ついつい手がのびる美味しさ!カリッカリふわっふわの鶏チーズ天!

おつまみの定番といえば鶏のから揚げですが、鶏天もおすすめです。

鶏天は大分県の名物で「かしわ天」とも呼ばれています。定番は醤油、ニンニク、生姜の漬けだれを鶏肉にもみ込み、天ぷらにしたものです。その美味しさは、一度食べたら病みつきになる方も多いです。
ビールと合わせるのも美味しいですが、スパークリングワインや、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインとも、とても良く合います。

今回はワインと合わせてより楽しめるように、チーズを使って洋風にアレンジした鶏天をご紹介します。

材料:作りやすい分量

鶏ささみ肉 200g(3~4本程度)

A 塩麹 大さじ2/3
A こしょう 少々
A パルミジャーノレッジャーノチーズのすり卸し 5g

天ぷら粉(市販品) 50g
水 商品規定水分量+大さじ1

B パルミジャーノレッジャーノチーズのすり卸し 10g

揚げ油 適量

作り方

【1】鶏ささみ肉は筋を取り除きます。筋の両脇を包丁の刃先で少し切り、筋を下にして引くようにして取り除きます。

【2】一口サイズのそぎ切りにしボウルに入れて、AとBの半量をよく絡めます。

【3】 天ぷら粉50gに商品規定量の水に大さじ1の水と、Bの半量を足して全体を混ぜます。

【4】【2】の周りに【3】の衣をつけ、170℃の油でカリッとなるまで揚げ、中まで火を通したらできあがりです。

鶏ささみ肉は鶏肉の中でも柔らかい部位で、脂も少ないので時間が経っても油っこくなく、柔らかい状態でいただけます。

塩麹で下味をつける事により、肉もさらに柔らかくジューシーになります。塩麹がない場合は塩を小さじ1/2程絡めてください。

また、パルミジャーノ・レッジャーノチーズがなければ、普通の粉チーズでも大丈夫です。下味と天ぷら粉それぞれに混ぜ合わせることにより、しっかりと味が付き、チーズの風味とコクある味わいになります。

市販品の天ぷら粉を使用することで、ふわっカリッと失敗なく簡単に揚げる事ができます。(チーズを混ぜた分、商品規定の水分量+大さじ1程度の水を加えて混ぜてください。)

揚げ油も沢山でなく、3cm程の高さがあれば揚げられます。しかし、一度に沢山入れて揚げてしまうと油の温度が下がり、カリッと揚がらないので、2~3回に分けて揚げるといいです。

チーズの風味もあり、ついつい手がのびてしまう美味しさの鶏チーズ天は、お子様も大好きな味だと思います。休日のご家族のブランチにもおすすめなお料理です。

冷えたスパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインなど、幅広く合わせる事ができます。
例えば、レモンを絞っていただく時にはスパークリングワインや、ソーヴィニヨンブラン系の軽い白ワインを。タルタルソースを添えていただく時にはロゼや軽い赤を合わせると、より楽しめます。

これからの暖かくなる時期は、ワインを冷やして飲みたくなります。鶏チーズ天を作って、冷えたワインとのマリアージュを楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。日本ソムリエ協会認定ソムリエ、利き酒師、栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.