切って焼くだけ!芯まで美味しい「春キャベツステーキ」

通年食べられる野菜が増えている昨今ですが、それでも旬“を実感させるものが多い春野菜。菜の花、そら豆、そして春キャベツ!秋に蒔いて春に収穫。新ものとして3月下旬から5月上旬にかけて出回り、通常のキャベツと比べ、小ぶりでふっくら丸みのある春キャベツは、まさに今が旬です。葉の巻きがゆるく、甘みがあってみずみずしい葉はとってもやわらか。サラダや浅漬けなど、やわらかな食感を生かした食べ方にピッタリです。

今回ご紹介するレシピは、この時期だけのお楽しみ、春キャベツを大胆に焼いたステーキ。芯を残したまま豪快に、ただただキャベツを焼くだけというシンプルレシピ。蓋はせず、焼き時間も短時間にして、あえて半生状態に仕上げるのがポイントです。こんがり焼けたキャベツの表面と、シャッキリみずみずしさの残った内側の両方を味わうお料理。キャベツの甘味が凝縮され、芯まで美味しくいただけます。

材料:2人分

春キャベツ 1/4個
ウィンナー 4本

A マヨネーズ 大さじ1
A オリーブオイル 大さじ1
A 粒マスタード 小さじ1
A おろしニンニク 1/2片


オリーブオイル 大さじ1
塩 少々

作り方

【1】キャベツはバラバラになってしまうと作業しにくいので、芯をつけたままのくし形に切ります。包丁の基軸をずらさず切るのは難しいので、刃先を芯の部分から入れるとうまくいきます。

【2】フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、キャベツを置きます。蓋はせず、そのまま中火で1~2分焼きます。

【3】裏側に焼き色がついたらそっと返し、全体に塩をふります。ここでウィンナーも加え一緒に、中火で更に1~2分焼きます。

【4】器に盛り付け、よく混ぜたAをかければ出来上がり。ステーキのように、フォークとナイフで切りながら召し上がれ。

ソースはお好みでアレンジしてみてください。アンチョビと生クリームでバーニャカウダ風、ツナ缶とマヨネーズを混ぜたツナマヨ、市販のミートソース、田楽風の甘味噌・・・更にシンプルに、塩とオリーブオイルだけ、パルメザンチーズだけでいただくのも美味しいですよ。

ワインをあわせるなら、ほんのりハーブのニュアンスがあり、フルーティーでキリリとシャープな味わいの白ワイン。ソーヴィニヨン・ブランやベルデホなどがオススメです。ワインの爽やかさがソースのようになり、春キャベツのみずみずしい甘みがクローズアップされ、心地よい余韻を楽しめますよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.