これからの季節におすすめのコンビニワイン。カープーカー・ソーヴィニヨン・ブランをご紹介!

 

コンビニワインのレベルが高いと言われて久しいですが、最近は以前にも増してアイテムが充実しているのをご存知ですか?

「安い」「美味しい」「手軽に買える」と三拍子揃ったコンビニワインは、どんどん試してみないと損です!というわけで今日は、これからの季節に大変おすすめのコンビニワインをご紹介致します。

kapuka MARLBOROUGH SAUVIGNON BLANC 2016

カーブーカー・マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン 2016
原産地:ニュージーランド / マールボロ
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン

セブンイレブンのPB(プライベートブランド)ワインで、輸入者はメルシャン株式会社です。750mlサイズで約1,000円(私は税込み980円で購入しました)。ワイングラス2杯分ほどの250mlサイズは300円台で購入できます。

見た目も涼やかなこのワインは、ニュージーランド有数のワイン産地マールボロ地区のソーヴィニヨン・ブラン品種を使用した辛口の白ワインです。

柑橘類、特にグレープフルーツを搾った時のようなフレッシュな香りとハーブのアロマ、清々しい酸が特徴で、後味に心地よい苦みが残ります。ビールと同じでこの心地よい苦みが食欲をそそるので、しっかりと冷やせば、和洋問わずにどんなお料理とも合わせられます。

さらに、このワインの最大のおすすめポイントは、非常にタフなことです。ソーヴィニヨン・ブラン特有のフレッシュな香りや味わいは開栓後3〜4日は続きます。好みにもよりますが、私は鮮烈な香りや酸味が少し落ち着いた開栓3日目くらいの方が、普通の家庭料理との相性も良く、とても美味しいと感じました。

マールボロ地区のソーヴィニヨン・ブラン

ニュージーランドのマールボロ地区で造られるソーヴィニヨン・ブランのワインと言えば、国際的にも「品種特性の基準」と言われるほど有名です。長い日照時間と、涼しい夜間の気温が凝縮した風味のブドウ造りを可能にし、ソーヴィニヨン・ブランの個性をしっかりと表現した清涼感のあるワインが出来上がります。

また、総じてニュージーランドのワインは、チリやオーストラリア等の他のニューワールドのワインに比べて、香りや味の第一印象が上品なものが多く、日本人の好みや和食に合うと言われています。そういった理由もあってか、最近ではニュージーランドでワイン造りに挑戦する日本人の醸造家も増えています。

ただ、ニュージーランドのワインは比較的価格が高めなことから手を出しにくかったのですが、これだけクオリティーの高いニュージーランドのワインが、コンビニで、しかも1,000円しない価格で購入できるとは本当に驚きです。

これからの季節、アウトドアにもぴったりのカープーカー・ソーヴィニヨン・ブラン、是非一度お試し下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.