ロゼワインに合わせたい!鮭フレークを使ったお手軽ディップ

ロゼワインといえば、やっぱりそのかわいらしいピンク色が魅力的ですよね!春になると飲みたくなるという方も多いのではないでしょうか。今回はそんなロゼワインに合わせたピンク色の料理をご紹介します。鮭フレークとヨーグルトを使って簡単に作ることができます!ヨーグルトのディップはヘルシーなのも嬉しいです。「カロリーは気にならないから、水切りの手間を省きたい!」という方は水切りヨーグルトをクリームチーズにしてもOKです。鮭フレークが余っているという方にも試して欲しい簡単レシピです。

材料:2人分 

鮭フレーク 50g
ヨーグルト 1カップ(水切りして80g程度にする)
おろしにんにく 1g
塩、こしょう 少々
あればディル、レモン汁 適量

作り方

【1】ザルにキッチンペーパーをしいて、ヨーグルトを一晩かけて十分に水切りする。 

【2】【1】と鮭フレーク、おろしにんにくを加えて混ぜ、塩、こしょうで味を整える。ディルを刻んで、ディップとともにパンにのせて完成。お好みでレモンを絞ってもおいしいです。

鮭フレークは手作りでも市販品でもいいのですが、それぞれの塩気や甘みにあわせて、塩、こしょうの量を調整してみて下さい。甘みが強めの鮭フレークであれば、塩、こしょうをしっかりきかせて、レモン汁を少し加えるとおいしくできます。

ディルはあればぜひ加えて下さい!爽やかな味わいが加わって、鮭やヨーグルトとも相性がよくておいしいです。

合わせるワインは、淡いピンク色のディップに合わせたロゼワインがおすすめです!辛口のロゼで、泡が入っているタイプもよいでしょう。

ロゼ以外だったら、スッキリした爽やかな酸味のある辛口白ワインもよさそうです。

色でワインと料理を合わせる方法は、簡単に食卓に統一感が出せるので、おすすめです。

春の気分を楽しみたい時や、ロゼワインが飲みたいときなど、混ぜるだけの簡単鮭フレークディップはいかがでしょう。平日のおつまみにも、休日のパーティーにもおすすめです!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.