「メディチ・エルメーテ」オーナーが来日し、一夜限りのワイン祭「GARBRUSCO(ガーブルスコ)」が開催!

株式会社バルニバービが運営する「GARB weeks」において、イタリアのエミリオ・ロマーニャ州のワイナリ―生産者を交えた、ワイン、音楽とイタリア料理を楽しむイベント「GARBRUSCO(ガーブルスコ)」が4月27日(木)一夜限りで開催されます。

ビュッフェとランブルスコ、赤、白、ロゼワインが飲み放題!!

 

ITALIAN COURSE

イタリアの食の宝庫で美食の街としても名高い、チーズと肉をこよなく愛す、エミリア・ロマーニャの食文化をあますことなく再現する一夜限りの限定コースです。

・パルマ産 サラミの盛り合わせ グラナパダーノチーズ

・前菜の盛り合わせ

「ROTOLO DI MORTADELLA」モルタデッラハムの包み焼き

「VERDURA GRIGLIATE ALL’ BALSAMICO」 グリル野菜のバルサミコマリネ

「MAIALE ALL LATTE」 豚肉のミルクソース

「TIGELLE CON PROSCIUTTO」 伝統のパンにパルマ産生ハムをサンドして

・PIZZA マルゲリータ

・「LASAGNA ALLA BOLOGNESE」 ボローニャ風ラザーニャ

・「INVOLTINE ALLA EMIRIANA」仔牛のインボルティーニ エミリア風

・デザート(当日のお楽しみ)

ITALIAN BUFFET

チーズ・肉を中心としたエミリア・ロマーニャの料理とweeks自慢のPIZZAのラインナップです。肉肉しいがっつりイタリアンも召し上がれ!

イタリアのトップワイナリー「メディチ・エルメーテ」のオーナー来日

イタリアのエミリオ・ロマーニャ州のワイナリー「メディチ・エルメーテ」は赤いスパークリングワインで有名なランブルスコを数々生み出すトップ・ワイナリーです。今回そのオーナー、アルベルト氏が緊急来日します。生産者と直に触れ合えるワイン会はとっても希少ですよ!

GARB weeks(ガーブ ウィークス)

業態: ピッツェリア

営業時間: LUNCH :

月~金 11:30~15:00L.O.  /  土日祝 11:00~15:00L.O. 

DINNER: 月~金 17:00~22:30L.O. /   土日祝  17:30~22:30L.O.

CAFE  : 月~金 11:30~23:30L.O. /   土日祝  11:00~23:00L.O.

住所 : 〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-29 中之島公園内

電話番号 : 06-6226-0181

アクセス :大阪市営地下鉄 御堂筋線「淀屋橋」駅より徒歩4分/大阪市営地下鉄 堺筋線「北浜」駅より徒歩2分/京阪本線「北浜」駅より徒歩2分/京阪中之島線「なにわ橋」駅より徒歩1分

定休日 : 無

席数 : 店内86席 テラス74席 計160席(テラス喫煙可)

U R L :http://www.garbweeks.com/

イベント詳細URL

http://www.garbweeks.com/news/article.php?id=7022

編集部のコメント

イタリアは南北だけでなく地域によって食文化が違って特徴的ですね!今回はエミリア・ロマーニャの食を楽しめ、同じ州のワインメーカー「メディチ・エルメーテ」の生産者にも会える素敵な機会ですね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.