ロゼワインに合わせたい!鮭フレークを使ったお手軽ディップ

ロゼワインといえば、やっぱりそのかわいらしいピンク色が魅力的ですよね!春になると飲みたくなるという方も多いのではないでしょうか。今回はそんなロゼワインに合わせたピンク色の料理をご紹介します。鮭フレークとヨーグルトを使って簡単に作ることができます!ヨーグルトのディップはヘルシーなのも嬉しいです。「カロリーは気にならないから、水切りの手間を省きたい!」という方は水切りヨーグルトをクリームチーズにしてもOKです。鮭フレークが余っているという方にも試して欲しい簡単レシピです。

材料:2人分 

鮭フレーク 50g
ヨーグルト 1カップ(水切りして80g程度にする)
おろしにんにく 1g
塩、こしょう 少々
あればディル、レモン汁 適量

作り方

【1】ザルにキッチンペーパーをしいて、ヨーグルトを一晩かけて十分に水切りする。 

【2】【1】と鮭フレーク、おろしにんにくを加えて混ぜ、塩、こしょうで味を整える。ディルを刻んで、ディップとともにパンにのせて完成。お好みでレモンを絞ってもおいしいです。

鮭フレークは手作りでも市販品でもいいのですが、それぞれの塩気や甘みにあわせて、塩、こしょうの量を調整してみて下さい。甘みが強めの鮭フレークであれば、塩、こしょうをしっかりきかせて、レモン汁を少し加えるとおいしくできます。

ディルはあればぜひ加えて下さい!爽やかな味わいが加わって、鮭やヨーグルトとも相性がよくておいしいです。

合わせるワインは、淡いピンク色のディップに合わせたロゼワインがおすすめです!辛口のロゼで、泡が入っているタイプもよいでしょう。

ロゼ以外だったら、スッキリした爽やかな酸味のある辛口白ワインもよさそうです。

色でワインと料理を合わせる方法は、簡単に食卓に統一感が出せるので、おすすめです。

春の気分を楽しみたい時や、ロゼワインが飲みたいときなど、混ぜるだけの簡単鮭フレークディップはいかがでしょう。平日のおつまみにも、休日のパーティーにもおすすめです!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.