今月の日本ワイン「シャトー・メルシャン」“ワインを愉しむ12ヶ月”シリーズは?

本企画は20163月よりスタート。日本ワイン「シャトー・メルシャン」よりワインを愉しむ12ヶ月として、毎月季節に合わせたテーマでワインを提案し、好評を博しております。

5月は風薫る日本ワイン。

2017年は、日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年ということで、さらに深く日本ワインの魅力に迫ります。
5月は、爽やかな新緑にちなみ、風薫る日本ワイン。と題し、ピクニックに持っていきたい、樽仕込みによる味わい豊かな白ワインをご紹介し、さらに、いま話題のシンプルなタルティーヌ(オープンサンド)とのマリアージュもご提案。

シャトー・メルシャン  樽仕込みの白ワイン飲み比べセット

【限定100セット】いずれも樽で育成することで、それぞれの個性と奥深さを醸し出している白ワインの3本セットです。産地や品種の違いをお愉しみください。

シャトー・メルシャン アンサンブル 萌黄 2014

(白・辛口・750ml、アルコール度数12%)

日本の素晴らしい四季と豊かな食材に合わせて日本ワインを愉しむというコンセプトのもと、日本国内で育まれるそれぞれの産地のブドウをアサンブラージュ(ブレンド)することで生み出される味わいの「調和(アンサンブル)」が楽しめるワインです。福島県および長野県産のシャルドネを主体に、シャープな酸味がすがすがしい山梨県産の甲州などをアクセントとして加えた、エレガントな味わいが楽しめるワインです。

シャトー・メルシャン 甲州小樽仕込み 2015

(白・辛口・750ml、アルコール度数11.5%)

日本固有の醸造品種「甲州」を、フレンチオークの小樽を使ってじっくりと醸造・育成させた、コクのある辛口白ワインです。2016年の香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティションで銀賞を受賞しました。

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シャルドネ 2015

(白・辛口・750ml、アルコール度数12.5%)

日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」を展開し、ブドウの栽培を開始しました。その椀子ヴィンヤードで育まれた「シャルドネ」をオーク樽で発酵・育成した豊かな果実感のある白ワインです。

なお、キリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」(http://www.drinx.jp/)では、ピクニックに連れていきたい、いま話題のシンプルなタルティーヌ(オープンサンド)とのマリアージュの提案をしています。

ぜひピクニックで、併せて楽しんでみてください!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.