ワインから広がる世界。原宿の人気フレンチ、KEISUKE MATSUSHIMAより気軽にワインを愉しむ「テロワール塾」のご案内です。

フレンチレストランKEISUKE MATSUSHIMA支配人のシニアソムリエ 向井 章さんが各回ごとにテーマを決め、ワイン・料理をお愉しみいただきながらフランス各地方へ案内してくれます!そのワインがどんなところで、どんなふうに生まれ、どんなふうに育てられてきたのか。学びながら味わうワインも良いものです。ワインの魅力やおいしさ…フランス文化に触れてみませんか?

KEISUKE MATSUSHIMA

フランス・ニースに本店を構えるKEISUKE MATSUSHIMAは、オーナーシェフの松嶋啓介氏が、20021220日の25歳の誕生日に開店。10年以上の時をかけて、フランス人やフランス文化を敬愛しながら、繊細な感性や価値感をお料理やサービスに表現してきました。地元で高く評価され、10年連続、フランス本国にてミシュランの星を獲得。また、史上最年少でフランス芸術文化勲章を受賞しました。2009年、東京渋谷区に東京店がオープン。

テロワールとは?

フランス語で「terroir」と綴りますが、実はこの「テロワール」という言葉は、日本語にぴったりと当てはまる言葉がないのだそうです。ではテロワールって一体?そんな疑問を解決する「テロワール」を紹介した記事はコチラ

テロワールについて理解したところで、テロワール塾のご紹介です。

~気軽にワインを愉しもう!テロワール塾~ KEISUKE MATSUSHIMA

[日時]  ◇20175月の開催日
     12日(金)19302130 ロワール地方
     26日(金)19302130 プロヴァンス地方
             
20176月の開催日
      9日(金)19302130 ローヌ地方
     23日(金)19302130 プロヴァンス地方
[
会場] 「KEISUKE MATSUSHIMA
[
会費] 各回:お一人様 ¥5,000(サービス料・税金含む)お食事+ワイン:3グラス付き
    ※ワインのご追加:1グラス¥500で承ります。
    ※当日、現金にてご精算となります。

[ドレスコード] なし
[
定員] 20名様

◇ご予約は、お電話で承ります。
facebookの参加ボタンでは、ご予約となりませんのでご注意ください。

◆ご予約・お問い合わせ先:株式会社ACCELAIRE KEISUKE MATSUSHIMA03-5772-2091
https://www.facebook.com/KEISUKEMATSUSHIMATokyo/

 

編集部のコメント

原宿の人気フレンチ、KEISUKE MATSUSHIMAで、おいしいお料理と共にワインを学べるチャンスです。ぜひ参加してみてくださいね

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.