クセになる美味しさ!混ぜるだけで簡単に作れるパクチーチーズ

女性の方でパクチー(香菜)が大好き!という方も多いかと思います。最近はパクチーのドレッシングや、カップ麺、お菓子と色々商品も増えてきました。私の自宅近くの三軒茶屋には、なんとパクチー専門店もあり、パクチー入りカクテルもあるようです。

今回はそんなパクチーを使った混ぜるだけで簡単にできるパクチーチーズです。お店でもなかなか見かけないおつまみなので、おもてなしで出したらちょっとした話題になり、ホームパーティーも盛り上がるかと思います。

材料:作りやすい分量

Aクリームチーズ 80g程

A ナンプラー 小さじ1/2

A ニンニクすり卸し 少々

A フライドオニオン 15g

A パクチー 15g~(お好み量)

スイートチリソース 適量

バケット 適量

飾り用パクチーの葉 適量

作り方

【1】 パクチーは根を取り刻みます。

【2】 ボウルにAの材料を全て合わせ、良く混ぜます。

【3】 薄くスライスしたバケットにのせ、スイートチリソースをかけて、パクチーの葉をのせたら出来上がりです!

合わせるワイン

Torres Vina Esmeralda

トーレス・ヴィニャ・エスメラルダ

【タイプ】 白辛口

【原産国】 スペイン

【品種】  モスカテル、ゲヴェルツトラミネール

白い花の上品な香り、メロンのような甘い香りもし、すっきりした味わいですが、フルーティーでコクもあります。飲み口や喉ごしが優しい感じで、女性好みのワイン。

鶏肉や白身魚のソテー、生春巻きやタイ風焼きそば(パッタイ)等のアジア料理、フルーツタルトやチーズケーキ等のデザートにも相性が良いです。

香りの強いパクチーですが、クリームチーズと合わせる事でワインとの相性がよくなりました。

またフライドオニオンを混ぜる事で、食感がアクセントになりコクも増します。それだけでも美味しいのですが、スイートチリソースを上にかけると少し甘酸っぱくスパイシーさも加わり、味のアクセントになります。

まとめ

今回ご紹介したパクチーチーズは、スパークリングワイン、白ワイン、ロゼワインに合いますが、特に白のブドウ品種ゲヴェルツトラミネールが相性が良いように思います。ゲヴェルツトラミネールは私が好きな品種なので、料理教室でこの品種の白ワインをご提供する事があるのですが、気に入ってくださる方も多いです。

クリームチーズと合わせたパクチーチーズ。もともとパクチー好きなのもあり、本当にワインに合うので私自身がはまってリピートして作っています。是非、皆さんも作ってみてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.