星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳がワインリゾートに進化して4月22日リニューアルオープン!

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」は、2017年4月22日にリニューアルオープンします。2017年1月11日より約3ヶ月間、全館休館して総工費15億円をかけ、客室やビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」などを改装します。全館休館をしての大規模な改装は、今回が初めての試みです。改装のコンセプトは「ワインリゾ―トの更なる進化」です。

ワインリゾート

リゾナーレ八ヶ岳が目指す「ワインリゾート」とは、ワインが飲めるだけではなく、ワイナリーの葡萄畑や醸造所の見学、ワインに合う食事の提供など、「トータルでワインを楽しめる滞在型のリゾート」です。日本有数のワインの宝庫として有名な山梨・長野エリアにある当ホテルは、この立地を最大限に生かして2006年より「ワインリゾート」として館内施設、アクティビティ、宿泊プランなどの充実を図り、ワインの魅力に触れる文化体験を提供してきました。 

リニューアル内容

・八ヶ岳の自然とワインリゾートを表現した客室
ボルドーカラーのカーペットやワインを楽しむテーブルウェア、コルクをモチーフにした小物でワインリゾ―トを表現し、赤岳や横岳など日本を代表する山々の名称や、標高が詳細に描かれた八ヶ岳連峰の壁画で地域性と大自然を表現しました。さらに、ウッドデッキを用いた屋外テラスで、大自然の空気や星空をプライベートで満喫できます。小上がりフローリングと、星野リゾートが開発したオリジナル寝具は快適な寝室を演出します。
・ワインリゾートを体感できるビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」
195席から250席へ増席し、ワイン木箱を用いた壁と、葡萄が描かれた壁画、天井には葡萄棚をモチーフとした印象的な空間デザインになっています。オリジナル南部鉄器と、熱した安山岩で調理されたステーキなど、本格的なグリル料理を提供し、スタッフがワイン樽からカラフェに直接ワインを注ぐプレゼンテーションを実施します。

【朝食
時間:7:00~10:00
料金:大人 2,700円・小学生 1,890円・4歳~未就学のお子様 1,350円・3歳以下 無料
【昼食
時間:12:00~14:00
料金:大人 2,480円・小学生 1,740円・4歳~未就学のお子様 1,240円・3歳以下 無料
【夕食
時間:17:30~20:00
料金:大人 6,000円・小学生 4,200円・4歳~未就学のお子様 3,000円・3歳以下 無料
*営業時間や料金は季節によって異なる場合があります。
*料金は税・サービス料込

ワインリゾートを構成する文化体験

2006年に「ワインリゾート」としての取り組みを始め、実施してきたさまざまな文化体験。

① ワイナリー「ドメーヌ ミエ・イケノ」との提携(2006年9月~)
② 地域の野菜×ワインのマリアージュディナ― メインダイニング「OTTO SETTE」(2007年4月~)
③ ワイン用葡萄を使ったスパトリートメント「VINO SPA®」(2010年12月~)
④ 24種類のワインをテイスティングできる「YATSUGATAKE Wine house」(2012年4月~)
⑤ ワインリゾートを満喫できる「ワインスイートルーム」宿泊プラン(2013年4月~)
⑥ メインストリート ピーマン通りにキッチンカー常設(2016年3月~)
⑦ 葡萄畑やワイナリーを訪ねる「八ヶ岳ワイナリー散歩」(2016年4月~)
⑧ ワインボトルでルームランプ作り体験(2016年8月~)
⑨ BYO(Bring Your Own wine)自由化宣言スタート(2017年4月~)

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

南アルプス連峰や八ヶ岳、富士山の雄大なロケーションに抱かれたリゾナーレ八ヶ岳は建築界の巨匠マリオ・ベリーニが手掛けた日本屈指のデザインホテル。イタリアの山岳都市を思わせる街並みにはセレクトショップが並ぶ他、プール「イルマーレ」やメインダイニング「OTTO SETTE」など上質なリゾートライフを満喫できるサービスを提供しています。
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町129-1/客室数 172室
http://risonare.com/yatsugatake/

編集部のコメント

2006年より周辺地域を巻き込んだワインリゾートの活動が今年のリニューアルオープンでさらに進化しそうですね!ぜひ星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳で自由なワインの楽しみ方をしてみたいですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.