ついつい手がのびる美味しさ!カリッカリふわっふわの鶏チーズ天!

おつまみの定番といえば鶏のから揚げですが、鶏天もおすすめです。

鶏天は大分県の名物で「かしわ天」とも呼ばれています。定番は醤油、ニンニク、生姜の漬けだれを鶏肉にもみ込み、天ぷらにしたものです。その美味しさは、一度食べたら病みつきになる方も多いです。
ビールと合わせるのも美味しいですが、スパークリングワインや、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインとも、とても良く合います。

今回はワインと合わせてより楽しめるように、チーズを使って洋風にアレンジした鶏天をご紹介します。

材料:作りやすい分量

鶏ささみ肉 200g(3~4本程度)

A 塩麹 大さじ2/3
A こしょう 少々
A パルミジャーノレッジャーノチーズのすり卸し 5g

天ぷら粉(市販品) 50g
水 商品規定水分量+大さじ1

B パルミジャーノレッジャーノチーズのすり卸し 10g

揚げ油 適量

作り方

【1】鶏ささみ肉は筋を取り除きます。筋の両脇を包丁の刃先で少し切り、筋を下にして引くようにして取り除きます。

【2】一口サイズのそぎ切りにしボウルに入れて、AとBの半量をよく絡めます。

【3】 天ぷら粉50gに商品規定量の水に大さじ1の水と、Bの半量を足して全体を混ぜます。

【4】【2】の周りに【3】の衣をつけ、170℃の油でカリッとなるまで揚げ、中まで火を通したらできあがりです。

鶏ささみ肉は鶏肉の中でも柔らかい部位で、脂も少ないので時間が経っても油っこくなく、柔らかい状態でいただけます。

塩麹で下味をつける事により、肉もさらに柔らかくジューシーになります。塩麹がない場合は塩を小さじ1/2程絡めてください。

また、パルミジャーノ・レッジャーノチーズがなければ、普通の粉チーズでも大丈夫です。下味と天ぷら粉それぞれに混ぜ合わせることにより、しっかりと味が付き、チーズの風味とコクある味わいになります。

市販品の天ぷら粉を使用することで、ふわっカリッと失敗なく簡単に揚げる事ができます。(チーズを混ぜた分、商品規定の水分量+大さじ1程度の水を加えて混ぜてください。)

揚げ油も沢山でなく、3cm程の高さがあれば揚げられます。しかし、一度に沢山入れて揚げてしまうと油の温度が下がり、カリッと揚がらないので、2~3回に分けて揚げるといいです。

チーズの風味もあり、ついつい手がのびてしまう美味しさの鶏チーズ天は、お子様も大好きな味だと思います。休日のご家族のブランチにもおすすめなお料理です。

冷えたスパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインなど、幅広く合わせる事ができます。
例えば、レモンを絞っていただく時にはスパークリングワインや、ソーヴィニヨンブラン系の軽い白ワインを。タルタルソースを添えていただく時にはロゼや軽い赤を合わせると、より楽しめます。

これからの暖かくなる時期は、ワインを冷やして飲みたくなります。鶏チーズ天を作って、冷えたワインとのマリアージュを楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.