クセになる美味しさ!混ぜるだけで簡単に作れるパクチーチーズ

女性の方でパクチー(香菜)が大好き!という方も多いかと思います。最近はパクチーのドレッシングや、カップ麺、お菓子と色々商品も増えてきました。私の自宅近くの三軒茶屋には、なんとパクチー専門店もあり、パクチー入りカクテルもあるようです。

今回はそんなパクチーを使った混ぜるだけで簡単にできるパクチーチーズです。お店でもなかなか見かけないおつまみなので、おもてなしで出したらちょっとした話題になり、ホームパーティーも盛り上がるかと思います。

材料:作りやすい分量

Aクリームチーズ 80g程

A ナンプラー 小さじ1/2

A ニンニクすり卸し 少々

A フライドオニオン 15g

A パクチー 15g~(お好み量)

スイートチリソース 適量

バケット 適量

飾り用パクチーの葉 適量

作り方

【1】 パクチーは根を取り刻みます。

【2】 ボウルにAの材料を全て合わせ、良く混ぜます。

【3】 薄くスライスしたバケットにのせ、スイートチリソースをかけて、パクチーの葉をのせたら出来上がりです!

合わせるワイン

Torres Vina Esmeralda

トーレス・ヴィニャ・エスメラルダ

【タイプ】 白辛口

【原産国】 スペイン

【品種】  モスカテル、ゲヴェルツトラミネール

白い花の上品な香り、メロンのような甘い香りもし、すっきりした味わいですが、フルーティーでコクもあります。飲み口や喉ごしが優しい感じで、女性好みのワイン。

鶏肉や白身魚のソテー、生春巻きやタイ風焼きそば(パッタイ)等のアジア料理、フルーツタルトやチーズケーキ等のデザートにも相性が良いです。

香りの強いパクチーですが、クリームチーズと合わせる事でワインとの相性がよくなりました。

またフライドオニオンを混ぜる事で、食感がアクセントになりコクも増します。それだけでも美味しいのですが、スイートチリソースを上にかけると少し甘酸っぱくスパイシーさも加わり、味のアクセントになります。

まとめ

今回ご紹介したパクチーチーズは、スパークリングワイン、白ワイン、ロゼワインに合いますが、特に白のブドウ品種ゲヴェルツトラミネールが相性が良いように思います。ゲヴェルツトラミネールは私が好きな品種なので、料理教室でこの品種の白ワインをご提供する事があるのですが、気に入ってくださる方も多いです。

クリームチーズと合わせたパクチーチーズ。もともとパクチー好きなのもあり、本当にワインに合うので私自身がはまってリピートして作っています。是非、皆さんも作ってみてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.