「泡と焼肉」をコンセプトにした古民家ワインバル「mEat Esola(ミートエソラ)」 が田町と中目黒にそれぞれオープン!

3月7日に田町店が、そして31日に中目黒店がオープンした「mEat Esola(ミートエソラ)」は、〝スパークリングワインと焼肉〟をコンセプトにした古民家ワインバル。

ワイン飲み放題のカジュアルイタリアン「ESOLA(エソラ)」や、エンタメ型焼肉レストラン「Wonder(ワンダー)」などを運営する株式会社ヴィクセス(渋谷区円山町)が始めた新業態だ。その名の通り、イタリアンの「ESOLA(エソラ)」に、焼肉の要素を融合させたお店となっています。

直接仕入れの尾花沢和牛

 肉は山形県産の霜降り黒毛和牛である「尾花沢和牛」をメインに提供。尾花沢和牛は厳しい冬の寒さから身を守るため上質な脂がつき、サシはきめ細かく口溶けがよい。尾花沢市の生産者が未経産のメス牛にこだわっていることもあり、柔らかく豊かな旨みが特徴だ。尾花沢市の牛舎を定期的に訪れ、種付け後の仔牛から生育状態をチェックしています。生産者と密にコミュニケーションをとり、卸を通さず直接仕入れることで、上質な黒毛和牛をリーズナブルな価格で提供できるのだとか。

肉のおすすめメニューは、大葉にのせたウニを軽く焼いて肉のうえにのせていただく「トリュフ香るウニ巻き大トロ3秒炙り」。さらに極上のタン元を贅沢に使った「大判ねぎ上タン塩」、甘いタレと肉の旨みが絶妙な「すき焼き風サーロイン〜卵黄添え〜」、さっぱりした大葉おろしポン酢でいただく「山形尾花沢牛極み大トロース」なども人気です。

尾花沢牛と合わせるのは「泡」

 適度に脂がのった尾花沢和牛をよりおいしく味わうには何と合わせればよいのか、色々と悩んだすえ、〝泡と焼肉〟をコンセプトに、スパークリングワインのメニューを充実させました。さっぱりした泡で、お口のなかの肉の脂を洗い流してもらうような感覚で楽しむことができます。ランブルスコなど肉にあう発泡性赤ワイン、ロゼや白のスパークリングワイン、さらにスパークリングワインを使ったカクテルなどを約30種類用意。また日本酒のスパークリング「松竹梅白壁蔵『澪』」もあるそうです。

Glassはうれしいワンコイン

 色々なワインを試し飲み出来るよう、グラスはすべて500円、ボトルはすべて2,500円に統一。色々な料理、様々なシーンに合わせて楽しめるよう、幅広い産地のワインが取り揃えられています。

編集部のコメント

これからの季節にぴったりなスパークリングワインとスタミナたっぷりの「肉」を楽しめるお店なのでぜひ足を運んでみたいですね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.