「泡と焼肉」をコンセプトにした古民家ワインバル「mEat Esola(ミートエソラ)」 が田町と中目黒にそれぞれオープン!

3月7日に田町店が、そして31日に中目黒店がオープンした「mEat Esola(ミートエソラ)」は、〝スパークリングワインと焼肉〟をコンセプトにした古民家ワインバル。

ワイン飲み放題のカジュアルイタリアン「ESOLA(エソラ)」や、エンタメ型焼肉レストラン「Wonder(ワンダー)」などを運営する株式会社ヴィクセス(渋谷区円山町)が始めた新業態だ。その名の通り、イタリアンの「ESOLA(エソラ)」に、焼肉の要素を融合させたお店となっています。

直接仕入れの尾花沢和牛

 肉は山形県産の霜降り黒毛和牛である「尾花沢和牛」をメインに提供。尾花沢和牛は厳しい冬の寒さから身を守るため上質な脂がつき、サシはきめ細かく口溶けがよい。尾花沢市の生産者が未経産のメス牛にこだわっていることもあり、柔らかく豊かな旨みが特徴だ。尾花沢市の牛舎を定期的に訪れ、種付け後の仔牛から生育状態をチェックしています。生産者と密にコミュニケーションをとり、卸を通さず直接仕入れることで、上質な黒毛和牛をリーズナブルな価格で提供できるのだとか。

肉のおすすめメニューは、大葉にのせたウニを軽く焼いて肉のうえにのせていただく「トリュフ香るウニ巻き大トロ3秒炙り」。さらに極上のタン元を贅沢に使った「大判ねぎ上タン塩」、甘いタレと肉の旨みが絶妙な「すき焼き風サーロイン〜卵黄添え〜」、さっぱりした大葉おろしポン酢でいただく「山形尾花沢牛極み大トロース」なども人気です。

尾花沢牛と合わせるのは「泡」

 適度に脂がのった尾花沢和牛をよりおいしく味わうには何と合わせればよいのか、色々と悩んだすえ、〝泡と焼肉〟をコンセプトに、スパークリングワインのメニューを充実させました。さっぱりした泡で、お口のなかの肉の脂を洗い流してもらうような感覚で楽しむことができます。ランブルスコなど肉にあう発泡性赤ワイン、ロゼや白のスパークリングワイン、さらにスパークリングワインを使ったカクテルなどを約30種類用意。また日本酒のスパークリング「松竹梅白壁蔵『澪』」もあるそうです。

Glassはうれしいワンコイン

 色々なワインを試し飲み出来るよう、グラスはすべて500円、ボトルはすべて2,500円に統一。色々な料理、様々なシーンに合わせて楽しめるよう、幅広い産地のワインが取り揃えられています。

編集部のコメント

これからの季節にぴったりなスパークリングワインとスタミナたっぷりの「肉」を楽しめるお店なのでぜひ足を運んでみたいですね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.