温は観測史上3番目に高く、その後も天候に恵まれ甲州ブドウの開花は過去10年で最も早かった昨年と同日。梅雨入り後は晴天に恵まれ、猛烈な暑さとなりましたが、お盆すぎから昼夜の温度差が大きくなりました。

9月は上旬までは晴れの日が続き、10月に入ってからも天候に留意しながら適熟を待って収穫した2016年は、甲州ブドウにとって恵まれたヴィンテージとなりました。

そんな甲州ブドウで造った新ヴィンテージが登場します。

 

「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2016」

甲州ワインというジャンルにおいて、全く新しいスタイルを生み出した「甲州きいろ香」は、「香り」のポテンシャルを引き出すため、ワインの香りの世界的権威であるボルドー大学デュブルデュー研究室との共同プロジェクトにて開発されたワインです。

「シャトー・メルシャン甲州グリ・ド・グリ 2016」

淡く灰色がかった(灰色=仏語でGris)赤紫色の甲州ブドウ。「この色の付いた果皮の周りにおいしさがあるのでは?」という仮説をもとに赤ワイン的な造りの要素を入れたキュヴェをいくつかの方法で仕込み、それらをバランスよくアサンブラージュしました。

「シャトー・メルシャン 山梨甲州 2016」

山梨県の甲州ブドウを使用し、渋みとうまみの豊かな甲州ブドウの個性ある味わいをシュール・リー製法により引き出しています。柔らかく厚みと豊かさが感じられる辛口の甲州ワインで、ワインメーカーのこれまでの経験を生かし、非常にバランスの良い味わいに造り上げられています。甲州の繊細な味わいの中にも程よい厚みとうまみを感じられるのが特長です。

「シャトー・メルシャン 岩崎甲州 2016」

前出にもあるように、日本のワインの基礎を作った二人の生家である高野家と土屋家は現在も勝沼町岩崎地区でブドウ栽培を行っており、その両家の甲州ブドウを、樽で発酵・育成しました。

この地区の甲州ブドウは、他の地区に比べタンニンが多く、しっかりとした味わいが特徴。さわやかな香り、やわらかな果実味と奥行のある味わいをお楽しみいただけるワインです。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.