インドで造られたワインってどんなもの?

今やワインは世界中で造られていますが、インドでも北部から南部まで幅広い地域で盛んに造られているってご存知ですか?

インドは高温多湿でワイン造りに向いてないと思われがちですが、寒暖の差が激しい高地が多いことから1990年代頃からワインが造られるようになりました。
意外にワイン造りに適しており、世界のワイン銘醸地と似た気候だと評される地域もあるほどです。北部のヒマカル、中西部のナシーク、サンガリ、南部のベンガルでインドのワイナリーが点在しており、近年盛んにワインが造られるようになりました。

 今回ご紹介する「スラ・ヴィンヤーズ ブリュット」はインド最大のワイン生産地である中西部のナシークで造られているスパークリングワインです。スタンフォード大学卒業後、シリコンバレーで働いていたラジーヴ・サマント氏が故郷に戻って1997年に創設しました。

インド中西部のナシークは、海抜610mという標高の高い土地にあるためにアメリカのワイン銘醸地であるカリフォルニアと気候が似ていてワイン造りに適していると言われています。この土地ではシュナン・ブラン、ソーヴィニヨン・ブラン、ジンファンデル、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーといった品種が有機栽培されている他、醸造、熟成も万全の管理で行われているそうです。

瓶内で二次発酵を行うトラディショナル方式で造られた「スラ・ヴィンヤーズ ブリュット」はシャンパンと同じく15ヶ月以上の熟成を経ていて、非常にクリーミーな泡を楽しむことができます。また、ヴィンテージの表示はありませんが、同じ年に収穫されたブドウから造られているため、その年ごとの味をしっかりと感じることができます。

主要品種はサルタナが60%。そこにシュナン・ブランが40%ブレンドされています。サルタナはアメリカではトンプソン・シードレス、イギリスではレディ・デ・カヴァリーと呼ばれ親しまれている白ブドウです。アメリカではレーズンの原料となることが多いようです。

瓶内の気圧が高く、勢いよく抜栓すると直ぐ様スパイシーで果実味豊かな香りが鼻をくすぐります。口に含むと最初に感じるのは白い花のニュアンスやリンゴ、オレンジなどの柑橘系の心地よい苦味です。そこから少しずつ温度を上げていくと、塩味や独特なスパイスを感じるようになります。
インドと言えばスパイスを使ったお料理のイメージが強いですが、まさにそれに合わせるのにぴったりなスパークリングワインです。
実際、チーズにオールスパイス(シナモン、クローブ、ナツメグの香りを持つスパイス)をつけてワインといただいたところ、ベストマッチ。やはりその国を代表するお料理にマリアージュするのはさすがです。

フランスのワイン愛好家たちが必読の筆頭に挙げる雑誌『ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス』でも高い評価されており、「世界に通用するアジア最高のワイン」としても愛され続けています。

そして、スラ・ヴィンヤーズの15周年記念には、鮮やかなペイズリーのボトルが華やかなピノ・ノワールを主体とした「スラ・ヴィンヤーズ ブリュット・トロピカル」が造られました。シラーズ、シュナン・ブラン、シャルドネがブレンドされ、親しみやすいワインに仕上がっています。

インドのワインをまだ飲んだことがないという人は、はっとするスパイシーな味わいをぜひ一度お楽しみくださいね。

<参考>
http://www.izumitrading.co.jp/winery/india/sula/sula01.html

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.