切って焼くだけ!芯まで美味しい「春キャベツステーキ」

通年食べられる野菜が増えている昨今ですが、それでも旬“を実感させるものが多い春野菜。菜の花、そら豆、そして春キャベツ!秋に蒔いて春に収穫。新ものとして3月下旬から5月上旬にかけて出回り、通常のキャベツと比べ、小ぶりでふっくら丸みのある春キャベツは、まさに今が旬です。葉の巻きがゆるく、甘みがあってみずみずしい葉はとってもやわらか。サラダや浅漬けなど、やわらかな食感を生かした食べ方にピッタリです。

今回ご紹介するレシピは、この時期だけのお楽しみ、春キャベツを大胆に焼いたステーキ。芯を残したまま豪快に、ただただキャベツを焼くだけというシンプルレシピ。蓋はせず、焼き時間も短時間にして、あえて半生状態に仕上げるのがポイントです。こんがり焼けたキャベツの表面と、シャッキリみずみずしさの残った内側の両方を味わうお料理。キャベツの甘味が凝縮され、芯まで美味しくいただけます。

材料:2人分

春キャベツ 1/4個
ウィンナー 4本

A マヨネーズ 大さじ1
A オリーブオイル 大さじ1
A 粒マスタード 小さじ1
A おろしニンニク 1/2片


オリーブオイル 大さじ1
塩 少々

作り方

【1】キャベツはバラバラになってしまうと作業しにくいので、芯をつけたままのくし形に切ります。包丁の基軸をずらさず切るのは難しいので、刃先を芯の部分から入れるとうまくいきます。

【2】フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、キャベツを置きます。蓋はせず、そのまま中火で1~2分焼きます。

【3】裏側に焼き色がついたらそっと返し、全体に塩をふります。ここでウィンナーも加え一緒に、中火で更に1~2分焼きます。

【4】器に盛り付け、よく混ぜたAをかければ出来上がり。ステーキのように、フォークとナイフで切りながら召し上がれ。

ソースはお好みでアレンジしてみてください。アンチョビと生クリームでバーニャカウダ風、ツナ缶とマヨネーズを混ぜたツナマヨ、市販のミートソース、田楽風の甘味噌・・・更にシンプルに、塩とオリーブオイルだけ、パルメザンチーズだけでいただくのも美味しいですよ。

ワインをあわせるなら、ほんのりハーブのニュアンスがあり、フルーティーでキリリとシャープな味わいの白ワイン。ソーヴィニヨン・ブランやベルデホなどがオススメです。ワインの爽やかさがソースのようになり、春キャベツのみずみずしい甘みがクローズアップされ、心地よい余韻を楽しめますよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.