オリエンタルホテル広島にて「シャトー・ムートン・ロスチャイルド 2014」を愉しむイベントが6月6日開催!

オリエンタルホテル広島は、2017年6月6日(火)、シャトー・ムートン・ロスチャイルドのワインを、セミナーと1F フレンチレストラン OZAWAのディナーとともに愉しむイベント(お一人様 30,000円 *ディナーコース・ドリンク込 *税・サービス料込)を開催します。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が所有するシャトー・ムートン・ロスチャイルドは、ボルドーワインの指針であるメドックの格付けで第1級の称号を持つ5大シャトーの1つです。150年以上のメドック格付けの歴史の中で唯一格付け変更を許されたシャトーであり、その中でも貴重な、2016年11月に発表されたばかりの「シャトー・ムートン・ロスチャイルド 2014」が本イベントで特別に登場します。同シャトーのシャンパーニュやセカンドラベルをはじめとするそれぞれ異なる魅力を持つ6種のワインを、フレンチレストランOZAWAのスペシャルディナーコースとともにいただけます。

今回はバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社よりブランド・アンバサダーのクレア・ジェラルダン女史が来広し、フランスの最新事情やワインの楽しみ方・味わい方についてお話をします。世界中で愛されるボルドーワインを造りだす、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社のワインの魅力を、セミナーとフレンチコースを通して体感していただけるまたとない機会です。格付けシャトーのワインとこの日のためにご用意するディナーコースとのマリアージュをお愉しみください。

世界で愛されているボルドーワイン「シャトー・ムートン・ロスチャイルド 2014」に逢う

開催日:2017年6月6日(火) *要予約
時 間:セミナー 18:00~ / ディナー 19:00~
料 金:お一人様 30,000円 (税・サービス料込)*ディナーコース・ドリンク込

場 所:
セミナー 3F レインボールームA
ディナー 1F フレンチレストラン OZAWA

定員:35名様
出演:クレア・ジェラルダン女史(バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社 ブランド・アンバサダー)

ワイン:
シャトー・ムートン・ロスチャイルド 2014
シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド
ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロスチャイルド 2014
ムートン・カデ・レゼルヴ・グラーヴ・ブラン 2014
ムートン・カデ・レゼルヴ・メドック 2014
ムートン・カデ・レゼルヴ・ソーテルヌ 2014

ご予約・お問い合わせ:
オリエンタルデザインギャラリー TEL.082-240-9463 (受付11:00~19:00)

シャトー・ムートン・ロスチャイルド CHATEAU MOUTON ROTHSCHILD

1973年にメドック格付1級に昇格した、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が所有するシャトーです。第二次世界大戦が終わりフランスが解放された1945年以降、ミロやピカソ、シャガールといった著名なアーティストによって毎年描かれるアートラベルが象徴的でコレクターも多いことでも知られるアートラベルは、19 6 2年に完成したシャトー内の美術館に展示され、ワインをテーマとした膨大なアートコレクションとともに、ボルドーの文化遺産の象徴として、数多の訪問者を引き寄せている。ヴィンテージ2014年のラベルはデイヴィッド・ホックニーが担当。力強くエレガント、豊満で複雑な味わいの、ポイヤック最高峰ワインは、世界中で愛飲されています。

クレア・ジェラルダン CLAIRE GERARDIN

[バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社 ブランド・アンバサダー]プロフィール

フランス・シャンパーニュ地方出身。ブドウ畑を所有するファミリーの下、ワインの醸造プロセスや収穫を見て幼少期を過ごした。高校時代より日本語を学び始め、2012年にフランス国立東洋言語文化研究所を卒業。卒業後、交換留学生として上智大学で1年間日本史を学び、2013年よりボルドーワインのインポーター(東京)に2年間勤務後、2015年、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社に入社。

オリエンタルホテル広島

2006年10月広島のメインストリート・平和大通りに、「URBAN SOPHISTICATION -都市と文化が響きあう、知的時間-」をコンセプトにリブランドオープン。空間プロデュースを手掛けたのは、世界的インテリアデザイナーの内田繁氏。上質な家具と開放感のあるシースルーバスを備えたゲストルーム、東京の老舗フレンチレストラン“OZAWA”をはじめ、来るたびに新しいアートに出会えるオリエンタルデザインギャラリ―など、日常から少し離れたスタイリッシュなひとときをご提供いたします。

編集部のコメント

シャトー・ムートン・ロスチャイルドの最新作をいち早く楽しめ、2014年が誕生年の方や記念の年というかたはお待ちかねのイベントでもありますね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.