ワインビュッフェブースが登場!六本木 手ぶらバーベキューができるビアガーデン!

 

六本木「アークヒルズ サウスタワー」の屋上庭園「スカイパーク」で、手ぶらBBQができるビアガーデンがオープンします。

都心にありながら開放的で緑豊かな屋上庭園に、BBQグリラーとテーブル席や、ソファーをセッティング。料理は厳選した肉や野菜のバーベキューや、地下のお店でお肉を買って持ち込めるプランもご用意。もちろんアラカルトとドリンクだけのご利用も可能です。ここではひと味ちがった都会のバーベキューをお楽しみ頂けます。 

ワイン好きも楽しめるドリンクプラン

今回特筆すべきは、フリードリンクプランにソムリエ厳選のボトルワインが赤・白6種類もラインアップされていること。気持ちいい外飲みに新たな楽しみが加わりました!

また、プレミアムフリードリンクセットではスパークリングワインも飲み放題!泡好きはこちらのプランがおすすめです☆

さらに…トワイライト シャンパンプランもご用意。

夕暮れ時にモエ・エ・シャンドン ボトルとおつまみを楽しめるセット10,000円(税込)。平日170019302~3名様用プランです。※オンライン予約にて受付致します。14組様限定。 

夕暮れ時からさらっと飲んで、早めに帰路に着く、平日飲みはこんな感じもいいですね!

手ぶらBBQ

 

牛豚鶏 3種のお肉が楽しめるBBQカジュアルBBQコース 4,300
US
ビーフのハンキングテンダー、山百合ポークの肩ロース、ケイジャンチキン、粗挽きソーセージ、グリル野菜その他、キノコのガーリックバターやサラダ、おつまみ2品、デザート付き

Tボーンステーキやシーフードも楽しめる・BBQプレミアムBBQコース  6,000
US
ビーフ Tボーンステーキ、山百合ポークの肩ロース、ケイジャンチキン、海老のレモンハーブ・グリル、グリル野菜、その他、キノコのガーリックバターやサラダ、おつまみ3品、デザート付き

お肉の持ち込みOK!おつまみ付BBQ・地下でお肉を買ってBBQプラン 3,300
同ビル地下1階「アークキッチン」の「福島屋」「肉屋 格之進F」にてお買い求めのお肉を持ち込んでBBQが楽しめます。
キノコのガーリックバター、グリル野菜、サラダ、おつまみ2品、デザート付

【店舗概要】

 

店舗名      アークヒルズ サウスタワー ルーフトップラウンジ
開催期間     510日(水)~930日(土)
住所       東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー 屋上庭園スカイパーク
         ※地下1階アークキッチン「笑壷」裏の通路から直通エレベーターをご利用下さい。
TEL      (お問い合わせ) 03-5549-1550 
         (ご予約専用)050-3188-746
営業時間     平日 17002300   
         土日祝 56 12002300  79月 16002300
定休日      無休  ※天候により営業中止する場合があります。
席数       110
URL
         http://arkhills.beergardens.jp/
予約専用URL    https://www.tablecheck.com/shops/ropongibg/reserve
関連URL            http://www.beergardens.jp/

編集部のコメント

夏にはいろいろな場所で始まるビアガーデン。どこに行こうか迷うところですが、今年は、ワインがおいしいこちらのビアガーデンはいかがですか?遠出出来ないメンバーとの気軽なBBQを楽しめそうですね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.