「泡と焼肉」をコンセプトにした古民家ワインバル「mEat Esola(ミートエソラ)」 が田町と中目黒にそれぞれオープン!

3月7日に田町店が、そして31日に中目黒店がオープンした「mEat Esola(ミートエソラ)」は、〝スパークリングワインと焼肉〟をコンセプトにした古民家ワインバル。

ワイン飲み放題のカジュアルイタリアン「ESOLA(エソラ)」や、エンタメ型焼肉レストラン「Wonder(ワンダー)」などを運営する株式会社ヴィクセス(渋谷区円山町)が始めた新業態だ。その名の通り、イタリアンの「ESOLA(エソラ)」に、焼肉の要素を融合させたお店となっています。

直接仕入れの尾花沢和牛

 肉は山形県産の霜降り黒毛和牛である「尾花沢和牛」をメインに提供。尾花沢和牛は厳しい冬の寒さから身を守るため上質な脂がつき、サシはきめ細かく口溶けがよい。尾花沢市の生産者が未経産のメス牛にこだわっていることもあり、柔らかく豊かな旨みが特徴だ。尾花沢市の牛舎を定期的に訪れ、種付け後の仔牛から生育状態をチェックしています。生産者と密にコミュニケーションをとり、卸を通さず直接仕入れることで、上質な黒毛和牛をリーズナブルな価格で提供できるのだとか。

肉のおすすめメニューは、大葉にのせたウニを軽く焼いて肉のうえにのせていただく「トリュフ香るウニ巻き大トロ3秒炙り」。さらに極上のタン元を贅沢に使った「大判ねぎ上タン塩」、甘いタレと肉の旨みが絶妙な「すき焼き風サーロイン〜卵黄添え〜」、さっぱりした大葉おろしポン酢でいただく「山形尾花沢牛極み大トロース」なども人気です。

尾花沢牛と合わせるのは「泡」

 適度に脂がのった尾花沢和牛をよりおいしく味わうには何と合わせればよいのか、色々と悩んだすえ、〝泡と焼肉〟をコンセプトに、スパークリングワインのメニューを充実させました。さっぱりした泡で、お口のなかの肉の脂を洗い流してもらうような感覚で楽しむことができます。ランブルスコなど肉にあう発泡性赤ワイン、ロゼや白のスパークリングワイン、さらにスパークリングワインを使ったカクテルなどを約30種類用意。また日本酒のスパークリング「松竹梅白壁蔵『澪』」もあるそうです。

Glassはうれしいワンコイン

 色々なワインを試し飲み出来るよう、グラスはすべて500円、ボトルはすべて2,500円に統一。色々な料理、様々なシーンに合わせて楽しめるよう、幅広い産地のワインが取り揃えられています。

編集部のコメント

これからの季節にぴったりなスパークリングワインとスタミナたっぷりの「肉」を楽しめるお店なのでぜひ足を運んでみたいですね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.