ブラジル発セミスイート スパークリングワイン「CHANDON PASSION」が4月25日より発売!

MHD モエヘネシーディアジオ株式会社は、プレミアムスパークリングワイン 「CHANDON」から、情熱の国ブラジルで造られた新しいセミスイート スパークリングワイン 「CHANDON PASSION(シャンドン パッション)」を2017年4月25日から主要百貨店を中心として販売開始します。氷やトロピカルフルーツを入れたり新感覚の飲み方も楽しめます。

情熱の国ブラジル発の新感覚のスパークリングワイン「シャンドン パッション」は、パッションフルーツや桃、ライチなど鮮烈なフルーツのアロマに加え、オレンジの花やバラのフローラルな甘い香りが特徴です。夕焼けに思いをはせるように柔らかなオレンジがかった色合いも、これまでにないスパークリングワインです。アロマティックなブトウ品種から作られる味わいはセミスイートで、氷を浮かべる事によってその香りと味わいがひきしまり、爽やかになります。

シャンドン パッションの楽しみ方

トロピカルフルーツのような余韻が続くアロマは、昼下がりのハッピーアワーやアペリティフのカクテル、食後のデザートと合わせても華やかなひとときを味わえます。夕暮れのリラックスタイム、または友人とのアペリティフなどに、氷がもたらすフレッシュさと「シャンドン パッション」の爽やかな共演を楽しめます。

・氷を浮かべて
 氷を浮かべるとセミスイートな味わいが引き締まって新しいバランスが誕生します。

・フルーツとともに
 氷のほかにトロピカルフルーツやジュースなどを加えてフルーティーなカクテルにも仕上がります。

 

シャンドン パッション CHANDON PASSION

マルヴァジア ディ カンディア、マスカット カネリ、ピノ ノワールという、アロマティックなブドウ品種から作られたセミスイートのスパークリングワインです。いきいきとした泡が立ち上り、黄桃の皮を思わせるオレンジがかったピンクの美しい色調に輝きます。パッションフルーツや桃、ライチの鮮烈なフルーツのアロマに加え、オレンジの花やバラのフローラルな甘い香りが特徴です。口に含むと、アタックにさわやかな酸を感じ、次第にやわらかな口当たりと調和の取れた果実の風味が広がり、凝縮感のあるトロピカルフルーツの余韻が続きます。

ワイナリー ドメーヌ シャンドン

シャンドンは、1986年オーストラリアのヤラ・ヴァレーにモエ・エ・シャンドンが設立したドメーヌ シャンドンで作られる正統派スパークリングワインです。シャンパンと同じブドウ品種を使用して、シャンパーニュ地方の伝統的なメトードトラディショネル製法で作り上げるシャンドンは、生き生きとしたカジュアルかつシックな新感覚の味が魅力です。オーストラリアで最も冷涼な気候で知られるワインの名醸地ヴィクトリア州ヤラ・ヴァレー。この地はシャンパンの伝統品種、シャルドネ、ピノ ノワールの栽培に最適な環境です。今日モエ・エ・シャンドンは世界の6箇所にワイナリーを所有しています。アルゼンチン、米国、ブラジル、オーストラリア、インド、中国にあるこれらのワイナリーはいずれも、シャンドンが、スパークリングワインを製造するのに最も適した土壌です。

商品概要
シャンドン パッション
アルコール度:11.7%
容量:750ml
価格:3,100円(税抜)
取扱い:業務店、酒類販売店、百貨店など
発売:2017年4月25日(火)
ブレンド:マルヴァジア ディ カンディア45%、マスカット カネリ45%、ピノ ノワール10%
ドサージュ:35g/L


CHANDON PASSIONオフィシャルページ
http://mhdkk.com/brands/chandon/promotions/passion/
CHANDON オフィシャルFacebook:

http://www.facebook.com/chandon.jp
CHANDON PASSIONオフィシャルハッシュタグ:
#シャンドンパッション #シャンドン #CHANDONPASSION #CHANDON

編集部のコメント

スパークリングワインに氷を入れる発想は今までなかったですよね!ぜひトロピカルフルーツと一緒にブラジルを感じるシャンドンはいかがですか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.