自然派ワインと天然酵母で作る自家製パンの店「パリアッチョ 池尻大橋」が開店!

際コーポレーション株式会社は、目黒区大橋に自家製パンと個性豊かなチーズとイタリア料理を提供する「パリアッチョ 池尻大橋」を4月1日(土)にオープンしました。こちらのパンは酵母作りからこだわり、季節ごとに変わります。食事と合わせたいワインは自然派を取り揃えています。

「パリアッチョ 池尻大橋」では、全てのパンを毎日店内および工房※で焼き上げ、パンに使用する酵母も自家製で季節の果物や野菜から採取します。今の時期の酵母は苺を使用し、今後はブドウやアボカドなどで作る予定です。天然酵母は発酵に時間がかかり、有機酸などの副産物が増えることで、パンの味に複雑な深みと風味が加わります。生地の味わいを大切にするため、扱うパンの種類はフォカッチャ、ワインとチーズに合うように作られた黒胡椒やナッツやトマト入りなど、シンプルなもの6種類です。
※工房は世田谷区三宿の系列店舗「R BUERGER AND LIQUER BAR」内

ランチには、自家製パンを使用したパニーニ2種類を用意。「焼きサバのパニーニ」には、ルッコラ、キャロットラペが入り、彩りも鮮やかです。脂がしっかり乗ったサバとキャロットラペの酸味が相性抜群です。「モルタデッラのパニーニ」はボローニャソーセージのスライスとモッツァレラチーズ入りです。どちらのパニーニにもフライドポテトと具沢山スープがついて各1,000円(税抜)で販売され、ほかにはパスタもあり、全てプラス300円で自家製オリジナルブレンドのコーヒーが付きます。

ディナーは、パンに合うバラエティー豊かなチーズやアンティパストを揃えました。チーズはその日おすすめの銘柄が常時5種ほどあり、店内の黒板にて紹介されます。カウンターには様々な野菜のピクルスやイワシのオイルサーディンが瓶詰めで並び、こちらも全てシェフの手作りです。小玉葱やキュウリなどの野菜は、契約農家の農場までシェフ自ら足を運んで厳選した三浦野菜を使用します。イタリアの古典的なレシピをアレンジした「牛肉の赤ワイン黒コショウ煮インプルネータの郷土料理」などの煮込み料理や、定番のパスタも用意しています。

 自家製酵母パンや三浦野菜など自然の力を大いに取り入れた「パリアッチョ 池尻大橋」の飲み物のおすすめは自然派ワインです。イタリアやアルゼンチン、南フランスなどからリーズナブルに楽しめるよう揃えました。(グラスワインは630円~、各種ワイン1本2,800円~)

 

<店舗概要>
イタリア料理「パリアッチョ 池尻大橋」
住所:東京都目黒区大橋1-5-1 クロスタワー1F
電話:03-6416-0190
アクセス:東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩5分
席数:22席
営業時間:
【ランチ】11:30~15:00(LO 14:30)
【ディナー】18:00~23:00(LO フード22:00、ドリンク22:30)

http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/378/

編集部のコメント

パンとワインの組み合わせの魅力を感じる方が最近増えてきてイベントも増えていますね。ぜひ自家製酵母パンと自然派ワインを愉しみに「パリアッチョ 池尻大橋」へ行かれてみてはいかがですか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.