切って焼くだけ!芯まで美味しい「春キャベツステーキ」

通年食べられる野菜が増えている昨今ですが、それでも旬“を実感させるものが多い春野菜。菜の花、そら豆、そして春キャベツ!秋に蒔いて春に収穫。新ものとして3月下旬から5月上旬にかけて出回り、通常のキャベツと比べ、小ぶりでふっくら丸みのある春キャベツは、まさに今が旬です。葉の巻きがゆるく、甘みがあってみずみずしい葉はとってもやわらか。サラダや浅漬けなど、やわらかな食感を生かした食べ方にピッタリです。

今回ご紹介するレシピは、この時期だけのお楽しみ、春キャベツを大胆に焼いたステーキ。芯を残したまま豪快に、ただただキャベツを焼くだけというシンプルレシピ。蓋はせず、焼き時間も短時間にして、あえて半生状態に仕上げるのがポイントです。こんがり焼けたキャベツの表面と、シャッキリみずみずしさの残った内側の両方を味わうお料理。キャベツの甘味が凝縮され、芯まで美味しくいただけます。

材料:2人分

春キャベツ 1/4個
ウィンナー 4本

A マヨネーズ 大さじ1
A オリーブオイル 大さじ1
A 粒マスタード 小さじ1
A おろしニンニク 1/2片


オリーブオイル 大さじ1
塩 少々

作り方

【1】キャベツはバラバラになってしまうと作業しにくいので、芯をつけたままのくし形に切ります。包丁の基軸をずらさず切るのは難しいので、刃先を芯の部分から入れるとうまくいきます。

【2】フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、キャベツを置きます。蓋はせず、そのまま中火で1~2分焼きます。

【3】裏側に焼き色がついたらそっと返し、全体に塩をふります。ここでウィンナーも加え一緒に、中火で更に1~2分焼きます。

【4】器に盛り付け、よく混ぜたAをかければ出来上がり。ステーキのように、フォークとナイフで切りながら召し上がれ。

ソースはお好みでアレンジしてみてください。アンチョビと生クリームでバーニャカウダ風、ツナ缶とマヨネーズを混ぜたツナマヨ、市販のミートソース、田楽風の甘味噌・・・更にシンプルに、塩とオリーブオイルだけ、パルメザンチーズだけでいただくのも美味しいですよ。

ワインをあわせるなら、ほんのりハーブのニュアンスがあり、フルーティーでキリリとシャープな味わいの白ワイン。ソーヴィニヨン・ブランやベルデホなどがオススメです。ワインの爽やかさがソースのようになり、春キャベツのみずみずしい甘みがクローズアップされ、心地よい余韻を楽しめますよ。

サントリー
【ボルドー1級シャトー ラフィットが手がけるチリワイン】ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン 750ml [チリ/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.