世界最古のシャンパーニュ・メゾン ルイナールが京都伊勢丹にて「ルイナール ライブラリー」を開催

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の取り扱いシャンパーニュ・ルイナールは、ジェイアール京都伊勢丹2階=特設会場にて「Ruinart Library (ルイナール ライブラリー)」を期間限定2017年5月3日(水)から5月9日(火)オープンします。

 

1729年に誕生し、シャンパーニュの宝石と謳われる世界で最古のシャンパーニュ・メゾン、ルイナール。ルイナールの世界は、エレガンス、洗練、純粋、輝きなどの言葉で表現され、時代を超えたシャンパーニュのアイコンです。

アーティスティックなメゾンの歴史をライブラリー形式で紐解く特別な体験型ポップアップストアが期間限定でジェイアール京都伊勢丹で展開します。光り輝くシャンパーニュと評される白を貴重としたルイナールの世界観がそのまま広がる空間は、まるで異世界に誘うように皆様をお迎えします。ルイナールのシグネチャーであるルイナールブラン・ド・ブランやシャルドネハウスによるフレッシュな味わいのルイナールロゼを販売致します。

5月3日(水)及び5月6日(土)、7日(日)にはシャンパーニュセミナー※も10名様限定で各日2度実施され、セミナーでは、思わず誰かに話したくなる、シャンパーニュについて、ルイナールについての物語を西田稔氏、安齋喜美子氏にそれぞれ独自の視点より語られます。※お電話にて事前ご予約をお願いします。

Ruinart Library (ルイナール ライブラリー) 概要

会場:ジェイアール京都伊勢丹2階=特設会場

住所:〒600-8555 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
期 間:2017年5月3日(水)~ 5月9日(火)
時 間:10:00~20:00
お問い合わせ:075(352)1111(大代表)

シャンパーニュセミナー概要

会場:ジェイアール京都伊勢丹2階=特設会場
期間:2017年5月3日(水)西田稔氏
   2017年5月6日(土)、 7日(日)安齋喜美子氏

時間:各日2回
2017年5月3日(水)西田稔氏
第一回/午後1時~2時、第二回午後4時~5時

2017年5月6日(土)、 7日(日)安斎喜美子氏
第一回午前11時~正午、第二回午後2時~3時

ご予約電話番号:075(342)5633(地下一階=和洋酒カウンター直通)
※受付は5月2日(火)までとさせていただきます。
※予定人数に到達次第、予約を終了させていただきます。 

西田稔氏

京都を代表するバー「K6」やシャンパーニュバー「Cave de K」などを経営、京都におけるシャンパーニュの普及に大きく貢献されている西田稔氏。バーテンダーとして40年以上に渡る経験を持つ西田氏ならではの目線で世界最古のシャンパーニュメゾン<ルイナール>の魅力を紐解きます。

安齋喜美子氏

ワイン&フード ジャーナリスト。出版社勤務を経て独立、女性誌やワインの専門誌を中心に、料理やワイン、レストラン、旅などのライフスタイル記事を執筆。各国のワイン産地やレストランを取材し、国内外のシェフや醸造家のインタビューも多数。シャンパーニュ騎士団のシュバリエ。著書『葡萄物語』(小学館)が韓国で発売予定。

ルイナール

1729年、世界で最初のシャンパーニュ・メゾンとして誕生したルイナールはコート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスで収穫された最高品質のブドウを巧みに選定し、「清らかさ」「フィネス」「エレガンス」を追求しその繊細でフレッシュ、丸みのある豊かな味わいを引き出す高い技術を有するシャンパーニュ作りのエキスパートであることから「シャルドネ・ハウス」とも呼ばれています。熟成には、1931年にフランスの歴史的建造物としてシャンパーニュ地方で唯一指定された、ガリアローマ時代の白亜質の石切り場跡「クレイエル」を使用。シャンパーニュの熟成に理想的な一定の温度と適度な湿度を保つ環境この環境で、繊細かつ清らか、エレガントなルイナールスタイル「シャルドネの芸術」を完成します。

編集部のコメント

世界最古のシャンパーニュのエレガントな世界観をぜひ味わいにジェイアール京都伊勢丹に足を運んでみてはいかがですか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.