ジャムとビネガーの甘酸っぱさが心地よい!カマンベールのサラダ・苺ドレッシング

スペインの人たちは、チーズに甘みを足して食べるのが大好き。フレッシュチーズにハチミツをかけたり、ハード系チーズにメンブリージョという甘いゼリーを重ねたり、焼いたチーズにブルーベリーソースやマーマレードのドレッシングをかけたり・・・塩味と甘み、酸味のバランスを愛してやまないのです。最初はぎょっとした私ですが、今ではこの組み合わせに目がありません。

チーズはワインの最良の友。日本でも、ワイン愛飲家の間でチーズは人気者です。特に白カビ系チーズはマイルドでクリーミーなものが多く、日本人の嗜好に最も近いチーズと言えるかもしれません。今回は、この柔らかでクリーミーなカマンベールチーズに、ジャムとビネガーの甘酸っぱさが心地よい一品をご紹介しましょう。キュートな見た目で、おもてなしにもピッタリです。

材料:2人分

カマンベールチーズ 1/2個
A イチゴジャム 16g
A 白ワインビネガー 小さじ1
A 塩 少々
ベビーリーフ 1袋
ミニトマト 2個
B オリーブオイル 小さじ1
B 塩・黒コショウ 少々

作り方

【1】カマンベールチーズのように、外側から内側に熟成するタイプは、放射状にカットします。

チーズの温度があがると更に柔らかになり、包丁にくっつきやすくなります。カットする直前まで冷蔵庫で冷やしておき、包丁を水で濡らしてからカットすると切りやすくなります。 

【2】Aをよく混ぜ、ジャムソースを作ります。白ワインビネガーはレモン果汁でも代用できます。
イチゴジャムはブルーベリー、マーマレード、フィグなど、お好みのジャムでアレンジOK!飲みたいワインに合わせてアレンジを楽しむのもいいですね。 

【3】ベビーリーフはBを混ぜ、ミニトマトは4等分にカット。器に盛り付けてカマンベールチーズをのせ、チーズの上に【2】をかければ出来上がりです。刻んだクルミやスライスアーモンド、生ハム、オリーブやケッパー、ドライフルーツなどをトッピングしても美味しいですよ。

複雑な要素がからみあう料理は、あわせるワインの可能性も広がります。特に白ワインなら、何を選んでもうまくいきそうです。今回私はシュナンブランを合わせましたが、ピュアな味わいがチーズのクリーミーさとよく合いました。

赤ワインならイチゴの風味に合わせて、果実味が豊かで渋みの少ないものがピッタリ。同様にキュートなニュアンスをもつロゼワインや、カヴァなどハツラツとしたスパークリングワインにもバッチリ合いそうです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.